この記事を読んでペアーズへの入会を勧めたい3タイプの人

1,出会いが全くないと悩んでいる女性

2,婚活アプリを使いたいけどちょっと怪しいと感じている女性

3,ペアーズへの入会方法の流れを知りたい女性

1,出会いが全くないと悩んでいる女性

今までに私がペアーズの使い方をアドバイスして、ペアーズをちゃんと使っていた6人に、3ヶ月間でどのぐらいの人数の相手と出会えたのかを直接聞いて年齢ごとに集計してみました。

25才女性 16人
26才女性 19人
30才女性 21人
32才女性 11人
38才男性 15人
34才男性 13人

20代半ばからアラフォーに差し掛かっている人まで色々でしたが、だいたい1週間に1~2人です。

どうですか?

かなり多い方だと思いませんか。

実は、ペアーズをちゃんと使えば、このぐらいの人数のお相手と会うことは余裕でできます。

ペアーズは登録しただけで後は放って置いても勝手に彼氏ができると思いこんでいる女性がいますが、大きな勘違いです。

確かに女性は男性に比べて『いいね!』はもらいやすい傾向があります。

でも何もしなくてもよいのは、

1,美人
2,スタイルがいい
3,20代

以上の要素の最低2つ以上を満たしている女性だけです。

それ以外の女性はペアーズでプロフィールをしっかりと書いて、人生で最高の写真を使い、ペアーズの機能を知った上で使いこなさないとなかなか『いいね!』はもらえず、マッチングしません。

ペアーズは、合コンの誘いが少ない女性、
仕事に忙しくて婚活パーティーに行けない女性、
結婚相談所に行くほどお金がないという女性がスマホを使ってほとんどお金をかけずに、
自宅や休憩時間に彼氏を見つけるために登場した21世紀型の婚活・恋活サービスです。

だから結局、相手の男性に自分のことを見つけてもらって、興味を持ってもらい、実際に会って話をした上で交際するかどうかを決めるという流れは何も変わりません。

ただ、まだまだペアーズなどの婚活アプリは使い方を知らない人が多いので今がチャンスなんです。

ペアーズを使った出会い方のノウハウが一般化し始めると、競争が激しくなって彼氏が見つかりにくくなります。

だから、まずは以下の記事を読んでペアーズでの出会い方のイメージを掴んで下さい。

参考:ペアーズでいいね!を激増させるプロフィール写真3箇条

参考:ペアーズでいいね!をもらえる男性と女性の7大特徴

参考:ペアーズでマッチングしない人を見て分かった8つの共通点

2,婚活アプリを使いたいけどちょっと怪しいと感じている女性

ただ、やっぱり一昔前の出会い系サービスと混同してペアーズを怪しいと感じてしまう女性がいることは仕方がないことです。

でも、ペアーズなどの『婚活アプリ』と『出会い系サービス』は全く別物で、登録会員の安全と身元確認を徹底しています。

その点を説明します。

累計登録会員数は600万人を突破

2017年11月にペアーズの累計登録会員数は600万人を超えました。

これは、結婚適齢期の年齢を20-34才と仮定する場合、およそ2000万人います。
その中の600万人ですので約30%と10人中3人が利用している計算になります。

ペアーズを知らない人
ペアーズを知っているけど使っていない人
ペアーズを知っていて使っている人

大きくこの3つに分かれますが、2017年は『ペアーズを知っているけど使っていない人』が『ペアーズを知っていて使っている人』にどんどんと移行していった年といえます。

ただ、『ペアーズを知らない人』は、友人の紹介で知ったという人が多く、
『ペアーズを知っているけど使っていない人』も友人の勧めで入会したという人がほとんどでした。

友人の影響って大きいなと実感した瞬間です(笑)

ただ、これだけ広まっているのに『ペアーズを知らない人』がいるのは、『ペアーズを知っているけど使っていない人』にとっては大チャンスなんです。

やっぱり数として1番多いのは『ペアーズを知らない人』です。
この人達がペアーズに入会し始めると競争は一気に激化します。

そして2018年はさらに婚活アプリが普及すると思われますので、いち早く使い方を知って使い慣れる必要があります。

参考:ペアーズでサクラを見抜く8つの特徴

参考:ペアーズで気になる口コミや評判を調べてわかったこと

24時間365日監視

ペアーズなどの婚活アプリは、『出会い系』のイメージを払拭するために、会員さんの安全を必死に守ろうとしています。

そのため、24時間365日監視して、卑猥なメッセージや脅迫的なメッセージを送る人を探し出したり、プロフィールで嘘の写真を使っている人を排除したりすることに多大な予算と人員を割いています。

婚活アプリは、なによりも『イメージ』が何よりも大事なんです。

いくらペアーズで出会えると知っても、ペアーズへの不安があるとなかなか使おうとは思いません。

『ペアーズは使っても安心』と思われると使ってみようという女性が増えます。
女性が増えると、それにつられて男性も増える。

この仕組みで成り立っているのがペアーズなどの婚活アプリなんです。
だから、年末年始に関係なく、24時間365日監視を行っているのです。

通報システムがある

24時間365日監視を行っていても、ごくまれに怪しい人を見逃したりしている場合は避けられません。

また、ペアーズで仲良くなってLINEで連絡を始めた途端に、ブログでやり取りしようとか、性的なメッセージを送ってくる人もいます。

そういう人を通報するシステムがあるんです。

通報システムでは、通報した人の情報は一切相手に知らされません。
だから、なんか怪しいな?と思ったら通報すればその人との関わりは断つことができます。

通報して、ペアーズ側が確かに怪しい人だと確信したらその人は強制退会させられます。

もし、退会扠せられないにしても、通報を受けた人の写真には、

『この人は過去に警告を受けています』

と表示されるので、怪しい人に引っかかることもありません。

参考: ペアーズで変な人がいたらすぐに違反報告!

年齢と顔写真、プロフィールの証明書の確認が必要

ペアーズで相手とメッセージのやりとりを行うには、運転免許証などの公的な身分証明書が必要です。

年齢、顔写真などのプロフィールの証明書がないとメッセージは使えません。

これのお陰で怪しい人の数はグッと少なくなるのです。

運転免許証は、スマホで撮影してペアーズに送るだけですので簡単です。

そして、運転免許証の写真とペアーズに登録した写真が別人の場合、怪しいということで承認されません。

ただ、自分の運転免許証を撮影してペアーズに送っているにも関わらずヤリモクの男はごく少数ですがいます。

そういう怪しい人を見抜く方法もありますのでご紹介します。
ポイントを一言で言えば、基本的な危機感を忘れないということです。

・初めて会った人の車に乗らない
・初めて会った人の家に行かない
・始めた会った人に個人情報を見せない

こういったことは当然だと思ってください。

参考:ペアーズにいるヤリモク(体目的)の男の10大特徴!危ない男はこう見抜け!

3,ペアーズへの入会方法の流れを知りたい女性

ペアーズへの入会方法はとっても簡単です。

1,ペアーズのサイトへ行きます。


ペアーズ公式サイト
>>「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトはこちら

Facebookアカウントを持っていることが前提となりますが、
Facebookアカウントを持っていれば、以下のような画面が出ます。

1,『私の居住地』で自身の居住地を選択
2,『Facebookでログイン』をクリック

以上で終了です。

もちろんFacebookで他の友人にバレることはありません。

2,年齢確認(身分証明書の提出)

年齢確認は、インターネット異性紹介事業のサービスを提供している場合、法律で義務付けられておりますので、特にペアーズがやましい意図があるわけではなく全てのマッチングサービスで、全員が行う必要があります。

以上です。

後は、お相手を探して理想の相手が見つかれば、そのまま使い続ければ良いだけです。

有料のプランもありますが、女性は必要ありませんし男性もいきなり有料に申し込む必要はありません。

男性の場合、年齢確認まで済ませたら後はプロフィールを充実させて自分から女性に『いいね!』を押しまくって、相手から『いいね!』をもらえてから有料プランに移行しましょう。

女性は無料でメッセージをできますが、男性は有料にしないとメッセージの交換はできません。

一応詳しくは以下のページを見てください。

参考:初心者のためのペアーズの始め方まとめ

参考:婚活アプリってなに?誰が使っているの?

ただし、今はペアーズ以外にも婚活アプリは増えてきてそれぞれ会員数が激増しています。
実は、このような婚活アプリで出会える人にはもう1つ大きなコツがあったんです。

それが、婚活アプリの選び方です。

理想の男性に出会う方法はコツはなにかある?

理想の相手と出会った夫婦

婚活アプリを利用する!登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、女性の場合、逆に好みじゃない男性からのメッセージが多くなったり、やたらと年上の男性ばかりからいいね!をもらって疲れるという相談が増えています。

なんでだろうと思って色々と使ってみてわかったんですが、ちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきているみたいです。

だから、今は、婚活アプリは複数あわせて使うことがポイントです。
具体的には、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで彼氏をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、すぐに彼氏をゲットするコツですね。
ペアーズは女性無料、Omiaiは20代以下は無料です。

最初から有料会員登録を前提にしなくて良いんです。

『かっこいい人だな~』
『真面目そうだな~』

と思える男性から『いいね!』をもらえたらその時にその婚活アプリを使い続ければ、めっちゃ効率的なんです。

なんでか、婚活アプリは登録は無料なのに1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って1ヶ月だけ様子を見て、理想の男性から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

つまり、さっきも書きましたが、今、ペアーズ疲れから男性が次々とOmiaiやゼクシィ縁結びに流れ出しています。

だから、まず先にOmiaiやゼクシイ縁結びに登録して様子を見てみる、これが理想の彼氏と出会うコツです。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は1~2ヶ月以内に出会えている女性は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の男性からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさんたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男性の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな男性がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの会員の年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。

ただ、もう1つポイントがあるとすれば、年齢認証も合わせてすぐに行うことです。
年齢認証を行っていない女性は、男性から相手にされませんし、年齢認証を行うことで使える機能もぐっと増えます。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら