ペアーズのサクラ被害

ペアーズでは、会員のチェックの厳しさと会員からの違反報告によりサクラの数は年々少なくなっておりますが、それでも懲りずに真面目な会員からお金を騙しとうとするサクラ業者はごく一部ですが存在します。

■参考
ペアーズで変な人がいたらすぐに違反報告!

そういったサクラの手口を説明いたします。

サクラの見抜き方については以下を参照してください。

■参考
ペアーズでサクラを見抜く8つの特徴

サクラの手口

サクラの手口は、いきなりお金をだまし取ろうとせず、徐々に信頼関係を構築し、相手が疑わなくなってから同情を誘い、正常な判断力を落とした後にお金を要求してきます。

その鮮やかな手口は、一連の流れに沿って行われますので、覚えておくと騙されることはありません。

逆に、『あ、自分は第◯段階まで誘導された!』と気づけます。

このそれぞれの段階をまずは頭に入れてください。

第1段階:マッチングしてすぐにLINE交換要求

サクラの特徴は、マッチングしてペアーズでの連絡のやりとりの回数が1~2回でいきなりLINEの交換へ誘導します。

『ペアーズだと手間なのでLINEでやり取りできませんか?』

と来ます。

そして、

『◯◯さんのLINEのIDを教えてください。』

と続きます。

ここで、マッチングした喜びに満ちている人(特にいいね!が少ない男性)は、

『いきなりLINEの交換に来たぜ!!!』

と喜んでしまいますが、おかしいと気づいてください。

まず、ペアーズを開くのが手間なわけがありません

スマホのアプリなのですが、アプリをタップするだけで入れるのですから。。

次に、LINEのIDを教えるのは危険です。

あまり知られていませんが、LINEは友だちになると、相手のIDを見れません。

つまり、相手にIDを教えると、教わった側は相手のIDを把握しますが、
教えた側は相手のIDが分からないのです。

これは、LINEのシステム上そうなっております。

そのため、相手からIDの要求があった場合は、あやしいな、と警戒感を少し上げてください

第2段階:LINEアカウントの乗っ取り偽装

LINEを交換しはじめて1週間以内に、

『LINEが乗っ取られた!』
『スマホが壊れた!』

と言って、LINEが使えなくなったり、一時的に乗っ取りにあってLINEが怖くなったと連絡がきたら第2段階です。

通常、LINEを使っているユーザーさんならおわかりかと思いますが、LINEが乗っ取られるというのは、極めてレアケースです。

しかも、スマホが壊れて、LINEが使えなくなるならLINEユーザーはもっと少なくなります。

そんなありえないことが、いきなりあなたのところへ連絡が来たら、第2段階へ移行しております。

第3段階:ブログorメールへ誘導

LINEでのやりとりをしたくないからと、誘導された先が『ブログ』の場合は、間違いなくサクラ確定です!

『ブログのコメントで連絡のやり取りを行いたい』というのは、冷静になって考えれば絶対にありえないです。

なぜなら、ブログは2人以外の誰もが見られるようになっているのにそんな会話を公開するということは恥ずかしいと感じるはずです。

しかし、マッチングの数が少なかったり、相手を信頼したいという気持ちが強い場合、少し怪しいと思っても、『そんなもんか』と思い込んでしまいます。

また、メールで連絡を取りたいと言って教えられたメールアドレスに『●●.rdy.jp』が入っている場合、それもまた、サクラで確です。

詳細はこちら↓
■リンク
ペアーズでサクラを見抜く8つの特徴

第4段階:家族や身内の不幸で同情を誘う

さらにブログで家族や身内の不幸を演出し始め、
『信頼』から『同情』へ導こうとしている場合、あなたからお金を取ろうとしている直前です。

よく考えてください。

通常会ってもいない人に身内の不幸をブログで赤裸々に公開するわけないのです。

そこで身内の不幸を醸し出すことで、『かわいそう!』『助けてあげたい!』と思わせることがこのブログの目的です。

そして、いよいよ次の段階でお金を要求されます。

最終段階:文面の続きを読むための課金要求

ブログの途中でリンクが貼られており、そのリンクを押さないと続きが読めなくなっている。
しかも、そのリンクを押すと、『◯◯円支払ってください』と表示される(笑)

すでにサクラのことを信頼し、同情して、助けてあげたいとまで思っています。

ここまできたら、『そうか、◯◯円支払えば相手の助けられるんだな』と思わせ、

あわせて、信頼を構築させたので続きを読まずにはいられない心境でお金を払えば、
おめでとうございます。

あなたはサクラに騙されました。

このフローはサクラが使う極めて一般的な手口で、数年前から変わっておりません。

そのため、サクラの見分け方は意外と簡単です。

サクラの見抜き方

1,ブログへの誘導

上でも書きましたが、誰もが見られるブログでのやり取りはあり得ない!と思ってください。

『ブログへの誘導=サクラ』で確定してOKです。

交際につながるかもしれない人とブログのコメントで連絡している友人を想像してみてください。

おかしな風景に見えませんか?

あなた以外の他人がそのように振る舞っているとおかしいと気付くのですが、自分がいざその現場で同じことを行うと気づかないのが人間です。

大切なことなので、もう一度書きます。

『ブログへの誘導=サクラ』で確定してOKです。

2,課金の発生

連絡のやり取りにお金がかかることは、絶対にあり得ない!

これはサクラがあなたからお金をだまし取るための手口です。

あなたから自発的にお金を支払わせることで、
『自分はお金を払うよう要求した覚えはない』
と言い切るための手口です。

マッチングした嬉しさはあるにせよ、冷静になってください。

会ったことのない人と連絡のやり取りにお金がかかるなんて詐欺以外にありえないのです。

サクラはどこにでもいるから変に怖がりすぎず冷静になる

以上の通り、サクラはあなたの優しい心につけ込んでお金を取ろうとする手口です。

そのため、『やっぱりペアーズは怖い』とか、思う必要は全くありません。

会ったことのない人を信用しないという、子どもでもわかるような一般常識を持っていれば引っかかることはありません。

また、『なにかおかしいな~』と思った時は、お金を支払う前に友人に相談してみれば良いです。

一瞬でサクラの行っている詐欺だと気づきます。

また、ペアーズでは、そういったあやしいアカウントについては、違反報告をできる仕組みもあります。

ほんの少しのホコリを恐れて、出会いを避けては一生、交際や結婚ができなくなります。
ぜひ、気軽にはじめてみてください(^^)

理想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

女性も男性も婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない男性やちょっと歳上過ぎるお姉さまたちからのいいね!が多くなったり、同年代以下の男性や女性を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

その点、ゼクシィ縁結びは、婚活サイト初心者向けの婚活サイトとしてとても役立つ機能が満載で、ゼクシィブランドで口コミが広がって男女ともに新規会員が急増中です。
その目玉の機能が以下の3つです。
1つ目は、価値観診断とAI(人口知能)によるお相手紹介サービスです。
2つ目は、マッチングした相手と会うことになってもLINEを教えずにデートの日時と場所を調整してくれるデート調整代行サービスです。
3つ目が、最初に申し込んだ期間で満足できなければ無料で同じ期間を延長して使える婚活成功保証制度です。

詳しくはこちら↓
婚活初心者のための婚活サイト ゼクシィ縁結びを運営するリクルートマーケティングパートナーズに直撃取材!

だから、今は、ペアーズに登録しつつ、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、

ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の同年代からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさん、おばさまたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男女の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

結婚相談所で生の婚活情報を無料で入手しよう!

日本で1番婚活情報を握っているところが結婚相談所です。
リアルな婚活情報は結婚相談所で直接聞いて手に入れてしまいましょう!

ただ、一言で結婚相談所と言っても、個人的な経験に基づいて意見してくる結婚相談所もあれば、しつこく紹介した人と会うよう迫ってくる結婚相談所もあります。
そういったところは論外です。

実は意外と知られていませんが、結婚相談所は利益率の高いビジネスとして人気があり、フランチャイズビジネスのように気軽に始めることができてしまうんです。
もちろん真面目に運営している結婚相談所もありますが設け第一主義の結婚相談所に入会すると、結婚に失敗する確率がとても高くなります。

だから、おすすめは次の5点を満たす結婚相談所に直接行って情報を入手することです。

  1. 客観的な婚活データに基づいて適切なアドバイスができる
  2. 入会してから積極的にアドバイスしてくれる
  3. 社員教育にお金をしっかりかけている
  4. フランチャイズではない
  5. 自社で会員を抱えている

この5点を満たす結婚相談所は、間違いなく信頼できます。
こういった結婚相談所に無料相談に行くと、しつこい勧誘もなく無料相談でしっかりと婚活情報を教えてくれます。

おすすめはデータに基づいた結婚相談所として、婚活業界の統計データに基づいた提案を行っている最先端の結婚相談所のパートナーエージェントです。

>>パートナーエージェントの公式サイトはこちら

あのゼクシィが結婚相談所の事業を始める時にパートナー企業として協業先を選ぶほどで、厚生労働省が使っている成婚の定義に基づいた計算で成婚率No.1でもありますから間違いありません。

ホームページや資料には書けないような婚活情報もたくさんあって、実はそういった書けない情報の方が大切なんです。

婚活を始めるにあたってまずは婚活の現状をしっかりと聞いてから始めると大変な婚活へのモチベーションが維持できます。

  1. 何才ぐらいから結婚相手を探すのが厳しくなるのか?
  2. 年収はどれぐらいだと声がかかるのか?
  3. 身長が低いけど大丈夫か?
  4. 婿養子に来てくれるが希望だけどハードルは高いのか?

こういったことは資料やホームページで書くと叩かれる可能性があるのでどの結婚相談所も表立っては書きません。
だから直接、無料相談に行って確認してみましょう。