婚活アプリ・恋活アプリのランキング 決定版!

理想の彼氏と出会える!
安心して使える!

そんな婚活・恋活アプリランキングをまとめてみました!

実際に全ての婚活アプリ・恋活アプリを徹底調査して、ユーザーの意見も聞いてきました!

婚活アプリ・恋活アプリは、すでにカップルの10人に1人がつかっていますが、リクルートのブライダル総研の最新のデータによると2016年は10人に4人が婚活アプリ・恋活アプリを利用して出会っています。
まさに急増で、この割合はさらに高まっていくことは確実です。

婚活アプリ・恋活アプリの利用者が増えることは嬉しいことですが、それだけライバルも参加してくるということです。

早めに使って使い方をマスターすればそれだけ優位に彼氏を見つけられます。

ぜひ、早めに使って今のうちから使い慣れてください。

婚活アプリ・恋活アプリってなに?

婚活アプリというのは、一昔前に会った『出会い系』とは違う、主にアプリを使った真剣な出会いを探す婚活方法の1つです。

出会い系とは全く違って、身元と年齢をハッキリ確認できないと使えないシステムです。
また、友人には、婚活アプリの利用がわからないような仕組みになっているので、婚活アプリを使っていることが友人や親にバレることはありません。

日本で本格的に普及し始めたのは2015年からですが、最初はみんなあやしいという雰囲気が消えなかったのですが、実はこっそり使っている人がめっちゃいるんです。

婚活アプリ・恋活アプリで出会った割合

こちらを見てください。

アメリカでは2005年から2012年の間に結婚した人の34.95%、およそ3人に1人が婚活アプリを利用しています。

参照:https://www.forbes.com/sites/larrymagid/2013/06/03/a-third-of-recently-married-couples-met-online-and-theyre-more-satisfied-and-less-likely-to-split-up/#77e48ed595ef

日本でも本格的な調査が行われており、ゼクシィで有名なリクルートが出している『ブライダル総研 婚活実態調査2017』によると、2016年に結婚した男女が恋活&婚活サイト・アプリで出会った割合は37.7%とおよそ10人に4人が婚活&恋活サイト・アプリで出会っています。

図:婚活・恋活サイト・アプリで出会った割合

婚活アプリと恋活アプリの違いって何?

アプリによって、婚活と言ったり、恋活と言っていますが、実は婚活と恋活に厳密な違いはありません。
一応、『恋人』を探しているか、『結婚相手』を探しているかの違いはありますが、実際上はただ、どちらをキャッチコピーとして使用しているか、というだけの問題です。

婚活アプリも恋活アプリもどちらも真面目に理想の相手との出会いを探しているという点では、将来につながる出会いなのでほぼ同じです。

参考:婚活アプリってなんなの?評判はどうなの?おすすめはどこ?

婚活アプリ・恋活アプリの使い方

婚活アプリ・恋活アプリの登録方法

婚活アプリ・恋活アプリの登録はとっても簡単です。

Pairs(ペアーズ)とOmiai(オミアイ)は、このページにあるリンクからログインして『Facebookと連携』というボタンを押せば、登録が完了です。
だから、Facebookさえあれば、登録がすぐ終わります。

ゼクシィ縁結びは、このページにあるリンクから同じようログインすれば良いのですが、Facebookとの連携が不要なんです。
だからログインすれば直ぐに登録が完了して、使うことができます。
これは、Facebookを使っていない人にとっては、とても助かります。

ただ、婚活アプリ・恋活アプリは、年齢認証を行わないと実際にお相手とメッセージを行なえません。
なによりも年齢認証を行っていないと、そもそも『いいね!』が全然もらえません。

考えてみれば当然で、年齢が確認できないと、本当は40才なのに、30才などで登録しているかもしれないと考えると怖いですよね。
そういった、自分の情報でウソをついている人を排除して、真面目な出会いを探している人が、ちゃんと出会えるように考えているんですね。

婚活アプリ・恋活アプリのメリット

『そろそろいい人と出会いたいけど時間ないしな~』
『結婚相談所は敷居が高いな~』

と考えている忙しい社会人にとっては、自宅にいても会社にいても、通勤中でも気軽にお相手を探せます。

婚活アプリ・恋活アプリの利用は急増していて、2016年に結婚した人の37.7%、約10人に4人が婚活アプリ・恋活アプリを利用して出会っています。

ただ、もちろん婚活パーティーでも合コンでも既婚者や変な人が混じってくるように、婚活アプリでもごく少数ですが、そういう人はいますので、一定の注意は必要です。

でもちゃんと普通に注意していれば、そういった人たちは簡単に見破れます。
ぜひ、こちらも併せて読んで下さい。

Omiaiでサクラを見抜く5つの特徴[2017年版]

ゼクシィ縁結びにサクラが入り込む余地がない理由は、本人確認、年齢確認、卒業証明書、収入証明書!

ペアーズでサクラを見抜く8つの特徴【2017年版】

ペアーズにいるヤリモク(体目的)の男の10大特徴!危ない男はこう見抜け!

婚活アプリ・恋活アプリの万全のセキュリティ

もし、変な人、あやしいひとを見つけたらすぐに報告しましょう。
報告されると、相手はイエローカードが付くか、強制退会になります。

omiaiでの通報の方法は?変な人がいたらすぐに違反報告!

ペアーズで変な人がいたらすぐに違反報告!

婚活アプリ・恋活アプリは信頼が命ですので、24時間365日、絶え間なく監視を続けています。
Omiaiは社員の9割が女性なので、女性視点で女性を守るような仕組みができています。
また、ゼクシィ縁結びは、ゼクシィブランドを傷つけないよう全社を挙げて、会員を守るように努力しています。

だから、特にこの2つのアプリはサクラや変な人が少ないということで今、絶大な信頼を築きつつあります。

恋愛アプリOmiai
サクラゼロ宣言
>>Omiaiの人気の秘密<<

  • 上場企業が運営している安心感!
  • 真剣な出会いを求めている男女が多い!
  • 女性は29歳以下は無料
  • 2017年後半からいい人と出会える!と人気急上昇中!

おすすめ度 会員数 男女比
男性:★★★★★
女性:★★★★★
240万人
(2017年9月)
7:3
費用 特徴 安全対策
女性
~29才:無料
30才~:月額2,780円(税込)~
———-
男性
月額2,780円(税込)~
しつこい男性から女性を守る通報システムや不正ユーザーの防止対策が他の婚活アプリよりも優れている
女性スタッフが運営
24時間365日監視
公的証明書の年齢確認

>Omiaiのここがオススメ!

Omiaiを使用している会員の感想

  1. ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つにとりあえず登録したらOmiaiがめっちゃレベルの高い人と出会えた!
  2. 29才以下は無料な点が嬉しい♪ペアーズと両方登録すると2倍以上出会える
  3. サクラに本当に出会わないのが安心!
  4. スマホで見やすい画面なんで使いやすい!♪
  5. 足跡をいっぱいつけてくる変な人も通報できるのが安心!
  6. 年齢確認の手続きがしっかりしているで安心!

女性無料のOmiaiを詳しく見る

ペアーズ(Pairs)
pairs
>>ペアーズの人気の秘密<<

  • 婚活アプリの会員数は第1位
  • 女性の会員比率第1位
  • 女性は全員無料

おすすめ度 会員数 男女比
男性:★★★★★
女性:★★★★☆
600万人
(2017年11月15日)
6:4
費用 特徴 安全対策
女性 無料
———-
男性
月額1,898円(税込)~
会員数が日本一多い
利用者の年齢は若い層が多い
フリーキーワード検索ができる
24時間365日監視
公的証明書の年齢確認
通報受けた人には『注意マーク』が付くので誰が怪しい人か分かる

>ペアーズのここがオススメ!

ペアーズを使用している会員の感想

  1. 会員数が日本一多いのでやっぱり出会える数が違う
  2. 直感的に使い始められるのでストレスが少ない
  3. アプリが快適に動作するのが嬉しい♪
  4. メッセージでスタンプを使えるのはペアーズだけだから、しかも可愛い♪
  5. なにより女性が無料というところが嬉しい(笑)
  6. コミュニティ検索ができるので気の合いそうな人が事前に分かるところが嬉しい(笑)

ペアーズ(Pairs)を詳しく見る<

ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
>>ゼクシィ縁結びの人気の秘密<<

  • ゼクシィで有名なリクルートが運営している信頼感!
  • ゼクシィでの婚活ノウハウが満載!
  • 女性も有料なので遊びの女性が少ない!

おすすめ度 会員数 男女比
男性:★★★★☆
女性:★★★★☆
30万人(昨年比280%)
(2017年11月14日)
非公開
推定48:52
費用 特徴 安全対策
男性、女性ともに
月額2,592円(税込)~
価値観診断で本当に会う人を探しやすい
いいね!の数が他のサービスに比べて多くもらえる
価値観マッチ(価値観による紹介)があるので相手探しに困らない
デートの待ち合わせ場所などの連絡を代行してくれるので会ったことのない相手に個人情報を相手に知られない
半年以内にマッチングする割合が80%
24時間365日監視
公的証明書の年齢確認
運営元がゼクシィで有名なリクルートなので安心

>ゼクシィ縁結びのここがオススメ!

ゼクシィ縁結び使用している会員の感想

  1. ゼクシィを販売しているリクルートが運営しているので安心感が半端ない
  2. 価値観診断で紹介されると思わずしっかり読んで男性のルックス以外に良いところに気づける
  3. デートのセッティングを代行してくれるから会ったことない人に個人情報渡さなくて良いのが安心
  4. 相手を探す際に結婚後の家事分担の考え方で探せるのが面白い!
  5. 最初の価値観診断が普通に面白い

ゼクシィ縁結びを詳しく見る

婚活アプリ・恋活アプリで出会いの機会を増やす

婚活アプリについて詳しくは既に説明しましたし、この下のリンクでも書いていますが、出会い系とは全く違って、身元と年齢をハッキリ確認できないと使えないシステムです。
また、友人には、婚活アプリ・恋活アプリの利用がわからないような仕組みになっているので、婚活アプリを使っていることが友人や親にバレることはありません。

日本で本格的に普及し始めたのは2015年からですが、最初はみんなあやしいという雰囲気が消えなかったのですが、実はこっそり使っている人がめっちゃいるんです。
日本で行われた本格的な調査では、ゼクシィで有名なリクルートが出している『ブライダル総研 婚活実態調査2017』によると、2016年に結婚した男女が恋活&婚活サイト・アプリで出会った割合は37.7%とおよそ10人に4人が婚活&恋活サイト・アプリで出会っています。

参考:婚活アプリってなんなの?評判はどうなの?おすすめはどこ?

この婚活アプリ・恋活アプリで、まずは男の人からたくさん『いいね!』を集めることができれば、その中から会ってみたいと思う人とだけ会うようにすると理想の人と出会える確率がグンとあがります。
『でも、いいね!がもらえるかどうか不安』
『アラサー女子ににはもう遅いんじゃない?』

そう考えている人は、次の記事を参考にしてみてください。

参考:ペアーズでいいね!をもらえる男性と女性の7大特徴

参考:30代女性がペアーズでマッチングしない5つの理由と対策

理想の相手に出会う方法はコツはなにかある?

女性も男性も婚活アプリ・恋活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない相手からのメッセージが多くなったり、相手を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

だから、今は、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで彼氏をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、理想の相手をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリ・恋活アプリ登録は無料なのに、1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

1ヶ月無料で使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリ・恋活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の同年代からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさんやお姉さまたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い人の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな男の人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

最後に複数の婚活アプリ・恋活アプリを使う時の3つの注意

Pairs(ペアーズ)、Omiai(オミアイ)、ゼクシィ縁結びの3点セットで無料登録した後は、

1,理想の相手との出会いの数
2,マッチング成立率

この2つを見て、どの婚活アプリを掛け持ちするかを決めるのがベストであることは説明したとおりですが、それ以外にも注意すべき3点があります。

1,どの婚活アプリ・恋活アプリで出会ったのか、間違えないように日記をつける

『いつ』
『どの婚活アプリ・恋活アプリで』
『どんな人から』
『どんなメッセージが来たのか』

この4つは日記でも良いですし、スマホのカレンダーでも良いので必ず付けるようにしましょう。

複数のアプリで複数の人とメッセージを行うと、頭が大混乱してしまいます。

特にLINEを交換した後は、相手が婚活アプリ・恋活アプリを退会すると、過去のメッセージが全て消えてしまいます。
すると、どんな会話をしたのかが全然思い出せません。

Aさんとのやりとりを、Bさんに送ってしまうというのは、マッチングが多い人ほどやってしまいがちです。
面倒と思わず、ちゃんと記録しておきましょう。

2,掛け持ちしていることは誰にも話さない

複数の婚活アプリ・恋活アプリを使って、何人もの相手とマッチングしていると思わず自慢したくなりますが、誰にも話してはいけません。
もちろん、友人にもです。

実際に、マッチングして交際するようになった人と結婚になった時に、

『実はこの人はアプリを複数、使い分けてたんだよ』

ってバラされると、雰囲気悪いですから。

基本的に人は、『自分のことだけを見て欲しい』と想っています。
でも、恋愛は駆け引きです。

本命の人は先で、2番手の人は後になりがちです。
それは、仕方のないことです。

ウブな男の子や女の子ほど、駆け引きを知らずに一途に思いすぎて傷ついて、マッチングできずに去っています。
本命はいても、彼氏、彼女がほしいなら、ちゃんと2番手、3番手を考えておかないと、1人とマッチングすると他の人とメッセージしないなどをやっていると1人と連絡を取らなくなるとまたゼロから探す必要があり、時間がかかるので婚期を逃します。

交際してからは1人に絞るのは当然ですが、交際するまではできるだけ多くの人と連絡をやり取りし合うのが、婚活戦争を勝ち取るためには必須です。

3,真剣な交際に発展したら、掛け持ちしていた婚活アプリ・恋活アプリは退会する

恋愛は駆け引きですが、1人絞って真剣に交際が始まったら、ちゃんと婚活アプリ・恋活アプリは退会しましょう。

できれば、相手と出会った婚活アプリ・恋活アプリの退会の画面を撮影して、相手に送れば、誠意が伝わって、より親密になれます。

最悪なのはこっそり婚活アプリ・恋活アプリを続けていた場合です。

それだけで、別れることになったという人を何人も知っています。

交際したら婚活アプリ・恋活アプリは退会

これは鉄則と考えてください。

婚活アプリ・恋活アプリで出会った他の人と連絡を止める時にやってはいけないこと

1、何の連絡もせず、無視する

何の連絡もないと、相手はどうして良いか分からず不安になります。

婚活アプリ・恋活アプリを使い慣れている人なら、『他に良い人できたのかな』と推測しますが、慣れていない人がまだまだ多い中、急に連絡をしないと、不安が不信につながります。

婚活アプリ・恋活アプリには、違反報告の機能があり、急に連絡が来なくなった場合、通報される恐れもあります。

ちゃんと紳士的にお断りの連絡を入れましょう。

2,LINEで急にブロック

もっと最悪なのは、LINEのブロックです。

仲良くなって、LINEで連絡をやり取りしているのに、急に既読にすらならなくなると、相手が怒ることもあります。

恋愛慣れしている男の人や女の人でもショックを受けます。

他の人と交際することになったら、LINEでちゃんと連絡しましょう。

出会った相手へのお断りのメッセージの文例

男性から女性へのメッセージ

こんにちは!
今日は、ちょっと伝えないといけないことがあって連絡しました。
実は、他の女の子と交際することになりました。
今まで色々と話せて楽しかったけど、ごめんなさい。
◯子さんは、本当に素敵な人で、俺もとても悩んだんですが、その子と付き合うことにしました。
◯子さんと話せて本当に楽しかったし、絶対に良い出会いがあると思います。
ぜひ、他の良い人と結ばれて幸せになってください。

女性から男性へメッセージ

こんにちは!
実は、言いにくいんですが、他に気になる人ができまして、その人と付き合うことになりました。
◯男さんとの話はとても楽しかったんですが、ごめんなさい。
色々と気にかけて、相談にものって頂いたのに、期待に答えられず本当にごめんなさい。
◯男さんは、きっと私なんかよりもずっと素敵な人と出会えると思います。
今まで本当にありがとうございました。

婚活アプリ・恋活アプリのまとめ

  • 婚活アプリ・恋活アプリは、いきなり有料にならず、まずは無料で複数登録して様子を見る!
  • 出会いは多いけど、人並みにふつうの警戒心は持っておく!
  • 連絡のやり取りしている人と内容を間違えないように日記を付ける!
  • 1人に絞って真剣な交際になったらちゃんと婚活アプリ・恋活アプリを退会する!
  • お断りする人は無視やブロックしない!

婚活アプリ・恋活アプリでの出会いは、出会い方がアプリ経由なだけで他は何も変わりません。
人と人との付き合いです。

ただ、ここ数年で急激に広まった出会い方ですから、工夫しながら出会いを増やせば、理想の相手とであることは十分できます。

気をつけないといけないのは、ちゃんと誠意を持って対応しながらも、ふつうの警戒心は持っておくことです。

『◯◯されたら嫌な気分だろうな~』

と思うことは決して相手にもしてはいけません。

そこさえ気をつければ、とても効率よく理想の相手を見つけられるツールがある時代に生まれたことに感謝の気持ちすら生まれます。

婚活アプリは、出会い方の1つの方法です。

いきなり有料で支払うのではなく、とりあえず無料登録して、よければ有料に切り替える。

このポイントだけは忘れないようにしましょう。

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら