女性が読む雑誌を見ると、ピントがずれてるな~と思う記事がたくさんあります。

特に、男が女性のどこを見ているか?
という視点は、想像以上にずれてます。

たぶん、女性視点で考えてしまっているのでしょう。

男が読む女性攻略の恋愛本が、ピントずれているように、
女性がよむ男性攻略の恋愛本もピントずれてます^^;

今日はそんな気になる点を洗いざらいお話します。

ズバリ!男性はを見ている!女性との違いに一目瞭然

性欲が掻き立てられる要因について

女性は心因性、つまり内面(性格や考え方)です。
しかし、男性は8割が視覚情報、つまり外見(見た目)で起こります。

そのため、女性は男性の体全体を見ます。

雰囲気や身に着けている時計、ファッション、指先、靴、小物などを細かく観察しています。

身につけているものは、その人の『内面』の表れです。
女性は、『内面』を推察するために外見を注視します。

そのため、ファッションにこだわりがあるのでしょうね^^;

逆に、男性はまず最初に見る女性の部位はやはり顔なのです。

可愛いかどうか、という点だけでなく、『若さ』に惹かれます。

男性は本能的に子孫を残せるかどうかという考えで女性をみるため、
『若く見える』ということは、最も重要な要素です。

では、個別に見ていきましょう。

男性が見るのは、顔とスタイル、くびれ、ヒップ、肌のハリの4つ

上で書いたとおり、女性は、顔だけ、体だけ、のような部分で判断するのではなく、
全体的な雰囲気や、漂うオーラのようなものから内面を見ようとする中身重視の考えです。

しかし、男性は、ハッキリと『外見』つまり、見た目です。
残念ながら、圧倒的な外見重視です。

男性の場合は、ルックスでまずは女性を足切りにかけます。

『人は見た目じゃない。中身だ』という考えは残念ながら、男性には通じません。

百歩譲って、どんなに中身が良い女性であっても、見た目が最低限のラインを超えていないと、
全く判断材料になりません。

では、男性は女性のどういった点を重点的に見ているのか、
身体的特徴を重点的に見るのに対して、

男を魅了する顔とスタイルの第1位は愛嬌!

女は愛嬌と言いますが、本当です。

愛嬌のある女性は、最高に可愛く見えます。

男は女性の笑顔が好きだし、無表情でも優しそうな笑顔をチラッと見せるだけで、
好感度は劇的に上がります。

ぶっちゃけ美人でなくとも笑顔な子は本当に可愛く見えます。

ここを勘違いしている女性がとても多いのが残念です。

女性の中には、自分は可愛くないと思い込んで『整形』に走る人がいますが、
オススメしません。

はっきり言って、整形して美人になっても、愛嬌が無ければ、男性を魅了できません。

男を魅了する顔とスタイルの第2位は小ジワ!

どんなに美人でも、目元、口元に細かい小ジワが多いと、
男は萎えます。

男が女性を見る時、外見を見るというのはしつこく書いてますが、
もう少し正確に言いますと、

『キスをする時』
『抱いている時』

を想像してます。

つまり、女性の顔に接近して、間近で見ている時です。

顔に小ジワが多いと。。。

おばさんを抱いている気分になります。

いや、ハッキリ言います。

勃ちません(笑)

おばさんを抱いても全然、興奮しません(笑)

女性は、婚活サイトでマッチングした男とデートするまでに、
婚活パーティーで男と会うまでに
『顔の小ジワ』を徹底的に治しましょう。

女性が考えている100倍重要です。

男を魅了する顔とスタイルの第3位はくびれ!

男は巨乳好きであると思っている女性は多いですが、
意外とそんなことありません。

もちろん巨乳好きがいるのも本当ですが、
大部分は、カップで言うならB以上あれば、気になりません。

胸のサイズよりももっと大切なのは、『くびれ』です。

バストとウエスト、ヒップが一直線になっていると、
女性としての魅力は全然感じません。

胸を大きくする努力をするよりも、
くびれを作る努力を全力で行ってください。

男を魅了する顔とスタイルの第4位はヒップ!

男は年齢によって、好みのパーツ、フェチの部位が変わるというデータがあります。

10代⇒顔、
20代⇒バスト、
30代⇒ヒップ、ウエストのくびれ、
40代⇒足と下半身

のように下に下りていっているようですが、
半分当たってますが、半分、間違っています。

10代の頃は、若いのでほぼすべての女性に問題がないため、、
そもそも見る必要がありません。
そのため、『当然』、バストやヒップ、ウエストには張りがあるだろうと思い、
問題になることすらありません。

せいぜいニキビ跡ぐらいです。

さらに、20代になると、10代には無かったバストが発達してくるので、
そこに視線が向かいます。
しかし、やはりまだヒップやウエストはさほど崩れていないので、
気にならないため、男性は気にしません。

しかし、問題は30代になってからです。
女性の体は、大きく差がつき始めます。

ヒップは弛んできて、ウエストにぜい肉が付きます。
人によっては一気に『おばさん体型』に向かいます。

だから、男は、『崩れていないか』を見るためでに、
ヒップやウエストを見るのです。

逆に40代になると、バストの弛みや顔のシワはどうすることもできないと思い込み、
唯一、魅力を残すところが『足』なのです。

そのため足に魅力視線が向かいます。

だから、30代以後はバストを気にしなくて良い、顔を気にしなくて良いというわけではありません。
男が『加齢のためある程度は仕方がないか。。』とあきらめているだけです。

ということは、同年代の他の女性よりもシワが少なく、
ウエストが締まって、ヒップの弛みが無ければ、
一気に男性の視線を独り占めできます。

なぜなら、ライバルがいないからです。

だからシワを無くして、ウエストとヒップ&脚を鍛えましょう!

また、筋トレをしっかりしてほしいところですが、やっぱり長続きしないでしょう。

まずは毎週ヨガなどへ通って痩せやすい体質を作りましょう。

体質的に痩せやすくなれば、それだけで婚活競争を勝ち抜けやすくなります。

男性が見るところのまとめ

バストを大きくするのは難しいかもしれませんが、
ウエスト、ヒップ、足に関しては頑張れば引き締めたり、張りを出してて若々しくセクシーに魅せることはぜんぜんできます。

将来を真剣に考える男性を出会って、彼氏にしたければ、
出会いを増やすことが第一、
男を魅了する外見を整えることが第二です。

この2つは両輪で、どちらかが欠けてもいけません。

男を魅了する外見を整えながら効率的に理想の出会いを増やすには、婚活アプリを活用した方がずっと簡単です。

>>婚活アプリってなんなの?評判はどうなの?おすすめはどこ?

理想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

女性も男性も婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない男性やちょっと歳上過ぎるお姉さまたちからのいいね!が多くなったり、同年代以下の男性や女性を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

その点、ゼクシィ縁結びは、婚活サイト初心者向けの婚活サイトとしてとても役立つ機能が満載で、ゼクシィブランドで口コミが広がって男女ともに新規会員が急増中です。
その目玉の機能が以下の3つです。
1つ目は、価値観診断とAI(人口知能)によるお相手紹介サービスです。
2つ目は、マッチングした相手と会うことになってもLINEを教えずにデートの日時と場所を調整してくれるデート調整代行サービスです。
3つ目が、最初に申し込んだ期間で満足できなければ無料で同じ期間を延長して使える婚活成功保証制度です。

詳しくはこちら↓
婚活初心者のための婚活サイト ゼクシィ縁結びを運営するリクルートマーケティングパートナーズに直撃取材!

だから、今は、ペアーズに登録しつつ、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、

ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なんでか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の同年代からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさん、おばさまたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

Omiaiとかゼクシィ縁結びは、まだまだ若い男女の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

婚活するなら先に結婚相談所で生の婚活情報を無料で入手しよう!

日本で1番婚活情報を握っているところが結婚相談所です。
リアルな婚活情報は結婚相談所で直接聞いて手に入れてしまいましょう!

ただ、一言で結婚相談所と言っても、個人的な経験に基づいて意見してくる結婚相談所もあれば、しつこく紹介した人と会うよう迫ってくる結婚相談所もあります。
そういったところは論外です。

実は意外と知られていませんが、結婚相談所は利益率の高いビジネスとして人気があり、フランチャイズビジネスのように気軽に始めることができてしまうんです。
もちろん真面目に運営している結婚相談所もありますが設け第一主義の結婚相談所に入会すると、結婚に失敗する確率がとても高くなります。

だから、おすすめは次の5点を満たす結婚相談所に直接行って情報を入手することです。

  1. 客観的な婚活データに基づいて適切なアドバイスができる
  2. 入会してから積極的にアドバイスしてくれる
  3. 社員教育にお金をしっかりかけている
  4. フランチャイズではない
  5. 自社で会員を抱えている

この5点を満たす結婚相談所は、間違いなく信頼できます。
こういった結婚相談所に無料相談に行くと、しつこい勧誘もなく無料相談でしっかりと婚活情報を教えてくれます。

おすすめはデータに基づいた結婚相談所として、婚活業界の統計データに基づいた提案を行っている最先端の結婚相談所のパートナーエージェントです。

>>パートナーエージェントの公式サイトはこちら

あのゼクシィが結婚相談所の事業を始める時にパートナー企業として協業先を選ぶほどで、厚生労働省が使っている成婚の定義に基づいた計算で成婚率No.1でもありますから間違いありません。

ホームページや資料には書けないような婚活情報もたくさんあって、実はそういった書けない情報の方が大切なんです。

婚活を始めるにあたってまずは婚活の現状をしっかりと聞いてから始めると大変な婚活へのモチベーションが維持できます。

  1. 何才ぐらいから結婚相手を探すのが厳しくなるのか?
  2. 年収はどれぐらいだと声がかかるのか?
  3. 身長が低いけど大丈夫か?
  4. 婿養子に来てくれるが希望だけどハードルは高いのか?

こういったことは資料やホームページで書くと叩かれる可能性があるのでどの結婚相談所も表立っては書きません。
だから直接、無料相談に行って確認してみましょう。