婚活アプリってなに?

婚活アプリというのは、一昔前に会った『出会い系』とは違う、主にアプリを使った真剣な出会いを探す婚活方法の1つです。

出会い系とは全く違って、身元と年齢をハッキリ確認できないと使えないシステムです。
また、友人には、婚活アプリの利用がわからないような仕組みになっているので、婚活アプリを使っていることが友人や親にバレることはありません。

日本で本格的に普及し始めたのは2015年からですが、最初はみんなあやしいという雰囲気が消えなかったのですが、実はこっそり使っている人がめっちゃいるんです。

こちらを見てください。

アメリカでは2005年から2012年の間に結婚した人の34.95%、およそ3人に1人が婚活アプリを利用しています。

参照:https://www.forbes.com/sites/larrymagid/2013/06/03/a-third-of-recently-married-couples-met-online-and-theyre-more-satisfied-and-less-likely-to-split-up/#77e48ed595ef

日本でも本格的な調査が行われており、ゼクシィで有名なリクルートが出している『ブライダル総研 婚活実態調査2017』によると、2016年に結婚した男女が恋活&婚活サイト・アプリで出会った割合は37.7%とおよそ10人に4人が婚活&恋活サイト・アプリで出会っています。

図:婚活・恋活サイト・アプリで出会った割合

恋活と婚活に厳密な違いはなく、真面目に『恋人』を探しているか、『結婚相手』を探しているかの違いですが、『真面目』に探しているという点では、将来につながる出会いなのでほぼ同じです。

参考:ペアーズやOmiaiなどの婚活アプリや恋活アプリを使うのは恥ずかしい?

恋活&婚活サイト・アプリの代表的な会社

会員数No.1の婚活アプリ 『Pairs(ペアーズ)』

人気急上昇中の婚活アプリ 『Omiai(オミアイ)』

ゼクシィが運営するの婚活アプリ 『ゼクシィ縁結び』

この会社以外にもたくさんありますが、この3つは会員数も多く、セキュリティのしっかりしている婚活サイトの代表3社です。

婚活アプリが信頼を得た9つの特徴

1,写真で顔が見える

写真を載せないこともできますが、写真を載せていない人は異性から相手にされず、誰にも振り向いてもらえません。

だから、婚活アプリを真面目に利用している人は必ず顔写真を掲載しています。

顔写真を載せるのが恥ずかしいという理由で加工したり、ボカしたりしていると『いいね!』をもらえないので、理想的な出会いを望む人は、みんな顔写真を掲載しています。

2,自己紹介を書ける

写真だけでは分からないその人の個性や趣味、仕事なんかも書けるから自分のことを詳しく相手に知ってもらえます。

また、相手の好みや理想の家庭像についても書けますので、結婚観が合っている人に『いいね!』をもらいやすくなります。

3,検索で理想の人を探せる

年齢、身長、職業、趣味、喫煙か禁煙かなどで検索できる仕組みがあるので、『こんな人と出会いたい!』と思えば、その人を探すことができます。

妥協できないところ、相手に希望するところでも探せるから、希望と外れた人をフィルターにかけることができます。

4,価値観が同じ人を探せる

ペアーズなら共通のコミュニティから選ぶ

ペアーズで価値観が同じ男性を見つけたいなら、『共通のミュニティ』の中から男性を選ぶのが早い。

コミュニティとは、同じ趣味やスポーツ、食べ物の好みで集まっているグループのことです。

『共通のミュニティ』の中から男性を選べば、自分と共通の趣味を持っているので、価値観も会っている確率が高いので、デートでも話が弾んで、楽しいデートになり、次につながりやすくなります。

Omiaiならキーワードから選ぶ

Omiaiには、コミュニティは無いので、『キーワード』を使います。

『音楽』『野球』『ドライブ』『カフェ』『温泉』などのキーワードを選べば、そのキーワードに興味のある男性だけを選べます。

Omiaiの場合、自分のプロフィールを作成する時に、『キーワード』を選択できる項目があり、ここで自分の趣味を選びます。

だから、キーワードで男性を選べば、共通の価値観を持つ男性を見つけやすくなります。

ゼクシィ縁結びなら価値観マッチから選ぶ

ゼクシィ縁結びはもっと簡単です。
価値観マッチを使います。

入会すると、自分の価値観を測る『価値観診断』というテストを受けられます。

そのテストを受けると、全13種類から自分のタイプがわかります。

男性も同じ価値観診断を行っていますので、価値観がどのぐらい会っているかを%で確率表示してくれますので、お相手の男性を選ぶ時にとても参考になります。

5,いいね!で気軽にアプローチできる

気に入った相手がいたら、気軽にワンプッシュの『いいね!』でアプローチできるから、どう気持ちを伝えればいいか分からない女の子も気軽に使えます。

『いいね!』は、あなたのことが気になりました。

というアプローチですから、相手もテンションを上げすぎて、舞い上がったりすることもなく、お互いが気持ちよくその後のメッセージの交換ができます。

参考:ペアーズでいいね!をもらえる男性と女性の7大特徴

参考:30代女性がペアーズでマッチングしない5つの理由と対策

6,メッセージでより深くお互いが分かる

メッセージを使って、仕事のこと、趣味のことなどを話せます。
メッセージは、交換回数は無制限ですから、自分のLINEやメールアドレスを教えたくない人にはピッタリです。

仲良くなって、LINEを教えても良い頃になれば、LINEのIDを教えてもらってLINEを使うこともできます。

7,年齢確認と身元証明

何よりも婚活アプリは、年齢確認がないと使うことができません。

特にこの点はとても厳しく、

運営会社に運転免許証やパスポートをスキャンした画像をメールに送信するか、コピーした用紙を郵送する必要があります。

もし、婚活アプリに登録されている情報と異なっていた場合、確認できないため再送を求められます。

8,万全のセキュリティ

24時間365日監視

24時間365日、会員のプロフィール情報とメッセージを監視しています。

もし、卑猥なメッセージやビジネスの勧誘などがあればアカウントを停止させられます。

また、そのようなメッセージを受け取った場合、運営会社に通報する機能もあります。

違反者・変な人の通報機能

婚活アプリのルールの違反者や変な人、ストーカー気味な人からのメッセージがある場合、運営会社に自ら通報できます。

もちろん、誰が通報したのかはわからないようになっています。

また、そういった変な人がいる場合、ブロックをかけて自分の写真やプロフィールを見られないようにすることも簡単にできます。

過去の違反者には警告表示

過去に違反の警告を受けた人の写真には、『警告表示』がでますので、違反を受けた人が誰なのかは分かる仕組みになっています。

そのため、誤って違反を受けた人に『いいね!』を送ることはありません。

9、料金設定と支払い方法

料金は、どれもスマホのキャリア決済かクレジット決済で支払われます。

ペアーズの料金一覧

Omiaiの料金一覧

ゼクシィ縁結び料金一覧

Pairs(ペアーズ)、Omiaiは女性なら無料です。
ただ、ペアーズならレディースオプション、Omiaiならポイントの購入にお金を払ってより効果的に使えます。
でも、いきなり有料なサービスに手を出しても効率が悪いので、まずは登録してどんな男性がいるのかじっくり探すことが大切です。

※婚活アプリは18才以上しか使えません。

だから、じっくり相手を探して、理想の相手がいた婚活アプリを使うようにすることが上手に使うコツです。
そうすれば、理想の人との出会いの機会を倍以上に増やすことができます。

その点を詳しく解説します。

理想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

女性も男性も婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が570万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない男性からのメッセージが多くなったり、女性を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

だから、今は、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで彼氏をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、会員数が1番多いペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の男の人からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさんたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男の人が方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな男の人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの男の人の年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

婚活するなら先に結婚相談所で生の婚活情報を無料で入手しよう!

日本で1番婚活情報を握っているところが結婚相談所です。
リアルな婚活情報は結婚相談所で直接聞いて手に入れてしまいましょう!

ただ、一言で結婚相談所と言っても、個人的な経験に基づいて意見してくる結婚相談所もあれば、しつこく紹介した人と会うよう迫ってくる結婚相談所もあります。
そういったところは論外です。

実は意外と知られていませんが、結婚相談所は利益率の高いビジネスとして人気があり、フランチャイズビジネスのように気軽に始めることができてしまうんです。
もちろん真面目に運営している結婚相談所もありますが設け第一主義の結婚相談所に入会すると、結婚に失敗する確率がとても高くなります。

だから、おすすめは次の5点を満たす結婚相談所に直接行って情報を入手することです。

  1. 客観的な婚活データに基づいて適切なアドバイスができる
  2. 入会してから積極的にアドバイスしてくれる
  3. 社員教育にお金をしっかりかけている
  4. フランチャイズではない
  5. 自社で会員を抱えている

この5点を満たす結婚相談所は、間違いなく信頼できます。
こういった結婚相談所に無料相談に行くと、しつこい勧誘もなく無料相談でしっかりと婚活情報を教えてくれます。

おすすめはデータに基づいた結婚相談所として、婚活業界の統計データに基づいた提案を行っている最先端の結婚相談所のパートナーエージェントです。

>>パートナーエージェントの公式サイトはこちら

あのゼクシィが結婚相談所の事業を始める時にパートナー企業として協業先を選ぶほどで、厚生労働省が使っている成婚の定義に基づいた計算で成婚率No.1でもありますから間違いありません。

ホームページや資料には書けないような婚活情報もたくさんあって、実はそういった書けない情報の方が大切なんです。

婚活を始めるにあたってまずは婚活の現状をしっかりと聞いてから始めると大変な婚活へのモチベーションが維持できます。

  1. 何才ぐらいから結婚相手を探すのが厳しくなるのか?
  2. 年収はどれぐらいだと声がかかるのか?
  3. 身長が低いけど大丈夫か?
  4. 婿養子に来てくれるが希望だけどハードルは高いのか?

こういったことは資料やホームページで書くと叩かれる可能性があるのでどの結婚相談所も表立っては書きません。
だから直接、無料相談に行って確認してみましょう。