アラフォー女性のためのペアーズで彼氏と出会い、婚活を終えられる9つの方法

アラフォー独身女子の星だった菊川怜さんが結婚されましたね。
お相手は、レシピ投稿サイト「クックパッド」の前社長の穐田誉輝さんです。

アラフォーでも結婚できたんだ!と希望を持った女性が多かった一方で、
結婚できたのは菊川怜さんの美貌があったからでしょ、という意見もあります。

確かにアラフォー女子の婚活は並大抵の難しさではありません。

それは、男性のアラフォー女子を見る目が厳しいのもある一方、
アラフォー女子にも婚活が遅れてしまう責任があります。

つまり、アラフォー女子が婚活をうまく進めるためにすべき9つの方法を説明していきましょう。

>>運命の男性と出会いたい女性はこちら

アラフォー女子のための婚活成功の6つの鍵

1、ターゲット男性を見誤らない

女性は歳を重ねて行っても、自分の年齢『-3歳~+5歳』の男性をターゲットとしますが、男性はいくつになっても年下の女性を求めています。

これが大きなズレが生じ始める理由です。

アラフォー女子としては、子供のことを考えると、
できれば年下男性、最低でも同年代の男性がいいと思っているかもしれません。

しかし、その年代の男性はすでにアラフォー女子が視線には入っていないことをしっかり意識しましょう。

アラフォー女子の婚活成功のカギは、結婚に求める価値を変えることです。

2、「普通」の基準を下げる

アラフォー女子は、『ここまで待ったのだからよっぽど良い男でないと結婚しない!』と、意気込み過ぎて、とてもレベルの高い男性を求めすぎています。

それは、身長やルックスと言った見栄えのことではなく、
主に『年収』についてです。

『絶対に年収1000万円以上でないとイヤ!』

その思いは結婚をはるか彼方まで遠ざけてしまいます。

DODAで有名な転職会社インテリジェンスのデータによると40代の平均年収は590万円です。

いいですか。

平均で600万円を切っているのです。
もし、1000万円を超えている人が居たとしたらすでに、別の若い女性に目が行ってます。

アラフォー女子が幸せな結婚をしたければ、
結婚に贅沢さやステータスを求めないようにしましょう。

>>幸せな結婚相手と出会いたい女性はこちら

3、男性を減点方式ではなく、加点方式で見る

2番の続きになりますが、あれもダメ、これもダメのように理想を追い求めないようにしましょう。

40前後の男性も男性として劣化が始まっております。
そのため、減点方式で採点すると、あっという間にマイナスになってしまいます(笑)

良いところを探して、1つずつ加点してあげるようにしましょう。

4、恋する人ではなく、愛する人を探す

婚活は結婚相手を探す場であり、恋愛とは全く異なります。

一緒にいてトキメキを感じて、燃えるような恋をしたい!

その気持ちはわかりますが、若い頃のようなトキメキを婚活に求めるのはアラフォー女子の婚活としては得策ではありません。

婚活と恋活は別物と考えましょう。

一緒にいて楽しい人、トキメキを持てる人ではなく、
一緒にいて安心できる人、落ち着ける人を探すことがアラフォー女子の婚活成功の重大なポイントです。

>>一緒にいて安心できる人と出会いたい女性はこちら

5、婚活難民にならない

様々な恋愛本を読んだり、婚活体験記のブログを読んで考え込み過ぎないようにしましょう。

結局のところ、あなたに合う男性と出会えるまで出会いを増やすしか方法はありません。

つまり、あなた自身が足を運んで男性と会わない限り、どれほど考えて悩んでも婚活は前へ進まないのです。

気軽に男と会えと言っているわけではありません。
身体目的の男や、冷やかしの男はどこにでも存在します。

だから、2人きりにならないように明るい通りで会い、お酒で酔わされないようにするという工夫は必要ですが、行動しない限り次はないのです。

そして、アラフォー女子の場合、年齢を重ねると、もう『次』はありません。
生涯未婚確定への階段のゴールまで残りわずかということを知りましょう。

>運命の男性と出会うための行動を決めたならこちら

6、多くの男性と出会うことを恐れない

ハッキリ言いますが、アラフォー女子は1勝9敗の気持ちで出会いを探してください。
絶対にフラれる確率の方が高いです。

それを前提で出会えば、フラれることに落ち込むことは無いでしょう。
なにより、落ち込んでいる場合ではありません。

出会いは数が勝負です。

特に年齢を重ねるほどそれは絶対です。

泣いて落ち込むよりも10人の男性と会ってください。

アラフォー女子の婚活で勝ち抜くための自分磨きについて

7、常に気を抜かない

アラフォー女子は常在戦場と思ってください。

常に男性から見られていることを意識してください。

気を張って頑張っていても、仕事が急に忙しくなったり、
飲み過ぎた翌日など、ふとしたタイミングで緊張が気を抜くと、そのままダラダラとしてしまいます。

そんな時にオバちゃんの格好をしないようにしましょう。
ファッションや化粧に手を抜かないようにしましょう。

アラフォー女子の婚活は、ふとした一瞬も気を抜かないようにすることが男性からの誘いを増やすポイントです。

8、年齢を言い訳にせず、マイナス10歳を目指す

アラフォーになったら歳相応の肌になるなどという言い訳はしないようにしましょう。

常に化粧水と美容液は良いものを使ってください。
なんなら、エステに通ってください。

アラフォー女子にとって美肌と引き締まったヒップは、最高の強みです。
なぜなら女性はアラサーから体が弛みはじめるため、気を抜くと一気に老けるためです。

そんな老けたアラサー、アラフォーの中で美肌と引き締まったヒップのあなたは、一気に優位に立ちます。

9、髪の艶と笑顔で色っぽさで勝負

髪の艶を意識していない女性が多いですが、男性はよく見ています。

パサついた髪の毛は年齢を感じます。

シャンプーやトリートメントにケチってはいけません。

自分の髪質に合ったものを選びましょう。

そこに笑顔があれば、年齢に関係なく最高です。

アラフォー女子が想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

アラフォー女子が婚活を無事終えるには、
結婚に求めるものを明確にしながら
男性への高い希望を持ちすぎず、
自分磨きをしながら、
出会いを多く持つことが必須です。

アラフォー女子は、今、動かなければもう婚活のチャンスは二度とめぐってきません。

二度とです。

だから、悩んでいる暇があったらさっさと行動しましょう。

自分の幸せは自分でつかむしかないのです。

女性も男性も婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない男性やちょっと歳上過ぎるお姉さまたちからのいいね!が多くなったり、同年代以下の男性を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

その点、ゼクシィ縁結びは、婚活サイト初心者向けの婚活サイトとしてとても役立つ機能が満載で、ゼクシィブランドで口コミが広がって男女ともに新規会員が急増中です。
その目玉の機能が以下の3つです。
1つ目は、価値観診断とAI(人口知能)によるお相手紹介サービスです。
2つ目は、マッチングした相手と会うことになってもLINEを教えずにデートの日時と場所を調整してくれるデート調整代行サービスです。
3つ目が、最初に申し込んだ期間で満足できなければ無料で同じ期間を延長して使える婚活成功保証制度です。

詳しくはこちら↓
婚活初心者のための婚活サイト ゼクシィ縁結びを運営するリクルートマーケティングパートナーズに直撃取材!

だから、今は、ペアーズに登録しつつ、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、

ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って1ヶ月様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、50代以上の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、30代、40代の同年代からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさんたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男女の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

婚活するなら先に結婚相談所で生の婚活情報を無料で入手しよう!

日本で1番婚活情報を握っているところが結婚相談所です。
アラフォーからの婚活はとても苦労します。
だから、まずはリアルな婚活情報は結婚相談所で直接聞いて手に入れてしまいましょう!

ただ、一言で結婚相談所と言っても、個人的な経験に基づいて意見してくる結婚相談所もあれば、しつこく紹介した人と会うよう迫ってくる結婚相談所もあります。
そういったところは論外です。

実は意外と知られていませんが、結婚相談所は利益率の高いビジネスとして人気があり、フランチャイズビジネスのように気軽に始めることができてしまうんです。
もちろん真面目に運営している結婚相談所もありますが設け第一主義の結婚相談所に入会すると、結婚に失敗する確率がとても高くなります。

だから、おすすめは次の5点を満たす結婚相談所に直接行って情報を入手することです。

  1. 客観的な婚活データに基づいて適切なアドバイスができる
  2. 入会してから積極的にアドバイスしてくれる
  3. 社員教育にお金をしっかりかけている
  4. フランチャイズではない
  5. 自社で会員を抱えている

この5点を満たす結婚相談所は、間違いなく信頼できます。
こういった結婚相談所に無料相談に行くと、しつこい勧誘もなく無料相談でしっかりと婚活情報を教えてくれます。

おすすめはデータに基づいた結婚相談所として、婚活業界の統計データに基づいた提案を行っている最先端の結婚相談所のパートナーエージェントです。

>>パートナーエージェントの公式サイトはこちら

あのゼクシィが結婚相談所の事業を始める時にパートナー企業として協業先を選ぶほどで、厚生労働省が使っている成婚の定義に基づいた計算で成婚率No.1でもありますから間違いありません。

ホームページや資料には書けないような婚活情報もたくさんあって、実はそういった書けない情報の方が大切なんです。

婚活を始めるにあたってまずは婚活の現状をしっかりと聞いてから始めると大変な婚活へのモチベーションが維持できます。

  1. 何才ぐらいから結婚相手を探すのが厳しくなるのか?
  2. 年収はどれぐらいだと声がかかるのか?
  3. 身長が低いけど大丈夫か?
  4. 婿養子に来てくれるが希望だけどハードルは高いのか?

こういったことは資料やホームページで書くと叩かれる可能性があるのでどの結婚相談所も表立っては書きません。
だから直接、無料相談に行って確認してみましょう。