『妥協してまで結婚したくない』
『結婚は妥協と我慢のたまものよ』

どちらもよく聞く意見ですが、実際は結婚を決めるときに妥協する人の割合はどのぐらいでしょうか?

また、実際に妥協して結婚した人は不幸になるのか?
それとも幸せになれるのか?

実際に婚活の統計資料をもとに考察してみました。

妥協して結婚した人の割合は?

(株)明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」によると、妥協して結婚した人の40-45%が後悔していると回答しています。

結婚相手に妥協した時の年齢は?

男性は、30代前半で妥協した人の割合は39.2%
女性は、20代後半が40.2%で最も高くなりました。

全体として、男性よりも女性のほうが、相手への理想・条件を下げる時期は早いようです。

なぜ、女性は早めに妥協するのか、実際に妥協して結婚相手を選んだ知人女性にインタビューしてみました。

37歳女性(結婚8年目)子供2人

2年目の看護師

28歳でそれまで付き合っていた彼氏と別れて、少し焦ってました。
29歳になる1か月前に別れたんで、30代になったら自分の市場価値は下がるって聞いていたんで、とりあえず早く相手を見つけなきゃって考えてました。
そんな時にちょうど、彼女と別れたばかりという今の旦那を紹介されて意気投合しちゃったんです。
20代のうちに結婚したいという希望もあったし、なんとなく寂しいという気持ちもあったんですぐに付き合うことになりました。
結婚する前から部屋が汚くて家事は苦手っていってたんだけど、まぁ男の人はこんなもんかなって思ってましたが、後々考えると、嫌な現実にめをつむりたかったんでしょうね。
結婚後は家事はしないし、仕事でクタクタに疲れてる時でもあたしが返ってくるのを待ってテレビを見てたのを見たときは殴りたくなりました。

女性の場合、子供を考えるのと20代の方が婚活市場で価値が高いというのを知っているから余計に焦っている人が多いようですね。
逆に男性の場合、30代前半が一番、市場価値が高いから女性よりも相手に妥協する時期が遅れるようです。

どんな人が妥協して結婚相手を選ぶの?

妥協できない人の意外な特徴

結婚相手に妥協できない人は、

『これだけ待ったんだから絶対に理想の人と結婚するんだ!』

と頑固になってしまってるんですね。
確かにじっくりと待っていたかもしれませんが、婚活市場は待てば待つほど、年齢が高くなればなるほど自分の市場価値が下がるということに気づかないといけません。

でも、結婚相手に妥協できない人は、年を取るごとに理想像が明確になりすぎてそこにこだわりすぎているようです。
だから、実はアラフォー以上の未婚女性は、モデルの男性にハマったり、ホストクラブにはまったりすることもあるそうです。

自分の魅力の低下と相手への理想のミスマッチ

上でも書きましたが、年を取ると美貌やスタイルといった魅力はどんどん下がっていくのに、相手に求める理想だけは高いまま、むしろ頑固になっていく。

これでは結婚できません。
残念ですが、婚活市場も『市場』とある通り、自分が提供できる価値と相手に求める価値は等価、つまり同じでないといけないのです。

自分が提供できる価値が下がっていくのに、相手に求める価値が高いままだと等価になりませんからマッチングしなくなるんです。

だからあなたは結婚できない

あなたの結婚はなんのためでしょうか?

周りの目を気にして、

『あれだけ待ったのに全然フツーの男と結婚した』

と笑わるのを気にして、待ち続けていると本当に結婚できなくなります。

結婚の目的はあなた個人の幸せのはずです。

他人の目を気にして結婚相手を探そうとするから理想を下げられないんです。
そもそも、あなたの思う理想とはなんでしょう?

相手からうらやましがられる過剰なスペックではないでしょうか?

身長180cm以上の男でないとあなたを幸せにはできないのでしょうか?
年収が1000万円以上ないとあなたを幸せにできないのでしょうか?

大切なことは、たった1つ。

『結婚後もあなたのことを愛おしんで大事にしてくれるかどうか』

です。

妥協して結婚した人は不幸なのか?

妥協して結婚した人は自分の価値の低下を分かっている人

妥協して結婚した人の40~45%が後悔していると書きました。
逆に言えば、60~65%と3分の2近くの人は幸せだということです。

相手に妥協しているといえば、あなたは上から目線に感じるかもしれませんが、ある真理に気づきましょう。

『あなたが妥協して選ぶ相手も、あなたに妥協して選んでいるかもしれない。』

妥協というのは、自分の幸せのレベルを下げるものではありません。

今まで他人の目を気にしたり、かっこいい見栄えを気にしていた外面的な幸せを捨てて、
幸せな家庭を築いて自分が幸せになる要素に絞るするという意味です。

だから、妥協するというのは決して悪い意味じゃないんです。

結婚生活の幸せと不幸に妥協の有無は関係なし

新聞やテレビなどのメディアなどでは、

『妥協して結婚すると不幸になるよ!』

と煽った方が売り上げ部数が増えて、視聴率もあがるからそのように書くんです。

でも、そんなメディアがあなたの幸せに力を貸してくれるわけじゃないということを知りましょう。

はっきり言いますが、結婚生活が幸せか不幸かに妥協の有無は関係ありません。

ただし、自分の幸せがすり減るような妥協はやってはいけません。

それは次の7大要素です。

1、ギャンブル好き
2、女好きの浮気性
3、家事をしない
4、暴力をふるう
5、あなたを家政婦としか見ない
6、家族を養える収入がない
7、あなたを大事にしない

この7大要素だけは譲ってはいけません。

逆に言えば、この6要素さえ該当しなければ他の点は妥協しても大したことではありません。