ブライダルネットなら50代でもパートナーが見つかる

いきなり結論を言ってしまいますが、50代の女性が婚活するなら絶対にブライダルネットを使うべきです。
強くおすすめします。

ネットを利用した婚活はここ1~2年で急増しており、老後を一緒に2人で過ごせるパートナーを探すために婚活サイトに登録している50代の男性だけでなく女性も多くなっています。
でも厳しいようですが、婚活サイトの中でも会員数が多いことで有名なペアーズやOmiai(オミアイ)などを使ってパートナーを探しても50代では出会える確率はほとんどありません。
ハッキリ言えばほぼ出会えないと思ってください。

その理由は、年齢と料金です。

ペアーズやOmiai(オミアイ)のユーザーの年齢は20代~30代で80%を占めているため、50代の男性や女性はほとんど相手にされません。
また、ペアーズやOmiai(オミアイ)では女性は無料で利用できます。
そのため、会員数が多い割にとりあえず登録して放置するという『休眠ユーザー』がたくさんいます。

50代の人が出会うポイントはここです。
50代の男性、女性が出会うには会員ユーザーの年齢も自分の年齢と近いことがポイントなんです。

理想は40代以上の年齢の割合が40%以上いること。

数ある婚活サイトの中で会員ユーザーの年齢が40才以上の割合が40%以上いるのがブライダルネットとマリッシュです。

そのため50代以上の男性と女性が真剣な出会いを探すなら、ブライダルネット、もしくはマリッシュがおすすめです。

その中でも婚活サイトを初めて使う初心者向けのフォローやサービスを特にしっかり行っているのがブライダルネットです。
また再婚、バツイチ、シングルマザー向けに特典を就けているのがマリッシュです。

婚活塾として実際に各婚活サイトの年齢を調べてみましたので、その結果を公開します。

50代の人向けの婚活サイト

こちらのグラフを見てください。
これは、婚活サイトごとの年齢層を表したグラフです。

ペアーズやOmiaiは20代から30代前半がほとんどで、50代以上になるとごくわずかです。
50代の女性と交際を希望する男性は、基本的には50代以上がほとんどで、残りは落ち着いた女性を好む再婚やバツイチの40代後半の男性です。

だから、50代の人が婚活するなら、40代後半以上の人が多い婚活サイトを使わないと出会えないのです。

その40代後半から50代以上が多い婚活サイトが次の2つです。

>>婚シェルサービスのあるブライダルネット

>>再婚・バツイチ・シンママ専用のマリッシュ(marrish)

この2つの中でもブライダルネットは特におすすめな根拠があります。
その根拠を紹介します。

ブライダルネットで50代の女性が出会える7つの理由

結婚への真剣度が高い!

ブライダルネットは、男性、女性ともに有料な上に、運営元が結婚相談所の最大手のIBJなので登録される会員は、結婚相談所に入会するほどのお金はないけど、真剣に出会いを探している男女が集まっています。

また、運営元の結婚相談所最大手のIBJは上場企業なので個人情報の保護が万全です。
プライバシーマークも取得しているので、同じ社内のスタッフでもブライダルネットに関わっているごく一部の人にしか入会者の情報に触れることはできません。

そのため、安心して婚活ができます。

成婚率50%の結婚相談所でノウハウを学んだ「婚シェル」による高確率マッチングを実現するサポート

結婚相談所最大手のIBJでたくさんの婚活を支援してきた『婚シェル』と呼ばれる担当者が1人1人に付いて、婚活をサポートしくれます。

私も実際に試しに婚シェルに質問してみたことがあります。

私『どのタイミングでLINEを交換したら良いですか?』

婚シェル
『お問い合わせありがとうございます!
 親しくなるタイミングは人それぞれですが、マッチングして1週間ぐらい経過したら一度、LINEの交換をする方が多いようです。
 その際、LINEの方が使い慣れているから、と伝えれば気軽にお相手様もLINEを交換してくれますよ。』

こんな感じで直ぐに返信がきました!

もちろん無料で何度でも使えるサービスですから、婚活サイトが初めての人でも、交際までしっかりサポートしてくれます。

1日1回以上ログインするアクティブ率が格段に高い!

ペアーズやOmiaiのように女性が無料の婚活サイトは、一見すると女性にとってお得に感じるかもしれません。
でも、実際のところ女性は無料になると、登録はするけど放置するという人がほとんどです。

我々、婚活塾の編集部でも3日以上ログインしていない休眠会員の割合を調査してみましたが、なんと7割以上の会員が休眠状態でした。
男性視点で考えると、これほど休眠している女性が多いと、婚活サイトを使うメリットありません。

そのため、ゼクシィ縁結びやブライダルネットへ切り替えが進んでいます。
男性はどっちみち有料なんで、ペアーズやOmiaiを使おうがゼクシィ縁結びやブライダルネットが金額的にはほとんど変わりません。

それなら休眠の少ないアクティブ率の高い婚活サイトを使ったほうがお得、となるんです。
実際に、ブライダルネットで1日1回以上ログインするアクティブ率の高い人の割合は8割以上とほとんどのユーザーが毎日ブライダルネットにログインしていることが分かりました!

大学卒業以上が70.6%と学歴の高い男性が多い!


学歴で男性の全てが分かるわけではありませんが、やっぱり学歴が合ったほうが就職や転職でも有利ですし、年収も高くなる傾向があります。
ブライダルネットを利用している男性の70.6%と10人中7人以上が大学卒業以上ですので、親や友人に自慢できる学歴ですから安心して紹介できます。

男性の年収500万円以上の割合が60.4%と高い


民間給与実態統計調査によると
男性50代の平均年収:496万4000円です。

ブライダルネットでは、男性の60.4%が年収500万円以上で、37.8%は年収600万円以上です。
つまり、10人中6人が日本の男性50代の平均年収を上回っています。

お金よりも愛情が大事という人もいますが、経済力がない男性と交際、結婚すると生活が苦しく、旅行などができず非常に退屈でつまらない結婚生活になってしまいます。
また、もしバツイチ・シングルマザーで子供がいる場合、子供が病気やケガになった時に、治療費を払えないことになると幸せが壊れてしまいます。

50代の男性と女性が結婚を考えて真剣に婚活するなら必ず相手の男性の年収を確認しましょう。

40代の割合が34.8%と高い!

ブライダルネットは男性のボリュームゾーンが40代以後に大きく広がっているため、50代女性にとって非常に出会いやすくなっています。

自分より若い男性が良いという50代の女性もいますが、50代になって40代前半の男性と交際すると、『子守り』する気分になりますよ。
実際に、50代の女性が5歳以上年下の男性と付き合うと、男性が甘えようとするので頼りない年下のパートナーに愛想を尽かすというパターンで別れることになる割合がとても高くなります。

だから、50代の女性は年下の男性と言えど、40代後半ぐらいを狙うのがおすすめです。

恋人ができて退会した割合が1番高い!

婚活サイトは、出会える実数が大事ですので、どこの婚活サイトも累積会員数やマッチング数をアピールしています。

でも、もっと大事なのが、『恋人ができて退会できた割合』です。

結婚相談所でも「成婚=婚約」ではなく、「結婚を視野に入れた交際」を成婚カップルとしてカウントしているケースがほとんどです。
基準を統一するため、婚活サイトも同様に「結婚を前提とした交際」段階で数値を出しているため、恋人ができて退会できた割合を調査しましたので計算方法と合わせて比較してみました。

大事なのはマッチングではなく交際!
婚活サイトやマッチングアプリを利用する上では、交際の「数」だけでなく「確率」も重要になります。「公表されている恋人ができた人数÷ログインしている会員数」で期間を合わせて計算すると、およそ推測することができます。

ブライダルネットは一般的なマッチングアプリより恋人が見つかる確率が6~7倍も高いことがわかりました。

サービス・会員の質・料金と合わせて、真剣に交際するカップルがどれくらい生まれているかチェックされることをおすすめします。

ブライダルネットがこれほど恋人ができる確率が高い理由こそ婚シェルによる個別サポートがあることです。
婚シェルのように婚活サイトの運営元がサポートしてくれるサービスがある婚活サイトは『ブライダルネット』か『ゼクシィ縁結び』の2つのみです。

だから50代の女性が婚活サイトを使うなら、次の3つがおすすめです。

婚シェルサービスのあるブライダルネット

>>婚シェルサービスのあるブライダルネットの詳細はこちら

>>再婚・バツイチ・シンママ専用のマリッシュ(marrish)の詳細はこちら

>>コンシェルジュのサポートと婚活成功保証のあるゼクシィ縁結びの詳細はこちら

50代、アラフィフで婚活サイトを利用して理想のパートナーと出会えた人の特徴

アラフィフ(50歳前後)になると、男性・女性ともに出会いの数も減ってきます。

また、特に女性は子供よりもこの先ずっと1人で行きていくことへの不安感を感じ始める人も多いと思います。

自分は取り残されたのではないか?
自分はもう結婚できないのではないか?

私の周りを見ていても、そう思いつめてしまう人は少なくありません。

でも50代、アラフィフで婚活している男性や女性は意外と多いのですが、結婚という形式だけにこだわっているわけではありません。

『生涯のパートナー』として、お互いが籍を入れずに支え合うというカップルとしての形もあります。

大切なことは形ではなく、お互いが真剣に将来を考えて幸せを築けるかどうかです。

生活を共にすることが必ずしも幸せにつながるとは限りません。
別の住居をもちながら定期的に会うという生涯のカップルとしてのパートナーも未来の夫婦のあり方かもしれません。

だから、重たく考えすぎずにまずは生涯のカップルとしてのパートナーを探してみましょう。

結婚相談所が運営している恋人ができる確率の高いブライダルネットを使ってみる

上でも書きましたが、ブライダルネットは結婚相談所の最大手IBJが運営している婚活サイトです。

真面目な出会いを探しているから結婚相談所に入会したいけど結婚相談所に支払うお金が無い男性と女性のためにできました。

だから、ブライダルネットはほかの婚活サイトと違って、活動するには男性も女性も有料です。

ただ男性も女性も有料なので、登録したけどぜんぜん活動せずに放置している人はほとんどいません。
つまり、46万人の会員のほぼ全員がアクティブに活動しているので、ペアーズやOmiaiよりもずっと出会いやすくなっています。

しかも、運営元が結婚相談所のため本人確認がとても厳格です。
一般的な婚活サイトは法律的には年齢確認が取れれば運営できるのですが、ブライダルネットは自主的に厳しくしており、年齢確認+本人確認まで行っています。

また、男性は有職者、つまり会社に勤めなどの安定収入がないと登録できませんので、女性はとても安心です。
男性からしても女性が有料であるおかげで冷やかしはいないと分かっているので真面目に出会いたい男性が集まっており、会員の9割が20-30代にもかかわらず男性会員の34.1%は年収が600万円以上と高収入です。

また、実際に結婚相談所で婚活をサポートしてきた「婚シェル」と呼ばれるプロに婚活のアドバイスと相談を受けることができます。
もちろん婚活のアドバイスと相談は無料です。

真剣に婚活しているけど結婚相談所に入会するほでもない、
でも結婚相談所に近いレベルの真剣な男性と出会いたい、そんな女性にはとってもおすすめです。

もちろん登録は無料ですから、まずは無料登録してから相手をさがしたり、使い勝手をためしてから有料会員になるか考えましょう。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

年齢確認を行わないと“ひやかし”と思われて『いいね!』がぜんぜんもらえません。
だから、年齢確認だけは行っておきましょう。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら