結婚相手や交際相手を探したいと考えている女性の中でも、
男性との出会いを探す目的でFacebookを利用したペアーズやomiaiのような婚活アプリや恋活アプリを使うことを恥ずかしいと考える女性が意外と多いのは事実です。

でも、なぜ結婚相手を探すのに婚活アプリや恋活アプリは『使うと恥ずかしいもの』と思われているのでしょうか?

実際に婚活、恋活中の女性に話を聞いてみました。

『実際に彼氏ができたらどこで出会ったの?と聞かれた際に、「ペアーズで出会った」って恥ずかしくて言えない』
『婚活アプリや恋活アプリをこっそり使うならいいけど、堂々と使うのは恥ずかしい』
『ペアーズまで使って彼氏を探していると思われたら焦ってると思われるのがイヤ』

う~む、婚活アプリや恋活アプリはまだまだ市民権を得ていませんね(笑)

ということで、今回は、婚活アプリや恋活アプリを使うことは本当に恥ずかしいのか?
また、なぜ恥ずかしいのか、そして使うメリット、使わないメリットはなんなのかを調べてみました。

婚活アプリや恋活アプリを使うのが恥ずかしい理由

実際に婚活、恋活中の女性の意見をまとめると大きく2つありました。

1,不純な出会いだと思われる
2,焦っていると思われる

それぞれを詳しく見ていきましょう。

出会い系サービスとは全然違う!

『不純な出会いだと思われる』という点ですが、10年以上前からいわゆる『出会い系サイト』という単語がマスコミを賑わしていました。

『出会い系サイト』というと、男性との真面目な出会いを求めるものではなく、『不倫や浮気目的』、『体だけの関係』といった卑猥な目的で使う人が多いのが現実です。

そのため実際に会う男性とは、互いの身元はわからないまま出会うのがフツーで、サクラも多くまっとうな出会いを求める人なんて皆無です。

そのようなイメージがガッチリ定着しているため、婚活アプリや恋活アプリと聞いても、『あ~出会い系サイトね』と偏見を持ってしまいます。

しかし、断言しますが、婚活アプリや恋活アプリは、『あやしい出会い系サイト』とは全く別の極めて正当なサービスです!

焦っていると思われる

澄ました顔して、待っていても彼氏はできません。

はっきりと『彼氏を探してます!恋活中です!』と宣言した方が、チャンスは巡ってきます。

だいたい、女性が彼氏を探している時に、『あの子、焦ってるよね~』なんて陰口叩く女性は、彼氏を諦めているか足を引っ張りたいだけです。

ただ、大切なことは、『焦るのではなく、本気になって彼氏を探そう』という意識です。

本気になれば本当に出会いは増えます。

婚活アプリや恋活アプリは正当な恋活サービス

なぜ、婚活アプリや恋活アプリは正当な恋活サービスといえるのか、その理由は次のとおりです。

1,既婚者、交際中は使用できない
2,身元確認、年齢確認がしっかりしている
3,違反者通報システムがある
4,出会いの10%はウェブという現実
5,まっとうな会社が運営  

1,既婚者、交際中は使用できない

ペアーズやOmiaiでは、Facebookの年齢やプロフィール情報を利用しているため『既婚者』や『交際中』の男性はペアーズやOmiaを利用することができません。

もし、既婚男性がペアーズやOmiaiを使おうとしたら、プロフィール項目の『既婚』を『独身』に切り替えないといけませんが、そんなことをすれば友達に離婚したのかと問われて面倒なことになります。

そのため、大概そのようなこうどうをとる男性はいません。

また、ゼクシィ縁結びでは、実際に男性が女性と連絡をとりあうためには、身元確認が必要なため既婚者が入り込む余地は極めて低くなります。

2,身元確認、年齢確認がしっかりしている

ペアーズやOmiaiのような婚活アプリや恋活アプリは、身元と年齢確認が法律で義務付けられています。

そのため、婚活アプリや恋活アプリを使う際には、運転免許証のような公的な身元情報が必要で、その情報も運営会社で登録されるため、変な人が入り込む可能性が低くなります。

また、Omiaiでは特に、不鮮明な身分証明書を出すと、再提出を求められるほどしっかりしております。

3,違反者通報システムがある

もし、1や2のようなシステムをくぐり抜けて変な人がいた場合どうなるのか、『違反者通報システム』があります。

連絡のやりとりをしていて、『卑猥なメールを送ってくる』『しつこく誘ってくる』『脅迫的な連絡が来た』そのようなことが会った場合、匿名で通報できます。

通報された相手には誰から通報があったのかは一切連絡はされません。

そして実際に連絡のやり取りを精査した後、違反者はアカウントが削除されます。

このような違反者を排除するシステムは、婚活アプリや恋活アプリが婚活、恋活の手段として市民権を得るには欠かせないシステムです。

4,出会いの10%はウェブという現実

ブライダル総研(ゼクシィで有名な株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)が2014年9月に首都圏、東海、関西の15-49才の男女に2100人にインターネットによるアンケート調査で今の交際相手と出会ったきっかけの調査によると、『SNS』と『SNS以外のインターネット』と答えた割合を合算すると9.7%でした。

http://bridal-souken.net/data/ra/renaikan2014_release.pdf


アニヴェルセル株式会社が2014年3月に首都圏・関西の20歳~36歳男女 1,374名に実施した今の彼(彼女)との出会いは何がきっかけを調査した内容によりますと、『インターネット』で出会った割合は9.7%もなります。

http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report09.html


株式会社オーネットが2016年3月に全国在住の20歳〜49歳の男女の楽天リサーチモニターにインターネットで調査したところ『ネット掲示板/SNSと回答した割合』と『お見合いアプリ』と答えた割合を合算すると8%でした。

https://wedding.rakuten.co.jp/marryme/article31/

つまり、皆さんの知らないところで10人に1人は婚活アプリや恋活アプリで出会っているということが分かります。

皆さんが知らないのは無理もありません。

だって、皆さん自身が恥ずかしいと感じているのと同様に、婚活アプリや恋活アプリで出会った人も恥ずかしいと感じて皆さんにも話していないか、もしくは皆さんに嘘をついているのですから。

それだけ、『知っている人は使っているツール』が婚活アプリや恋活アプリなのです。

5,まっとうな会社が運営 

 

そんな婚活アプリや恋活アプリを運営している会社ですが、どんな会社でしょう。

ペアーズは、株式会社エウレカ(http://shokumiru.com/archives/6340)という男女が共同で創業した会社で東京に本社がある会社です。

Omiaiは、株式会社ネットマーケティングというネットマーケティングの上場企業です。

ゼクシィ縁結びは、ゼクシィという名前からもお分かりの通り、リクルートという超有名企業が運営しております。

この3社に共通していることは、所在地も運営元もはっきりとしており、極めてまっとうな運営をしているという点です。

婚活アプリや恋活アプリを使わないデメリット

でもやっぱり婚活アプリや恋活アプリは使うのに抵抗がある、と考えて使用しないデメリットはどうなのでしょうか。

1,出会いが圧倒的に少なくなる
2,婚活パーティーや結婚相談所はお金が高い

それぞれ説明していきます。

1,出会いが圧倒的に少なくなる

合コンや婚活パーティー、紹介に頼ると出会える数は2~3ヶ月で10人いかないこともあります。

合コンの場合、そうそうに毎回たくさんの男性に会えるほど人脈の広い人はいません。

また、婚活パーティーの場合、だいたい1~3分で話して相手の良さを知る必要がありますが、そんなことできません。
たいていは、誰が誰だか分からないうちに気がついたら終わっていたというパターンです。

紹介は、もし気が合わない人だった場合でも紹介してくれた人の顔を立てて合わなければいけなかったりと、色々と気を使うことになり大変です。

2,婚活パーティーや結婚相談所はお金が高い

婚活パーティーや結婚相談所はお金がかかります。

婚活パーティーでは、上記の通り1~3分を素早くローテーションさせるため、よっぽど自分をうまく見せるコツを把握していないと相手のことが分からず会っているだけに数千円のお金を支払うことになります。

また、結婚相談所の場合は、数万円のお金がかかります。
ただ、結婚相談所の場合は、会社によって費用に大きな差があり、また加入してから交際までの期間が圧倒的に短くなるのがメリットです。

そのため、年齢的に厳しくて早めに結婚したい場合には結婚相談所はオススメです。

特に、イチオシはゼクシィ縁結びカウンターです。

詳細はこちら『ゼクシィ縁結びカウンターでがスゴイ!1カ月以内に約8割がデートを成功!』

逆にじっくりとたくさんの男性を見て検討したい場合は、婚活アプリや恋活アプリがオススメです。

婚活アプリや恋活アプリを使うメリット

1,いろんな男性を見ることで男性を見る目が養われる
2,自分がどう見られているかを意識することで自分磨きをしっかりできる
3,女性は無料で使えるアプリが多い

1,いろんな男性を見ることで男性を見る目が養われる

本来、彼氏や旦那さん探しは、たくさんの男性を見て比較しないと、眼の前にいる数人の中から選ぶと、どういう男性が自分に合うのかわからないままなんとなく決めてしまいがちになります。

そのまま結婚した場合、それが離婚の原因になります。

たくさんの男性を見るというのは、遊び半分で会うというわけではありません。
数多くの男性を見ると、男性の個性が分かります。

優しい人と一括りでいっても、ドアの開け閉めをリードしてくれたり、座る時に椅子を引いてくれるほどなのか、
それともメールで気遣ってくれる程度なのか、
そのような違いは比較しないと分かりません。

比較するためには色々な男性に会う必要があります。
そして、色々な男性に会うと、男性を見る視点が養われて、本当に自分に合う男性を選ぶことができます。

2,自分がどう見られているかを意識することで自分磨きをしっかりできる

女性は男性から見られているということを意識しなくなると一気にオバサン化します。

見られているという意識が、いつまでも若々しくキレイなままでいられるコツなのです。

そのため、婚活アプリや恋活アプリでたくさんの男性と会い、毎日視線を意識することで、自然と自分磨きをしっかり行うようになり、魅力的な女性として男性から声がかかってくる数が増えてきます。

3,女性は無料で使えるアプリが多い

女性の最大のメリットは、婚活アプリや恋活アプリが無料になることが多いという点です。

ペアーズは全女性が無料、Omiaiは29才以下の女性は無料です。

男性は年齢にかかわらず有料である点を考えると、女性は本当に恵まれています。

こんな無料の婚活アプリ、恋活アプリを利用しないなんてもったいなさすぎです。

女性は迷っているなら使ってみよう

『どうしようかな。』

使ったことのないものに迷っても時間の無駄になります。

迷っているなら一度自分で使ってみましょう。

合わないと思えばすぐにやめればいいだけです。
まずは1ヶ月だけ登録してみましょう。

それで合わないと思えば、他の結婚相談所などもあります。

しかし、まずは婚活アプリ、恋活アプリをオススメします。

ただ、婚活や恋活サービスは今、人気が急上昇しており、続々と新しいサービスが誕生していますので、そのため、どれを選んだらいいのか悩んでしまいます。

そんなあなたにおススメの恋活サービスをランキング形式で評価してみました。

こちらを見てもらったら、「どの恋活サービスが私に適しているのか?」が分かりますので、ぜひご覧ください。

2017年 婚活・恋活アプリランキングの決定版 オススメはこちら