怪しい

東京都消費生活総合センターが婚活サイトへの注意喚起

2017年12月1日 東京都消費生活総合センターが婚活サイトを利用する際の注意喚起情報を発表しました。

以下、引用

相談事例 1

結婚を前提としたお付き合いがしたいと思い、婚活サイトに登録。出会った男性とサイト内で数回メッセージを交換した後、男性から、「より親密な会話をするため、サイト外のメッセージアプリで話さないか。」と誘われた。メッセージアプリに移ると、自分の経歴など詳しい個人情報を伝えてきたので、当方もそれに応じて伝えた。
数回やり取りをした後、男性から「スマートフォンがウイルスに感染してしまった。別のスマートフォンに代えるまでの間、このサイトでやり取りしよう。」と、URLが記載されたメッセージが届いた。URLをクリックするとあやしい出会い系のサイトのようだった。大手企業が運営している婚活サイトなので信用して登録したのに、変な相手に個人情報を伝えてしまい不安でいっぱいだ。 (20歳代女性)

相談事例 2

婚活サイトに登録し海外在住の日系人の女性と知り合った。メールや電話などで連絡を取り合っていくうちに好意を持った。女性が来日することになり、途中、「経由地の空港で盗難にあい、けがをして入院した。現金やキャッシュカード全てを無くした。後で返すので、送金してくれないか。」と連絡がきた。数か月の間に合計で500万円を超えるお金を送金したが、その後、女性と連絡がとれなくなった。 (50歳代男性)
引用元:https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/171201.html

当サイトでも婚活サイトを利用する上でいろいろな危ない人や怪しい人、業者やサクラについて注意喚起や対策方法を促してきました。

参考:ペアーズでサクラを見抜く8つの特徴

参考:Omiaiでサクラを見抜く5つの特徴

参考:ペアーズで変な人がいたらすぐに違反報告!

参考:Omiaiでの通報の方法は?変な人がいたらすぐに違反報告!

参考:ペアーズにいるヤリモク(体目的)の男の10大特徴!危ない男はこう見抜け!

参考:ペアーズでストーカー被害に遭わないための4つの秘訣

もう一度おさらい、婚活サイトでのリスクを避ける8つの対策

対策

1、別のブログへ誘導されたら拒否

たびたびこのサイトでも注意を促していますが、業者と言われる個人情報を盗んだり、変な出会い系サイトへ誘導しようとする会社はあの手この手を使ってあなたを婚活サイトから離れたところへ誘導しようとします。

『スマホが壊れた』は100%ウソ
『ウイルスに感染した』は100%ウソ
『水没した』は100%ウソ

こういった理由で、連絡が取れなくなったからブログで連絡のやりとりをしようと言ってきたら、婚活サイトの運営会社に通報しましょう。

いいですか、冷静に考えてください。

スマホが壊れたと『スマホで』連絡してくるっておかしいと思いませんか?
友達に借りたとか言われても納得しちゃいけませんよ。

あなたがその友達として、見ず知らずの相手との連絡にスマホを貸しますか?
貸さないですよね。

『ブログの掲示板を使って連絡をしよう』とか、
『ブログに自分のプロフィールを公開している』とか言われたらありえないと断定してください。

2、メールで連絡しましょうと言われたら拒否

メールでの連絡のやり取りに繋げるのも悪徳業者が行う手口の代表です。

特に、メールアドレスが『●●.rdy.jp』で終わるものは100%悪徳業者です。

『.rdy.jp』はさくらサーバというサーバー会社からお金を払って取得しないと取れないドメインです。
個人でそんな手の込んだことをするはずがありません。

すぐに婚活サイトの運営会社に通報してください。

メールアドレスの交換が危うい理由は、2つあります。

1つ目は、メールアドレスは最近、使っていないという方が多く、『送信元』に自分自身のフルネームを入れている場合があり、相手にばれてしまう可能性があるためです。

2つ目は、不要なスパムメールを送り付けられる可能性があるためです。

メールでのやり取りに繋げる言い訳として、

『いいね!をもらい過ぎてメッセージのやりとりが大変だからメールに移行します』
『もうすぐ退会しますから、メールアドレスを教えてください』
『もうすぐ退会しますから、●●.rdy.jpへメールを送ってください』

などがあります。

退会を匂わせて焦らせてきたり、人気があって大変というイメージを与えてきたら悪徳業者と考えましょう。

3、会ってもいない人を気軽に信用しない

当たり前のことですが、会ったとしても気軽に信用してはいけないのに、ましてや会ってもいない人を気軽に信用するなんてありえないです。

これは、とても古典的な方法すぎて、まさか騙される人がいるなんて、、と驚きましたが、

『お金を送って』と言われたら100%詐欺です。

いいですか。

100%詐欺です。

自分の身に置き換えて考えてみてください。

『会ってもいない人にお金を送って』

なんて言えますか?
正常な人間なら言えるわけがないんです。

それを堂々と言ってくる人は、騙そうとしているからです。

また、卑猥な写真を送るよう求められたら、絶対に拒否して、すぐに運営会社に通報してください。
もし、すでに送ってしまっていたら警察の性犯罪科に連絡してください。

特に40代以上の結婚を焦っている人ほど、ありえない行動を取りがちです。
おかしいと思ったら、絶対にやらない!

これを心がけてください。

4、特に女性はLINEのIDは気軽に教えない

LINEの交換をするときは、相手にあなたのIDを伝えるのではなく、相手から聞き出すようにしてください。
特に女性です。

LINEはIDを聞いた方は、相手のIDが分かりますが、教えた方は相手のIDが分からないままです。

だから、教えた方が個人情報が漏れやすくなります。

男性が個人情報が漏れても良いというわけではないのですが、確率論的に女性の方が被害が大きくなりやすいので、女性は特に男性側にIDを尋ねるようにしてください。

男性側から『俺はID持ってないから教えて』と言われたら、
『あたしも持っていない』と答えましょう。

男性側が『IDの作り方を教えてあげるよ』と言われたら、
『その方法であなたがIDを作ったら教えて』と答えましょう。

婚活は焦ったものが負けです。
くれぐれも主導権はあなたが握るようにしてください。

5、身元が特定できる情報は掲載しない

写真や名前からあなたが特定できるような情報は掲載しないようにしましょう。

特に写真が『毎日通っている場所』の場合、ストーカーされる可能性があります。
また、ブログやFacebookで使っている写真を婚活サイトで使うとあなたを探し当てられる可能性があります。

他のブログやFacebookで使っていない、婚活サイトだけの写真を使うようにしましょう。

また、名前も漢字でフルネームを教えないようにしましょう。
賢い子は、意図的に苗字を全く別のものに変えていたり、下の名前の一部だけ教えています。

例えば、彩加(あやか)という名前なら、相手に教える名前は『あや』にするなど。

あなたの情報を相手に正確に教えるのは付き合ってから、つまり相手が信用できると分かってからです。

6、Facebookの公開は実際に会って相手の身分証明書を確認してから

ペアーズでは、Facebookの公開機能がありますが、気軽に公開してはいけません。
Facebookの公開は、実際に会ってからです。

Facebookは、公開設定を友人だけにするなど設定していないと、あなたの情報がダダ漏れになってしまい、ストーカーされる可能性があります。

特にプライベートな投稿が多い人ほど危険です。
相手の身分証明書を確認するのが気が引ける、、などと思ってはいけません。

堂々と相手に身分証明書を見せてもらいましょう。

7、3回目のデートまでに相手に身分証明書を見せてもらう

交際を始める前に、絶対に相手から身分証明書を見せてもらいましょう。

前もって言うよりも、デートの当日に

『今から身分証明書を見せ合いましょう』

と言って、互いに見せましょう。

このとき、『俺、今日持ってないから、君が先に見せて』と言われたら、『お互い同時』が絶対と言って断りましょう。

『俺が信用できない?』と言われたら、
『女の子が警戒するのは当然でしょ?そんなことも分からないの?』と切り返しましょう。

『俺を信じてほしい』と言われたら、
『共通の知り合いもいないのに信じるといのは無理です。女の子の気持ちを考えて。』と切り返しましょう。

8、危険な目にあったら迷わず警察に通報

『デートの時に、襲われそうになった』というはっきりした場合はもちろんのこと、

『デートの後にひどい眠気が来た』
このような場合は、警察に通報しましょう。

また、次のような場合はその場で帰宅するか友人に連絡して迎えに来てもらいましょう。

『デートで決めた店を急に変更して強引に雑居ビルに連れて行かれそうになった』
『デートで知らない人が一緒に来ていた』
『薄いお酒しか飲んでいないのに、勝手に度数の高いお酒を飲まされた』

そして、二度と会ってはいけません。
さらに、婚活サイトの運営会社に通報しましょう。

と色々と怖がるようなことを書いてきましたが、婚活サイトだから危険というわけではないのです。
常識的な危機感を持って使えば、婚活サイトはとても効率的にいろいろな人と会えるツールです。

婚活サイトで安全に相手と会うための4つの対策

安全に会う

1、デートのたびに友人や家族にいつ、どこで、何時まで会うか告げておく

子どもじゃないんだから大丈夫、という思いが危険です。

いくらメッセージのやり取りを行っても共通の知り合いができるか、身元がハッキリするまでは、相手を信用しすぎてはいけません。

必ず、『いつ』『どこで』『何時まで』会うのかを友人や家族に告げておきましょう。

これを告げておけば、何かあってもすぐに助けてもらえます。

2、露出度の高い服装は避ける

特に夏場は、露出度の高い服を着る女性が多いですが、止めましょう。

露出度の高い服装は、男性の欲情を強めてしまいます。

むしろガードが堅いと思わせた方が変な男は近づきにくいので、相手に対して警戒していることをハッキリわかるような服装にしましょう。

スカートはミニが鉄則という女性もいますが、お勧めしません。

ふつうの服装にしましょう。

3、会ったらすぐに今日は○時までに帰らないといけないと締切を決める

デートの開始直後に、何時終了かをあらかじめ相手に伝えましょう。
初回デートは最大2時間と考えてください。

できれば1時間です。
初回デートの目的は相手の男性の印象チェックです。

もし、その男性のイメージが違っていても1時間なで帰れると思えば、耐えられるはずです。
あらかじめ用事があることを伝えておけば、男性も引き止められません。

強引に伸ばしてこようとしていたら、怪しい人ですので、二度と会わないようにしましょう。

4、会う時刻は明るい時刻で人通りの多い場所にする

デートはくれぐれも夜に人気のない場所は止めましょう。

明るい時刻
人通りの多い場所

これは鉄則です。

初回のデートからお酒に誘われても行ってはいけません。
まずは、お昼のカフェかランチ、これが鉄則です。

2回目、3回目のデートでも、かならず人気の多い場所にしましょう。

雑居ビルは避けましょう。
そして、できればデートの場所は下見するかあなたがよく分かっている場所にしましょう。

婚活サイトは真面目な人の方がずっと多い

以上見てきた通り、婚活サイトは実は、ちょっとした危機感を持てば危険は避けることができます。
不用心すぎると足元をすくわれるだけです。

婚活サイトの良いところは、たくさんの男性に会うことができることです。
変な男よりも真面目に出会いを探している男性の方が圧倒的に多いのですが、変な男の行動がクローズアップされるので、なんだか危険なイメージが付きまとっていしまうだけです。

婚活は、色々な男性と会うからこそ、男性を比較して将来1人の男性に絞ることができるのです。
2~3人の男性しか知らずにその中で決める方がリスクとしてはとても大きいということを知ってください。