金持ちと結婚したいと考えている女性はほぼ100%でしょう。
金持ちと結婚できたら大きな家に住んで、旅行もいっぱい行って、好きなことをやって生きていける♪

そう考えている女性がほとんどです。
でも、金持ちとの結婚は本当に幸せなんでしょうか?

今回は、いわゆる玉の輿に乗ることに成功した3人の女性に話をうかがいました。

今回、インタビューした3名の方々

春子さん(41才:専業主婦)
年収2,000万の医者と結婚

 

美玲さん(30才:スポーツインストラクター)
年収3,400万の経営者と結婚

 

和美さん(34才:華道講師)
年収1,700万の弁理士と結婚

 

どういう時に金持ちと結婚して幸せを感じるのか?
また、金持ちと結婚した後で知った意外な苦労などを挙げてもらいます。





金持ちの結婚で幸せを感じる時は?

金持ちとの結婚のメリット1位:好きなことができる

春子さん(41才:専業主婦)

アラフォー笑顔

ヨガを習いたいと言えばすぐやらせてくれるし、英語を習いたいと言えばすぐに通わせてくれる。
私がやりたいことでダメって言われたことは無いのが嬉しい。
今までやりたくてもお金が高くてできなかった和裁や着付けも習えるから正直、とっても充実しているのを実感できる。

好きなことができるというのは、お金持ちと結婚した人に共通している幸せな点です。
幸せはお金では買えないなんて言う人がいますが、実際、幸せに生きるためにはお金は絶対に必要です。

だから、みんな一生懸命働いてお金を稼ごうとします。

就職や転職の時には年収を気にするのに、結婚する時に年収を考えると不謹慎という理屈がおかしいのです。

堂々と年収が高い男性を選ぶべきなんです。

金持ちとの結婚のメリット2位:おおらかな人でわがまま言ってもキレない

美玲さん(30才:スポーツインストラクター)

アラサー笑顔

スポーツインストラクターは、仕事で遅くなりがちです。
夜の10時に閉店となったら帰宅は11時ぐらいになりますが、帰りが遅くなったからと言って怒られたりしないのが嬉しい。
他の家庭だと奥さんを家政婦のように扱う人もいるのは聞いていますが、お金にゆとりがある人ほど怒る回数が少ないんじゃないかと思います。

中国では『衣食足りて礼節を知る』という言葉があります。
生活に安心できてこそ、心のゆとりを得られるという意味です。

経済的な安定がある人は、そうそうにキレません。
それどころか怒ることもほとんどありません。

金持ちと結婚した女性は、旦那さんが何でも受け入れてくれる包容力で本当の安心を得ています。

金持ちとの結婚のメリット3位:子供の教育や親の老後に不安がない

和美さん(34才:華道講師)

アラサー1笑顔

子供が大人になるまでに十分な教育を受けさせてやりたいと思っています。
地元の公立の小学校は荒れているから絶対に通わせたくなかったんです。
でも私立の学校は学費だけで年間100万円近くするからあきらめかけていました。
でも今はそんなことをぜんぜん考えなくてもふつうに私立に通わせられるのが嬉しいです。

きれいごとではなく、子供の教育にはお金がかかります。
奨学金を借りれば良いという人もいますが、日本の奨学金は結局、学生ローンです。
子供に過度な負担を強いて苦しい思いをさせながら学ばせたくありません。

将来成功するために勉強に投資したのに、それが元で破産なんて笑い話にもなりません。

参考:“奨学金破産”の連鎖で一家破産!?http://www.nhk.or.jp/gendai/special/26/index.html

金持ちとの結婚のメリット4位:仕事にストレスを感じたらすぐに辞められる

美玲さん(30才:スポーツインストラクター)

アラサー笑顔

仕事は楽しいですが、上司が変わると職場が嫌な空気になります。
正直辞めたいと思っても、生活がかかっていて辞められない子が多いんですけど、私の場合は辞めても生活はなんにも変わりませんから気軽に辞められます。
それに私がいくら稼いでいるかとか、主人はなにも聞いてこないし、生活費を出せとも言われないから全部、私の自由に使えるのが本当に嬉しい。

仕事は自己実現のためにやるか生活のためにやるか、それとも両方のいずれかです。
生活のための場合、セクハラされてもパワハラされても辞めるというのは難しいです。
でも、生活を旦那さんが稼いでくれているならいつでも気兼ねなしに辞められるし、辞めなくても言いたいことをハッキリと主張できるのは、お金持ちと結婚したメリットですね。

金持ちとの結婚で自分の自己実現のためだけに仕事をできるようになるという点も知っておきましょう。

金持ちとの結婚のメリット5位:友人に羨ましがられて勝ち組感がある

和美さん(34才:華道講師)

アラサー1笑顔

優越感はすごくあります。
誰に話してもすごく羨ましがられます。
勝ち組という言葉は好きではないですが、それでも勝ち組に入るのは気分が良いです。
同窓会にも堂々と出席できるので、昔の友人と会うのも楽しみです。

女性の9割以上は、良くて正社員の男性、悪いと期間雇用の男性と結婚します。
だから、正社員でも上場企業に勤めている男性と結婚できたら勝ち組と考えています。

でも、経営者や医者と結婚できたら比較にならない経済的、社会的に優位に立てます。

ただ羨ましがられるだけではありません。
人脈も変わります。

キレイごとなしに、仕事をがうまくいくかどうかの原因の半分ぐらいは人脈で決まります。
金持ちの旦那さんがいれば、旦那さんつながりの人脈を紹介してもらえば仕事もうまくいきます。

金持ちとの結婚のメリット6位:旅行の時はワンランク上のプランを使える

春子さん(41才:専業主婦)

アラフォー笑顔

年1回は沖縄に旅行に行っていますが、飛行機はビジネスクラス、泊まるホテルはプレミアムです。
今までエコノミーを選んで、何も考えず安いホテルを探していたのがウソみたいです。
何か食べたい時もお金を気にせず食べられるから本当に旅行を楽しめるのがうれしいですね。

旅行に行けるだけじゃなくて、旅行を全力で楽しめるようになるのも金持ちと結婚する大きなメリットです。

せっかく旅行に行ってもお金を心配してやりたいことを我慢していたらなんのために旅行に来たのか分からないですよね。

でも、お金持ちの旦那さんなら1食が500円だろうが3000円だろうがほとんど何も感じずに支払ってくれます。

現地でしか見れない作品や現地でしか体験できなサービスがあれば気軽に参加できるのはとても大きな喜びです。





金持ちとの結婚や玉の輿が大変な時は?

金持ちとの結婚が大変と感じる1位:出費も意外と多い

和美さん(34才:華道講師)

アラサー1困った

良いものを買おうとするクセが自然とついてしまうから出費が大きい。
もちろん収入が大きいから大丈夫なんだけど、この出費のクセが着いたら元の生活に戻れない自信がある。

必要なものにお金をかけるのは良いのですが、必要以上に生活水準を上げすぎると戻せなくなります。

だから金持ちと結婚して幸せな生活を維持したいなら、生活水準を必要以上に上げないことがコツですね。

特に品質は同じなのにムダにブランドの高いものを買うというのはおすすめしません。
品質が同じなら低価格のものを買う、このクセは覚えておきましょう。

金持ちとの結婚が大変と感じる2位:旦那が亭主関白で横柄な時もある

春子さん(41才:専業主婦)

アラフォー困った

主人は基本的に亭主関白ですね。
あまりないんですが、やっぱり主人の稼いだお金で自由にさせてもらっている分、横柄な態度を取られるときはあります。
イラッとしますが、そこは受け流しています。

専業主婦で、旦那さんが金持ちならある程度の亭主関白は受け入れるしかありません。

旦那さんのお金であなたは自由にできるわけですから。

専業主婦の言い分としては、

『家庭は私が守っているからあなたは外で安心して仕事ができる』

というのもあるでしょう。

正論だと思います。
でも、正論を貫き通してケンカして離婚する方が得か、旦那さんに機嫌よく働いてもらって自由に暮らす方が得か、そこは奥さんの判断によります。

金持ちとの結婚が大変と感じる3位:離婚したら生きていく自信がない

春子さん(41才:専業主婦)

アラフォー困った

正直言って、主人と結婚してからぜんぜん働かなくなってるから外で働ける自信がない。
子供もいるから1人で働いて、子育てしていくなんて絶対に無理。
しかも生活水準は一気に落ちるとなったら離婚できない怖さはあります。

あくまで離婚したらという前提ですが、生きていく自信がないという金持ちの奥さんはたくさんいます。

だから、そうなったときのために外で働くのを続けるというのは1つの方法です。

離婚原因が旦那さん側にあるなら慰謝料も取れるかもしれませんが、それでも基本的には自分の生活費は自分で稼ぐしかありません。

金持ちとの結婚が大変と感じる4位:見栄やプライドを張り続けるのが大変

和美さん(34才:華道講師)

アラサー1困った

世間が想像している『セレブ妻』を演じるのが大変です。
いつまでもキレイにしていなきゃいけないと勝手に思い込んでるのはわかってるんですが、どうしてもひと目がきになります。
だから、外に出て事務員として働きたくても陰口が怖くて働けません。

本当に思い込みなんですが、セレブ妻であり続けるのは大変なようです。

キレイでいないといけない
良い服を来ないといけない
余裕を見せないといけない

そんな自分勝手な妄想で苦しむお金持ちの奥さんはたくさんいます。
解決方法は簡単です。

最初からハードルを上げなきゃいいんです。
ふつうに振る舞ってふつうに生活しておきましょう。

もしセレブ婚の生活を始めてしまっていても気にすることはありません。

人はあなたが思っている以上にあなたのことに興味はありません。

ほとんどは思い込みで苦しんでいるだけです。

金持ちとの結婚が大変と感じる5位:会社経営をしていると景気が悪くなると不安になる

美玲さん(30才:スポーツインストラクター)

アラサー困った

会社の経営者は良くも悪くも景気の影響を受けます。
景気が悪くなった時は主人も落ち込みがちです。

会社経営をしているなら景気だけでなく、流行り廃りの波にも大きな影響をうけます。

家系を助けようと働きたいと思ってもやっぱり人の目が気になって働けないという女性もかなりいます。
生活水準を落とせないとか言ってもいずれ落ちます。

だから、そんなこと言っている場合じゃありません。
危ないと思ったらすぐにあなたも働く覚悟をしておきましょう。

参考:37歳「セレブ妻」が隠し続ける苦しい台所事情http://toyokeizai.net/articles/-/208312

金持ちとの結婚が大変と感じる6位:資産運用のために税金や保険の勉強は欠かせない

春子さん(41才:専業主婦)

アラフォー困った

会社員として働いていた時は、税金なんて給料から引かれていたからほとんど意識してなかったんですが、自営業の旦那だとモロに意識しますね。
収入の4割近くを持っていく国を恨みそうになります。
年収2,000万と言っても手取りは1,300万ぐらいしか残らないとなると、税金対策や保険をちゃんと考えていかないと損しますからね。

金持ちの夫婦の場合、旦那さんが稼いで、奥さんが資産運用しているという夫婦は意外と多いのが特徴です。

だから、資産運用講座なんかに行くと、女性の割合がとても高くなります。

これからの玉の輿に乗った女性もやりたいことをやって自由に生きるだけでなく、家計を守って資産を増やしていく取り組みも行う覚悟だけは持っておきましょう。