もう10月に入りましたので、12月24日のクリスマス・イブまでに彼氏を作ろうとおもったら2ヶ月ちょっとし

かありません。

それだけあれば大丈夫!

本気でクリスマスまでに彼氏を作るための7つの作戦をお伝えします!

ポイントは3つです。

1,ダイエット

2,出会いの機会増やす

3,本気で行う

この3つを詳しく見ていきます。

ダイエット

やっぱり男は、太っているおデブちゃんよりもスラッと細い女性に惹かれます。

クビレたウエストとキュッとしまった腕を見ると萌える男はとっても多いのが事実です。

太っているのが絶対にダメというわけではありませんが、太っている女性と細い女性だと男性は7割以上

は細い女性を選ぶと思ってください。

ただし、注意点があります。

『ダイエットとか~、でも運動したくないし、食べたいのは食べたいからサプリメントでやせようっと♪』

のように健康食品で痩せようというのは絶対に止めましょう。

実際にサプリメントなどの健康食品との因果関係が疑われる健康被害が厚生労働省から発表されています。

・30歳男性が痩身を目的に、ダイダイ、茶、ガラナ、コレウス・フォルスコリ含有のカプセルとイワベンケイ含有の錠剤を摂取したところ (摂取量不明) 、2ヶ月間で18 kgの体重減少を呈し、心筋梗塞を生じた。当該製品との因果関係はprobableと判断された

・月経前症候群に伴う症状の解消を目的に、通信販売により入手したむくみ改善と痩身を謳った健康茶 (ティーバッグ 1包/日) を5年間摂取していた32歳女性 (日本) が、嘔吐、倦怠感、筋力低下を繰り返した後、起立不能を訴え入院。低カリウム血性周期性四肢麻痺と診断され、腎機能障害が認められた。血中電解質濃度と矛盾する電解質排泄および尿中にフロセミドを検出したため、当該製品を検査した結果、フロセミド (90 mg/1包) を検出。摂取中止によって症状は軽快したが、腎機能障害が残った

出典:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1794.html

また、痩せると言っても、男は病的な細さは求めていません。
そのため、食事を取らなくなったりすると、肌が荒れて、髪が抜け病人のように見えます。

そのような痩せ方ではなく、2ヶ月だけ集中してジムなどに通って、健康的に痩せましょう。

一度、ジムでしっかりと健康的に痩せる方法を学べば、後は自宅でもマネができますので、結婚してからも旦那さんにずっと愛し続けてもらえるようになります♪

>>本気で痩せたい女性のための24/7ワークアウトを見てみる

ファッションセンスを磨く

ファッションセンスと言っても、ただ明るい服を着るとかではありません。

『あなたのルックス』に似合ったファッションを選べるようにするということです。

もし迷ったらファッション雑誌を見て、自分の体型とルックスと似ているモデルのファッションをそのまま真似してみましょう。

もしくは、アパレルショップの店員さんに恥ずかしがらずに、自分に似合う服装をコーディネートしてもらいましょう。

その際、『自分に似合う服装はどれですか?』と聞くと、店員さんも答えづらいから、

『デートに似合う服装の選びたいので手伝ってくれませんか?
 予算は◯◯円です。』

と伝えましょう。

まず間違いなく、丁寧に教えてくれます。

しかも、アパレルショップの店員さんはたくさんの女性客を相手にしてますので、的確なアドバイスがもらえます。

>>服にお金をかけずに可愛くなれる新感覚ファッションレンタルサービス【Rcawaii】

ヘアスタイル&メイク

男にとって髪って実はとっても大事なんです。

でも、女と男って全然視点が違うんです。

男は、女性の髪の『艶(ツヤ)』を見ているんです。

艶やかでキレイな髪を見るとキュンとするのが男なんです(笑)

ロングかショーとかというのは、男によって好みも変わりますが、艶やかでキレイな髪は絶対です!

メイクに関しては、『シミとシワを隠す』という点を意識してください。

ラメとかアイプチとか実はあまり気にしてません。

シミがあれば早めに取っておくのをお勧めしますが、もし無理なら化粧で隠せるようにしましょう。

この2点だけで5才は若く見えます。

クリスマスは1人をアピール

自分からクリスマスが1人ということをアピールするとただの寂しい子に見えちゃうから、『彼氏いないから家族と一緒に過ごすんだ~』とやんわりと伝えましょう。

男は『彼氏がいる』と聞いただけで気持ち的に引いてしまう人が半分以上なんで、逆に彼氏がいないと分かればお誘いが一気に増えます。

アピールの仕方も直接、男に伝えるというよりも食堂や女友達と話す際に、さり気なく『彼氏いないから家族と一緒に過ごすんだ~』と言葉に含んでみましょう。

よく分からないイベントには行かない

夏とクリスマスは、ただのヤリモクの男が狙っていると思ってください。

ハロウィンのパーティーやクリスマスのパーティーと称して、ただ『ヤルこと』だけを目的にした男があつまっているところに近づいてはいけません。

東京なら渋谷や六本木、大阪なら難波や心斎橋、愛知なら錦三丁目のように、『チャラい男が集まってワイワイ騒ぐような場所』の『雑居ビル』で開催されるイベントには近づかないようにしましょう。

お酒を飲まされて好きでもない人と関係を持ってしまうといったことも起こります。

真面目に出会いを探しているけど、焦っているという時でも、『よく分からないイベントには参加しない!』という点を鉄則にしてください。

無理してでもマメになる

女性は比較的、連絡はマメな方が多いですが、仕事が忙しかったり、好きでもない男と連絡を取り合うの

が疲れるという女性は意外と多いものです。

でも!

クリスマスまでの2ヶ月だけは、男友達や結婚相談所で出会った男性とマメに連絡を取りましょう!

LINEの既読スルーとかしちゃってませんか?
ある時突然、連絡を返さなくなるとかしてませんか?

そうやって適当に男をあしらっていると、1人、また1人と男が離れていきます。

人間は会うたびにその人に親近感を持っていくという心理があります。

だから、クリスマスまでは少しがんばってマメになりましょう。

出会いの機会を増やす

自分磨きを怠らないのは、出会った後のチャンスをしっかりつかむためです。

だから彼氏をゲットできている女性は、自分磨きを行いつつ出会いの機会をしっかり増やしています。

そのための効率的な方法が婚活アプリです。

婚活アプリについて詳しくは以下の記事で書いていますが、どんなのかよくわからないというあなたに簡単に説明すると、一昔前に会った『出会い系』とはぜんぜん違う、主にアプリを使った真剣な出会いを探す婚活方法の1つです。

出会い系とは全く違って、身元と年齢をハッキリ確認できないと使えないシステムです。
また、友人には、婚活アプリの利用がわからないような仕組みになっているので、婚活アプリを使っていることが友人や親にバレることはありません。

日本で本格的に普及し始めたのは2015年からですが、最初はみんなあやしいという雰囲気が消えなかったのですが、実はこっそり使っている人がめっちゃいるんです。
日本で行われた本格的な調査では、ゼクシィで有名なリクルートが出している『ブライダル総研 婚活実態調査2017』によると、2016年に結婚した男女が恋活&婚活サイト・アプリで出会った割合は37.7%とおよそ10人に4人が婚活&恋活サイト・アプリで出会っています。

参考:婚活アプリってなんなの?評判はどうなの?おすすめはどこ?

この婚活アプリで、まずは男の人からたくさん『いいね!』を集めることができれば、その中から会ってみたいと思う人とだけ会うようにすると理想の人と出会える確率がグンとあがります。
『でも、いいね!がもらえるかどうか不安』
『アラサー女子ににはもう遅いんじゃない?』

そう考えている人は、次の記事を参考にしてみてください。

参考:ペアーズでいいね!をもらえる男性と女性の7大特徴

参考:30代女性がペアーズでマッチングしない5つの理由と対策

アラサー女子がクリスマスまでに理想の彼氏に出会う方法は?コツはなにかある?

婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない男性からのメッセージが多くなったり、男性を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

だから、今は、ペアーズは残しつつ、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで彼氏をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の男の人からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさんたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男の人が方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな男の人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの男の人の年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

婚活するなら先に結婚相談所で生の婚活情報を無料で入手しよう!

日本で1番婚活情報を握っているところが結婚相談所です。
リアルな婚活情報は結婚相談所で直接聞いて手に入れてしまいましょう!

ただ、一言で結婚相談所と言っても、個人的な経験に基づいて意見してくる結婚相談所もあれば、しつこく紹介した人と会うよう迫ってくる結婚相談所もあります。
そういったところは論外です。

実は意外と知られていませんが、結婚相談所は利益率の高いビジネスとして人気があり、フランチャイズビジネスのように気軽に始めることができてしまうんです。
もちろん真面目に運営している結婚相談所もありますが設け第一主義の結婚相談所に入会すると、結婚に失敗する確率がとても高くなります。

だから、おすすめは次の5点を満たす結婚相談所に直接行って情報を入手することです。

  1. 客観的な婚活データに基づいて適切なアドバイスができる
  2. 入会してから積極的にアドバイスしてくれる
  3. 社員教育にお金をしっかりかけている
  4. フランチャイズではない
  5. 自社で会員を抱えている

この5点を満たす結婚相談所は、間違いなく信頼できます。
こういった結婚相談所に無料相談に行くと、しつこい勧誘もなく無料相談でしっかりと婚活情報を教えてくれます。

おすすめはデータに基づいた結婚相談所として、婚活業界の統計データに基づいた提案を行っている最先端の結婚相談所のパートナーエージェントです。

>>パートナーエージェントの公式サイトはこちら

あのゼクシィが結婚相談所の事業を始める時にパートナー企業として協業先を選ぶほどで、厚生労働省が使っている成婚の定義に基づいた計算で成婚率No.1でもありますから間違いありません。

ホームページや資料には書けないような婚活情報もたくさんあって、実はそういった書けない情報の方が大切なんです。

婚活を始めるにあたってまずは婚活の現状をしっかりと聞いてから始めると大変な婚活へのモチベーションが維持できます。

  1. 何才ぐらいから結婚相手を探すのが厳しくなるのか?
  2. 年収はどれぐらいだと声がかかるのか?
  3. 身長が低いけど大丈夫か?
  4. 婿養子に来てくれるが希望だけどハードルは高いのか?

こういったことは資料やホームページで書くと叩かれる可能性があるのでどの結婚相談所も表立っては書きません。
だから直接、無料相談に行って確認してみましょう。

ペアーズやOmiai、ゼクシィ縁結びなどの婚活アプリで、じっくりと時間をかけて『いいね!』を増やしてマッチングして、デートまでつなげて、となると使い慣れていないと登録から初デートまで3ヶ月以上かかることもあります。

婚活アプリは、男性は月3000円弱、女性は無料で利用できるとはいえ、自分から積極的に動ける方向けのツールです。

そのため、仕事が忙しくてプロフィールを確認して調べたりする暇がないという場合には、結婚相談所も検討してみてはいかがでしょうか。

結婚相談所の利用のメリットと本音

結婚相談所と聞くとハードルが上がるように感じますが、そういうわけではありません。

結婚相談所で男性を見つけるメリットは、3つです。

1,結婚に本気の男と出会える

2,一定以上の収入のある男と出会える

3,身元保証がしっかりしている男と出会える

遊び目的のチャラい男がいない、収入はちゃんとある、身元もしっかりしている。

このような男と出会いたいんじゃないでしょうか?

結婚相談所もバカじゃないので、会ったらすぐに結婚を迫られるということはありません。

それどころか複数名と会って自分に合う良い人を見つけることを求められます。

本当に賢い女性は、結婚相談所を利用しています。

だって、コスパが非常に良いから。

年齢はお金では買えません。

今のあなたの年齢が人生で1番若いんです。

年を取ってから結婚相談所に入会しても正直厳しいですが、アラサーなら全然モテモテです。

しかも9月以後は男性の入会が急増します。

それは、男にとっても12月を過ぎるとまた1才年を重ねてしまうことに対しての恐怖があるためです。

だからなんとしてもクリスマスまでに彼女が欲しい!と真剣に考えています。

このチャンスを逃すと1年で最高の出会いのチャンスを逃します。

>>パートナーエージェントの公式サイトはこちら