ペアーズで『いいね!』がもらえない、またはマッチングしない男性と女性に共通して言えることは、プロフィール作成する際に相手のことを考えずに自分本位で書いていることが原因です。

特に、マッチングしないと悩む男性が多いのは、女性は待ちでも男性が声をかけますが、男性は女性に声をかけて、自分に興味を持ってもらう必要があるというのを分かっていないからです。

写真から自己紹介まで、どういう思考で考え書くべきなのかを説明しましょう。
基本的に男性がプロフィールをどう書くべきかを解説していきます。

ペアーズでは写真で興味を引けるかが勝負!

メイン写真で釣る

メイン写真の目的は、ズバリ『女性の目を引くこと』です。

いいね!がもらえない、意中の女性とマッチングしないという男性の大半は、メイン写真が悪いです。

メイン写真は、女性が男性を始めて目にする写真です。

キレイ事を抜きに言いますが、
『男は顔じゃない』というのは、『性格が良い』ということがわかっている前提の話です。

『どんな人かわからない』状態では、間違いなく顔で判断されます。

だから、メイン写真が重要です。

メイン写真は、女性が検索をかけた時に一覧でならびます。

そのため、奇跡の1枚を用意してください。

■詳しくはこちら↓
ペアーズでいいね!を激増させるプロフィール写真3箇条

サブ写真でキュンとさせる

サブ写真の目的は、『目を引く』ことではありません。

メイン写真とは違う一面を見せることで、女性にキュンとしてもらうことです。

そのため、メイン写真で優しさを出しているなら、
サブ写真では落ち着いた写真を出しましょう。

メイン写真で明るい爽やかさを出しているなら、
サブ写真では優しさを出しましょう。

メイン写真とサブ写真は、ただ顔を出すのが目的ではありません。

『自分自身のことをよく理解してもらうこと』が目的です。

>>運命の相手を見つたいなら

ペアーズではプロフィールで足切りをクリア

プロフィールは『pairsプロフ』『詳細プロフ』の2つに分かれております。
まずは、この2つを説明します。

pairsプロフ

pairsプロフは、自分自身の『身長』『体型』『血液型』『居住地』『出身地』『職種』『学歴』『年収』『タバコ』の9項目で構成されております。

この項目の中で特に相手が見る個所は以下の5項目です。

『身長』『体型』『居住地』『年収』『タバコ』

その中で『身長』『体型』『居住地』『タバコ』は足切りとして判断されます。

『背の低い人はイヤ』
『太っている人はイヤ』
『遠い人はムリ』
『タバコ吸う人はムリ』

などです。

たまに身長や体型でサバを読む人がいますが、
1~2cmぐらいなら許容範囲ですが、5cm以上サバを読むと会った際にバレますので、
止めましょう。

そして、加点要素として判断される項目は

『年収』です。

しかし、女性もバカではありません。

ときどき男性のプロフィールで、20代半ばで年収1000万以上としている人がいますが、ほぼウソだと分かりますので止めましょう。

ペアーズの詳細プロフ

基本情報

『ニックネーム』『年齢』『兄弟姉妹』『国籍』『話せる言語』

この項目で特に、サバを読みたくなるのが『年齢』ですが。

残念ながらと言いますか、安心してくださいと言いますか、
『年齢』はFacebookの情報をそのまま引用しますので、
ウソはつけません。

恋愛・結婚について

『結婚歴』『子どもの有無』『結婚に対する意思』『子どもが欲しいか』『家事・育児』『出会うまでの希望』『初回デート費用』

この項目は、『結婚歴』『子どもの有無』以外は、
自分の正直な気持ちを書きましょう。

『結婚歴』『子どもの有無』については、ウソはつかないことをオススメします。

最初に『結婚歴』『子どもの有無』を明確にしていないと、後でわかった際に相手が離れて行くというのはよく耳にします。

また、逆に『結婚歴』『子どもの有無』については、絶対に記載する必要のある項目ではありませんので、空白のままでも結構です。

しかし、その場合、相手に悪い予測をさせてしまうことは覚悟しておきましょう。

『結婚に対する意思』『子どもが欲しいか』『家事・育児』

この3項目については、正直な気持ちを書かないと、例えマッチングしても、その後に相手と意見が合わなくなり、結局は別れてしまいます。

ペアーズを使用する限りは、真面目に婚活しているはずですので、
『結婚に対する意思』は『2~3年のうちに』『よい人がいればしたい』のいずれかが無難です。

逆に20代前半でペアーズを使用する場合は、『今のところ結婚は考えていない』でも大丈夫です。

また、『子どもが欲しいか』については、基本的に『はい』にしておきましょう。

ただ、相手の年齢が30代後半以後の場合、子どもが難しい可能性もありますので、
『わからない』にしても良いでしょう。

『家事・育児』は、男性がウソをつくところです(笑)

家事をしたくないのに、『積極的に参加したい』と書いても、結婚後にケンカが勃発します。

『できれば参加したい』ぐらいが無難でしょう。

ペアーズでの『初回デート費用』は、男性の場合は、『男性が全て払う』、
女性の場合は、『割り勘』にしておきましょう。

女性が気持ち的に男性に出して欲しいと思っていたとしても、
『男性が全て払う』を選ぶと押し付けがましく見えてしまいますので気をつけてください。

性格・趣味・生活

『性格・タイプ』『社交性』『同居人』『休日』『お酒』『好きなこと・趣味』

この項目は基本的にどれを選んでもあまり問題はありませんが、
次の2つの項目だけは注意してください。

それが『お酒』と『好きなこと・趣味』です。

男性も女性も『お酒』は『ときどき飲む』が無難です。

ペアーズでは『飲む』と『ときどき飲む』『飲まない』の3つです。
そのため、『飲む』と書くと、
女性の場合は、オッサンのイメージ
男性の場合は、酔っぱらいのイメージ
を持たれます。

また、『好きなこと・趣味』は、自由に記載できるのですが、
『お金が掛かりそうな趣味』と『オタクな趣味』は止めましょう。

百歩譲って、女性はOKですが、男性は絶対に止めましょう。

自己紹介文で信頼を獲得!

ペアーズの自己紹介文は、最後に読まれて、いいね!してもらえるかどうかの最後の関門となります。

仕事の内容

男性も女性も仕事の内容は、個人情報を掲載しない範囲でなるべく分かりやすく書きましょう。

専門職の人ほど、『SE』や『栄養士』で終わらせておりますが、
はたから見るとどんな仕事なのか想像が付きません。

自分の仕事している様子が相手に伝わるように書きましょう。

特に女性は男性のプロフィールを読んで仕事姿を想像することに萌えます。

頑張っている様子が文面から伝わるように書くのがポイントです。

恋愛観をより詳細に

恋愛観とは、自分の恋愛に関しての考え方です。

ここは、『相手にこうあって欲しい』と思う内容を書くのではなく、
『ココだけは譲れない』という最低限のラインを書くようにしましょう。

ペアーズの自己紹介欄で『こうあって欲しい』を書き出すとキリが無くなり、
読んでいると、『お前は何様だ』となってしまいます(笑)

まとめ:プロフィールへの訪問からマッチングまでを一連の流れで考える

ペアーズでは、メイン写真を見てもらってから自己紹介を読み、
いいね!を押して、マッチングする。

この1つ1つをバラバラで考えるのではなく、
一連の流れとして捉えて、どうすれば次のステップへ移ってくれるかという点を意識してプロフィールは作成しましょう。

ココまで考えてプロフィールを作成している会員は少ないので、
それだけで他の会員に比べて大きな差別化になります。

>>自分にとって1番の人を探す