ブライダルネットは退会が大変という都市伝説がいろいろなブログで紹介されています。
でも、それは古い情報です。

2018年4月現在、ブライダルネットから退会する方法はめちゃめちゃ簡単です。

ただ、ブライダルネットは、会員の種類がプラチナメンバーとビジターメンバーの2つあり、退会するための手続きに正しい流れがあります。

ブライダルネットに登録したけど、他のマッチングアプリや婚活パーティーで良い人と出会って結婚する相手が決まったという人は、以下の手順で正しく退会しましょう。

退会の手順を間違えたり、退会と休会を間違えるとずっと課金され続けるという面倒なことになってしまいますから気をつけてくださいね。

間違えると損する!正しい退会の手順

1,プラチナメンバーの利用停止手続き

『プラチナメンバーの利用停止手続き』とは、簡単に言えば、有料のプラチナメンバーから無料のビジターメンバーへの移行手続きのことです。

退会したいときには、まず課金を止める手続きが必要というわけです。
では、説明します。

1)よくある質問>プラチナメンバー利用停止・退会についてをクリック

2)プラチナメンバーを利用停止するには?>【お問い合わせ】

3)ブライダルネット事務局にお問い合わせをクリック

4)新規のお問い合わせ>『その他』をクリック

内容に『利用停止の希望』と件名に書いて、『利用停止をお願いします。』と一筆書いて送信しましょう。

以上の手続きで無料のビジターメンバーへの移行手続きは完了です。
手続き完了後すぐに(即日)ビジターメンバーに移行しますので、その点は注意してください。

次に、無料であるビジターメンバーからの退会を行います。
この手続を終えると、ブライダルネットに載せた写真や自己紹介は全て消えて、ログインできなくなりますので注意してください。

2,ビジターメンバーから退会

1)よくある質問>プラチナメンバー利用停止・退会についてをクリック



ここまでは同じです。

2)プラチナメンバーを退会するには?>退会フォーム

3)退会フォーム>退会理由を選択>退会手続きを続ける

4)『退会手続きを続ける』をクリック

5)アンケートに回答する

退会前にブライダルネットの退会理由のアンケートに回答します。
全10項目あります。
Q7、9、10の3つ以外は選択式ですので、3分もあれば全て回答できます。

Q1.ブライダルネットでお相手は見つかりましたか?
はい・いいえ

Q2.ブライダルネットで良かったサービスを教えてください。
プロフ、コミュニティー、いいね機能、証明書提出、日記、メッセージ、婚シェル、特になし、その他

Q3.ブライダルネットであまり利用しなかったサービスを教えてください。
プロフ、コミュニティー、いいね機能、証明書提出、日記、メッセージ、婚シェル、特になし、その他

Q4.ネット婚活以外にどのような婚活をされていましたか?
恋活アプリ、街コン、結婚相談所、合コン、婚活パーティー、その他

Q5.どのぐらいの頻度でブライダルネットをご利用されていましたか?
毎日、週2〜3日程度、週1回程度、2週に1回、月1回、その他

Q6.他の婚活サイトではなく、ブライダルネットをお選び頂いた理由
安心感がある
知名度が高い
ソーシャル婚活
デザインが好き
紹介された
評判が高い
キャンペーンが魅力
会員層
その他

Q7.よろしければ、お相手との交際についてもう少し詳しく教えてください。
お相手のニックネーム

Q8.すでに結婚を意識されていますか?
はい・いいえ

Q9.お相手のどのようなところに惹かれましたか?

Q10.最後に、ブライダルネットの感想を教えてください。

最後に『確認する』をクリックして送信します。

以上でビジターメンバーからの退会も完了です。

退会のプロセスが2段階になっている3つの理由

1,毎月の課金の手続きを確実に止めるため

2,誤って退会してしまうのを防ぐため

3,退会前にもう一度考え直してもらうため

ブライダルネットは、有料のマッチングアプリです。
毎月、クレジットやスマホアプリからの引き落としのため、料金を支払っていることを忘れている方もいます。

そのまま課金手続きだけが残ってしまうと、クレームに繋がる可能性があるのでまずは無料のビジターメンバーに移行する必要があるそうです。

また、スマホで操作できてしまうため誤操作で退会してしまったり、婚シェルや日記などの出会えるきっかけを増やすサポートを利用せずに退会してしまうのを防ぐために2段階になっています。

実際に、私に相談にくる人でも退会したいという理由を聞くと、ブライダルネットの活動がうまくいかないという人が半分以上です。

そういう場合は、婚シェルに相談してみることをおすすめします。

ただブライダルネットを半年以上使った私の意見ですが、ブライダルネットは退会するのは結婚相手が決まった時だけにしておいたほうが無難です。

ブライダルネットには、退会以外にも『休会』と『ビジターメンバーを保存』という2つの方法があります。

その2つをご紹介します。

休会の方法と注意点

休会の方法

休会というのは、ブライダルネットでの婚活をその名の通り、『休む』という手続きです。

休会の手続きはマイページに入って以下の画面から休会ボタンを押せば完了です。

休会すると、相手からもらったメッセージは読めなくなります。
相手の写真も見れなくなります。
日記も見れなくなります。

ログインすると以下のような画面が出てくるのです。

でも不思議なことに、活動は一切できないのにお金がかかってしまうということですね(笑)

大阪弁で言えば『なんでやねん!』ですね(笑)

結論から言えば、休会のメリットはほとんどなにもありません。

休会の注意点

月会費はずっと課金されるという最大のデメリット。

ブライダルネットの公式のQ&Aには次のように書かれています。

『1,プロフ情報が非表示に
他のメンバーから検索されませんし、閲覧されません。

2,プロフィールや活動データは保存されている
データは削除されず残っているので、いつでも再開可能な状態になっています。』

でも、プロフィールなどはビジターメンバーでも残りますので、ますます休会のメリットはありません。

ではビジターメンバーになるとどんなデメリットがあるのか?

ビジターメンバーへの移行の注意点

1,ビジターメンバーになるので料金はかかりません。

ビジターメンバーは無料です。
だから、料金は一切かかりません。

でも、相手の写真が見れなくなり、連絡先の交換もできなくなります。

いいね!が成立していた場合(マッチング成立)でも解消されずにずっと残ります。

それだったら、いつかプラチナメンバーとして再開した時にまたメッセージを始められる!
と思った方は甘いです。

何ヶ月も連絡のやりとりをせずに放置していたら、相手からも忘れられて無視されます。
だから、いいね!が成立していたとしても忘れましょう。

2,すぐにプラチナメンバーとして再開できる

プロフィールや写真はそのまま残っているので、良い出会いがあって交際に結び付いたとしても、別れた後に再度プラチナメンバーとして活動したいと思ったら、すぐにコース変更を行ってプラチナメンバーとして再開できます。

これが、『退会』してしまうと、「メンバー登録」「プロフ登録」などをゼロから作る必要があります。
ビジターメンバーとしての地位だけ残しておけばその必要はありません。

実際に、ブライダルネットを利用した男性、女性の体験談を見ると、ブライダルネットをキレイさっぱりと退会する人はごく一部で、結婚相手が確定するまではビジターメンバーのまま残しているという人が比較的多くいました。

私もその方法をおすすめします。

最後に退会のタイミングについての注意だけ説明しておきます。

退会のタイミングと料金の課金についての注意!

有料のマッチングアプリは、クレジットやアプリ決済なので『有料期間の終了日』が近づくと『自動更新』されて勝手に課金されてしまいます。

だから、退会するなら『自動更新』で料金が発生する課金のタイミングを覚えておくことが大切です。

続ける気がないのにたった1日ずれただけで3,000円課金されたらそれだけ損するなんてバカラらしですからね

退会のタイミングと料金の課金の注意1:入会基準日の確認

入会基準日なんていう法律用語みたいなのがでてきましたが、要はブライダルネットと『プラチナメンバー』としての契約が成立した日という意味です。

だから、『ブライダルネットを始めた日』ではありません。

クレジットカードの番号を入力して支払いが完了した日のことを入会基準日といいます。

仮にその日が3月15日だとして説明を続けます。

退会のタイミングと料金の課金の注意2:退会は入会基準日の1日前まで

次の課金のタイミングは翌月の同日です。
つまり4月15日です。

そのため、4月14日までに無料のビジターメンバーに移行する手続きを完了しておきましょう。

スマホでもカレンダーでも良いので毎月の入会基準日にチェックを入れておきましょう。

そこさえ気をつければ1ヶ月分のお金を損することはありません。

以上見てきたとおり、ブライダルネットは退会の手続きそのものは2段階ありますが決して難しいわけではありません。

ただタイミングだけ気をつければよいだけです。
いつでも再開はできます。

最後に、ブライダルネットを含めたマッチングアプリで理想の相手と出会うことができた人がどのようにマッチングアプリを使っていたのかをご紹介します。

マッチングアプリで出会う3つのコツ

2~3のマッチングアプリを併用する

理想の出会いを見つけた人はから聞くと、ゼクシイ縁結びやomiai(オミアイ)などの2~3のマッチングアプリに併せて登録しておくことが出会えるコツです。

最初に出会った1つのマッチングアプリだけに登録するというのはとても非効率的です。

だから、これから始めるなら、

ブライダルネット、ゼクシイ縁結び、omiai(オミアイ)の3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なんでか、婚活サイトは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからブライダルネット、ゼクシイ縁結び、omiai(オミアイ)を使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って1ヶ月だけ様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきた婚活サイトだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活サイトに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

冷やかしと思われないように必ず年齢確認を行う

マッチングアプリで、冷やかしかどうかを確認する一番簡単な方法が『年齢確認』を行っているかどうかです。
実は、マッチングアプリは、異性が年齢確認を済ませたかどうかを見れてしまうんです。

マッチングアプリは無料で登録できますが、女性でも本人確認・年齢確認を済ませないと男性とメッセージのやり取りができません。

だから、本人確認・年齢確認を済ませていない女性は、男性からすると
『本気で出会いを探していない冷やかしなんだな』
と思われてしまいます。

だから、『本人確認済』『年齢認証済』は必ず済ませておきましょう。

運転免許証をスマホで撮影して、フォームから送信すれば完了です。
だから、まずは無料会員登録だけ済ませておきましょう。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

1ヶ月使って出会えなければ真剣度の高いマッチングアプリに乗り換える

それでもどうしても出会えないというなら、マッチングアプリを乗りかえましょう。

真剣度の高いマッチングアプリといえば、ゼクシィ縁結びとブライダルネットです。

この2つは、将来を見据えた真剣な出会いをサポートすることを目的にできたマッチングアプリで、どちらも有料のためとりあえず登録だけして放置しているという会員はほぼ皆無です。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら