女性の婚期が遅れる職業ベスト5

1,コンサルタント

コンサルタントは男女ともに婚期が遅れがちになるが、女性は男性に比べて圧倒的に婚期を逃しやすくなります。

コンサルタントと言っても幅は広いですが、特に『経営コンサルタント』と『税務会計コンサルタント』は要注意です。

可能であれば、近くの税理士事務所や大手のコンサルティング会社でマネージャーなどで活躍しているコンサルタントの女性に聞いてみてください。

びっくりするぐらい高い未婚率です。

2,Webデザイナー&ディレクター

デザインに憧れを持つ女性が就きたい職業で常に上位にランクインしているWebデザイナー&ディレクターですが、
早くに結婚したいと考えているならオススメしません

Webデザイナー&ディレクターは、納期に追われて365日忙しく、終電帰りも当たり前で、
ディレクターになると、クライアントとデザイナーの板挟みに合い精神的にも疲れてしまいます。

また、Webデザイナー&ディレクターの周りの男性は、オシャレというよりもモサい感じの男性が多く、結婚相手を探すのも一苦労です。

3,会社経営者

会社を経営している女性の特徴は、『未婚』か『離婚』のいずれかです(笑)

会社の経営者は、外から見るとお金を持っていて、優雅に見えますが、実際は激務です。

そのため、婚活に時間を割く余裕が無いのが実情です。

4,音楽家、芸術家

音楽家や芸術家は、収入が安定しない割に、その仕事に没頭してしまい、他を顧みなくなる傾向があります。

そのため、女性としての身だしなみを忘れ、仕事に打ち込むことがフツーとなり、男性からすると魅力の無い女性と写ります。

5,女医と弁護士

女医と弁護士は、婚期を逃すというよりも、結婚そのものが難しいのは間違いありません。

女医と弁護士は特に、『勤務医』、『勤務弁護士』の場合は、まさに24時間フル稼働で働くことになります。

もちろん、それなりに高い収入は得られますが、出会いを探す時間がありません

婚期が遅れる原因

以上、5つの職業が婚期が遅れる職業ベスト5ですが、より詳細に婚期が遅れる原因を見ていきましょう。

激務で出会いを探す時間がない

全職業にほぼ共通していることは、『激務』すぎて、出会いを探している時間がないという点です。
朝早く出社し、終電で帰宅は当たり前のような生活が延々と続きます。

土日の休みはあるにしても、寝るだけとなり気がつけば三十路ということになりかねません。

また、あまりに激務の場合、妊活にも影響を与えます

妊娠、出産のためには、体調が健全であることが大前提なのですが、長期間にわたる激務の場合、出産に適さない体になるため、妊娠そのものが難しくなったり、流れやすくなったりします。

そのため、本気で結婚と出産を考えている場合は、激務過ぎる職場は避け、時短や別の職業に転職しましょう。

仕事が楽しすぎる

仕事が楽しすぎる場合、その他のことがどうでも良いと考えてしまいます。

しかし、20代の若い内はそれで良くとも、周りが結婚し、子どもを見始めると焦ります。

そこからあわてて婚活を始めた時にはすでに三十路を過ぎ、責任ある仕事を任され、さらに仕事を休みにくくなっております。

仕事が楽しければそれで良いという発想ができるのは、今の年齢の自分が『売り手市場』で男性からモテているためです。

自分が婚活したいと思った時には、すでに手遅れということを知っておきましょう。

また、もう1つの原因は、
仕事が楽しい=仕事ができる、ということです。

仕事ができる女性は、気づいていないことが多いのですが、
とても気の強い人が多いです。

そのため、男性に対して強気で発言することにためらいがないため、
男性が引いている事に気づかず、男性を近づけないオーラを出してしまっていることも原因です。

収入が高すぎて結婚するメリットが感じられない

女性が結婚する理由の1つに、経済的な安定を願っているという点があります。

女性は男性の子供っぽさに若干あきれつつも、心のどこかで男性に『守られたい』『頼りたい』という意識があり、常にその天秤で揺れています。

しかし、仕事ができて高い収入があると、子供っぽい男性が面倒と思うようになり、
さらに、自分のことは自分で守れるという意識が高く、『守られたい』という意識が希薄になります。

そのため、男性と結婚するメリットを感じられず、結婚を意識しなくなり、結婚が遅れることになります。

生涯独身の割合

男性の2割、女性の1割が独身

現在、男性の2割、女性の1割が独身です。

さらに、2015年では、男性69.8%、女性59.1%は、現在交際中の異性がいないと回答しております。

この傾向は年々高まっており、
交際相手のいない割合を年度別で見ますと

1987年 男性48.6%、女性39.5%

2015年 男性69.8%、女性59.1%

なんと、男女ともに20%近くも交際相手がいない割合が上昇しております。

2035年には男性の約3割、女性の約2割が独身

この傾向が続くと、20年後の2035年には、
男性の約3割、女性の約2割が独身という予測が出ております。

すでに、30代後半で未婚の場合、その後、結婚できる確率は5%を切っており、
本気で出会いを探さないと結婚は本当に『不可能』になります。

女性は自身の『売れ残り』になる前に真剣な婚活を

女性はなによりも、自分の『売り時』を知りましょう。

『まだ結婚は早い』と思っている時期が、実は結婚の絶好のタイミングです。

なぜなら、『まだ結婚は早い』と思っている時期は、
多くの男性が言い寄ってきており、自分が男性を選ぶ立場にあるため、自分を1番高く『売れる』からです。

逆に、自分が結婚したくなった時は、男性にとって結婚する魅力がなくなった時ですので、
『売れ残り』となっております。

『売れ残り』になると、選ぶ権利は自分ではなく、男性に移ります。

そうなると、希望の相手を見つけられる確率はグッと下がります。

だから、結婚を本気で考えている女性は、『まだ早い』と思っているタイミングで、必ず将来を真剣に考えられる彼氏を作っておきましょう。

結婚したい女性が理想の男性に出会う方法は?コツはなにかある?

婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

結婚の意志は有っても婚期が遅れる原因は見てきたとおり、

『忙しい』という点です。

だから、婚活パーティーや合コンみたいに時間を取られる婚活は向いていません。

オススメは婚活アプリです。

婚活アプリで有名なのはペアーズですが、2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの会員がいるので、出会いも多いんですけど、逆に歳上すぎる男性が多くて、嫌気が指した女性がペアーズから離れたりして、ペアーズ疲れから、ちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

だから、今は、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで彼氏をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから婚活アプリを始めるなら、ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の男性から『いいね!』が多くもらえたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそもペアーズもOmiai、ゼクシィ縁結びも登録は無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の人からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

でも、Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男女がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザー、シングルファザーなどちょっと訳ありの人はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザー、シングルファザーでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの全体の年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザー、シングルファザーのための恋活・婚活アプリで、男性は有料ですが、女性は無料ですから女性が比較的多くなっており、そこに釣られて男性も増えてきています。

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

ライトな結婚相談所を利用するのも効率的な婚活方法として固い

ただ、ペアーズやOmiaiを使っても全然いいね!が増えなかったり、マッチングしない人は、婚活アプリ以外の方法も視野に入れましょう。

ペアーズやOmiaiはいわば、セルフサービスの『婚活』『恋活』のツールです。

ですので、自分で積極的に動ける人向けのサービスです。

『3ヶ月たってもデートまで行けない』
『そもそも全然いいね!をもらえない』

そういう人は、労力と時間的なコストを考えると、ゼクシィ縁結びカウンターをオススメします。

ゼクシィ縁結びカウンターは、業界最安値の月9720円から使える結婚相談所のサービスで、1ヶ月以内に80%がデートできています

結婚相談所の敷居を高く考えている女性も多いですが、実は婚活パーティーや合コンに2~3回参加する程度の料金で、未婚で真剣に婚活している男性と出会えると考えれば、とても合理的な婚活方法です。

実際に、アラサーのごく平凡な友人が、結婚相談所の中では若い方の年齢ということで色んな男性からアプローチされて、

『自分はモテるんじゃないかと勘違いしそう』

と苦笑いしてました(笑)

とりあえず一度、ゼクシィ縁結びカウンターに話を聞きに行くと、色々な婚活の情報を教えてくれるから、無料で婚活情報を手に入れるつもりで参加してみるのをオススメします。

結婚相談所で1番、婚活情報を握っているのがゼクシィ縁結びカウンターです。
長年ゼクシィの雑誌を発行してきたノウハウと読者からの声が膨大にありますから、話を聞きに行くならゼクシィ縁結びカウンターをおすすめします。

ゼクシィ縁結びカウンターの公式サイトを見てみる

婚活雑誌のゼクシィが運営しているとあって、ゼクシィ縁結びカウンターは、今、大人気で先に無料相談会を予約することをオススメします。

実際にサイトを見て頂いて試しに無料相談会を予約するを押して頂き、店舗まで選んでいただくと分かりますが、かなり予約が埋まっています(^_^;)

パンフレットには書けない話をいっぱい聞かせてくれます。

ゼクシィ縁結びカウンターの実績を見てみる