結婚相談所ってどんな人がいるんでしょうか?
年齢層や性格とかが気になります。
本当に素敵な出会いがありましたか?
交際してどれくらいでゴールインしましたか?

この質問はよく受けますので、実際に結婚相談所を利用して結婚した友人・知人に徹底的にヒアリングしてきました!

どんな人が結婚相談所を利用するのか?

『結婚に真剣な人』が結婚相談所を利用する

まず、当然ですが、意外と気軽にスルーされている点があります。

『真剣に結婚したい人』が結婚相談所を利用しています。

だから、結婚相談所を利用することで、結婚に本気な人とだけ出会える。

ここは、とても大きなメリットです。

例えば、婚活パーティーや婚活サイト・婚活アプリの場合、遊び目的が一定数いることは否定できません。

実際に、私自身が真剣に婚活している時に、『結婚は今のところ考えていない』と明言する女性もいました。

しかし、結婚相談所は、そのような人はまずいません。

結婚相談所に登録する人は、結婚できない売れ残りの人ばかり!?

真剣に結婚したい人というのは、『結婚できないから真剣になっているような売れ残りの人』が多いんじゃないの?

これもよく言われることです。

半分は正解です(笑)

でも、もう半分は大間違いです。

仕事とプライベートを両立させたいと考える賢い男女は、20代のうちから結婚相談所に登録して真剣に活動します。

仕事が忙しくいと、どうしてもプライベートは後回しにしがちです。
そして、気がつくと30才を過ぎて40才になって、『さぁどうしよう!』とあせってももう後の祭りです。

女性なら30才、男性なら35才までに結婚しないと、その後は、自分が選ぶよりも相手に選んでもらう必要があります。
つまり、売り手市場だったのが、買い手市場に回ってしまいます。

それを知っている人ほど、早めに効率的にお相手を見つけるために結婚相談所を利用します。

では、結婚相談所に登録する人はどんな人なんでしょうか?

安定した収入のある独身者(男性の場合)

男性の場合は、安定した収入のある人でないと入会できません。

その収入を証明するために収入証明書として、会社勤めの方は『源泉徴収票』、自営業の人は『確定申告書』が必要です。

※収入は、女性が男性を見極める際にとても重要な要素なので、厳格にチェックされます。

でも、この制度のおかげで女性は安心して入会することができます。

ただ、自営業者の場合、税金対策として自分の収入を下げるための節税対策をしている場合もあります。
この場合、困りますよね。
実際の収入はとても多いのに、意図的に低く下げている、どうしたらいいのか?

この点を注釈で対応してくれるのが、パートナーエージェントです。
自己紹介欄に、『節税対策のため収入を抑えている』と一筆書いてくれるのが特徴です。

その他の結婚相談所ではこのような対応をとってくれませんので、自営業者の方で、年収がネックになっている人は、パートナーエージェントを検討してみるのも良いでしょう。

独身証明書が必要

結婚相談所を利用する人が既婚だったなんて、絶対にあってはいけないことです。
そのため、独身であることを証明するための『独身証明書』が必要です。

独身証明書は、ご本人が市区町村で戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を持って手続きをすれば取得できます。

この制度のお陰で既婚者が遊び目的で結婚相談所を利用することができません。

では、実際に結婚相談所で素敵な出会いはあるのか?

結婚相談所を利用する人は、普段は仕事が忙しくてなかなか出会いを探せない人たちが利用していますので、あまり恋愛に慣れていない人が多いのは事実です。

でも、恋愛に慣れていない=ブ男、ブスというわけではありません。

一見野暮ったいけど、磨くとすごくカッコイイ、美人という人が多いです。

一度、結婚相談所で会員の写真をサンプルで見せてもらうと分かりますが、

『こんな美人、美男が結婚相談所を利用してるのか!』

と驚きます(笑)

結婚相談所はあくまで、出会いのコーディネートと相談の場です。

婚活パーティで出会う、婚活サイト出会う、紹介で出会う、など出会いの延長の1つの手段に結婚相談所があると考えるのがフツーです。

結婚相談所の最大のメリットは、気になった人とまず会える点

婚活サイトや婚活アプリの場合、出会うまでに時間がかかるのが大きなデメリット

1,相手を探す
2,いいね!を送る
3,いいね!を返してもらう
4,メッセージのやりとりをする
5,LINEの交換をする
6,初デートを約束する
7,出会う

この中で最も手間なのが、
4,メッセージのやりとりをする
5,LINEの交換をする
です。

このメッセージのやりとりとLINEのやり取りが、まださほど気持ちの高まっていない時に複数のお相手と同時に行うのは、めっちゃ時間がかかり、めっちゃ大変です(笑)

しかもせっかく6の初デートに取り付けてもすっぽかされることもたまにあります。
もう、泣きたくなります。。

結婚相談所の場合はまず会える

結婚相談所の場合、お相手を探して会ってみたいとアピールすれば、
相手からOKと返事が来ればすぐに会えます。

しかも、初回のデートの時は、プライバシーが守られます。

特に、パートナーエージェントや、ゼクシィ縁結びカウンターIBJメンバーズの場合は、
初回のデートのルールでは、

『互いの連絡先交換は不可能』
『名前も下の名前のみ』

となっています。

また、もし合わないな~と思っても担当者に連絡すれば、お断りの連絡をしてくれるので、気まずさは残らないのが特徴です。

そのため、気軽に出会えて、気が合わなければ直接断る必要がないのが、より多くの人と会える理由です。

結婚相談所を選ぶ時の忘れがちな注意点

でも、結婚相談所を選ぶ際に忘れがちな点が2つありますので気をつけてください。

1,会員の循環が大事

ずっと同じ会員が長くいるということは、ひょっとすると『休会』している可能性があります。

ツヴァイ楽天オーネットは、格安の休会制度があります。

ツヴァイは1500円/月、楽天オーネットは500/月支払えば、その月は休会できます。

他の結婚相談所では見られないサービスです。

一見、これはとても良い制度に見えますが、大きな落とし穴があります。

気軽に休会できてしまうため、全会員1/4~1/3は休会中の会員です。
楽天オーネットを見ると、会員数46,638人中、休会が12,918人もいます。
その割合はなんと28%です。

休会という制度は、気軽に休会できてしまう分、会員が循環せず、また結婚まで長引いてしまう可能性が非常に高くなります。
結婚したいと決めたら短期決戦(1年以内)を決める覚悟が必須です。

2,福利厚生で利用する会員が多いと会員が本気度の低い会員もいる。

ツヴァイは2000社を超える法人の福利厚生サービスで利用できるため、安定した企業の社員さんが多いというメリットもある反面、安く利用できるため本気度が低く、休眠(正式に休会しているのではなく放置)している会員がいるのも事実です。

その点で言えば、IBJメンバーズパートナーエージェントゼクシィ縁結びカウンターは循環がとても良いのが特徴です。

特に、パートナーエージェントゼクシィ縁結びカウンターの場合、は早く成婚退会してもらうために、的確なアドバイスと、性格診断に基づく紹介、そしてコンシェルジュからの励ましもはいりますので、心が折れたり惰性になることはありません。

結婚相談所での出会い方、紹介方法は?

基本的に出会い方は次の3つです。

1,担当コンサルタントからの紹介
2,性格診断などに基づく提案
3,自分で検索
4,結婚相談所主催のお見合いパーティ

結婚相談所によってどこに注力しているのかは大きく違います。

1,担当コンサルタントからの紹介に注力している結婚相談所
2,性格診断などに基づく提案

ゼクシィ縁結びカウンター(スタンダードプラン)
パートナーエージェント
IBJメンバーズ

この3つはデートの後のフィードバック(どこがダメでフラレたのか)がしっかりしており、
次のデートに向けて自分を改善したいという人にはピッタリです。
フィードバックがないと改善のしようがないので、数をこなすだけでなく、相手から見られる自分を変えていきたいという人向けです。

3,自分で検索

ゼクシィ縁結びカウンター(シンプルプラン)
ツヴァイ
楽天オーネット

楽天オーネットツヴァイは、会員数の多さが特徴です。
デートの後のフィードバック(どこがダメでフラレたのか)はありませんが、
結婚に本気な人を自分で積極的に探して会いたいという人にはぴったりでしょう。

まとめ:結婚相談所で幸せな出会いに恵まれる人は?

どんな人とどんな家庭を築きたいかが明確

結婚後にどんな家庭を築きたいのか、そしてそのためにはどんな人が良いのかという点が明確な人ほど、相手をしっかり見極められるので、幸せな出会いに恵まれます。

そのイメージを引き出せるかどうかが結婚相談所の腕の見せ所です。
そのヒアリングの上手さを順序で言えば、

1,パートナーエージェント
2,ゼクシィ縁結びカウンター
3,ツヴァイIBJメンバーズ

でした。

結婚相談所を利用することに、敷居の高さを感じている人もまだまだ多いかもしれませんが、今結婚相談所の利用率は急上昇しています。

リンク:結婚相談所の利用は恥ずかしい!?そんな考えでは人生を損してしまう5つの理由

だから、まずは資料を見るか、無料相談に行って婚活市場の話を聞いてみるだけでも楽しめます。