ネットでの出会いが常識になったことはデータに出てる!

『ネットでの出会いは、なんか怪しい』
『ネットで知らない人と出会うなんてちょっと怖い』

そう思っている人がいるかもしれませんが、実はその時点でかなり遅れてますよ。
ブライダル事業を営んでいるゼクシィマーケティングが2017年に調査した情報では結婚につながった恋愛の出会い方で衝撃的なデータが公開されています。

ネットで出会って結婚した人の割合は?

引用:ブライダル総研 婚活実態調査2017

2016年に結婚した人のうち、婚活サービスによって結婚した人の割合が表示されているのですが、そのうち婚活サイト(恋活サイト・アプリ、婚活アプリ含む)を利用して出会ったことがきっかけで結婚した人の割合は、37.7%です。

ほぼ10人に4人が婚活サイト(恋活サイト・アプリ、婚活アプリ含む)を利用しているという衝撃的な数字です。

婚活サイトや婚活アプリのようなネットで出会いを探すのは、体目的の出会い系サイトというイメージを持っているかもしれませんが、実は全然そんなことないんですね。

特に20代、30代で会社に勤めている社会人の男性、女性にとっては、出会いのきっかけとしてネットを利用するのはもう当然なんです。

出会いのきっかけがネットに変わっただけ

どうしてここまで婚活サイト(恋活サイト・アプリ、婚活アプリ含む)で出会いを探す人が増えたのか分かりますか?

20代、30代なら自分の胸に手を当てて考えてみて下さい。

戦後から1960年代の高度経済成長時代に生まれた親世代では『お見合い』が一般的でした。

近所や親戚で1人ぐらいはお節介おばちゃんがいて、頼んでもいないのに20代になるとお見合い情報を持ってきました。

それが、バブルが過ぎて21世紀になると働き手が少なくなり、男性だけでなく女性も社会に出て働くようになり、寿退社という言葉は死語となり、お見合いも廃れていきました。

出会いのきっかけは自分で探さないと見つからなくなった時代の到来です。
しかも出会いを探すと言っても、仕事が忙しく、長引くデフレで給料は上がらないのでお金をかけずに結婚に真剣な相手との出会いを探す必要があります。

そんな時に登場したのが『婚活サイト』です。

2013年ごろから少しずつ知名度が高まりましたが、実際に大きく飛躍したのは、ゼクシィが婚活サイト『ゼクシィ縁結び』をリリースした2014年12月18日からでした。

ゼクシィ縁結びは、その名の通り、ブライダル事業で有名な『ゼクシィ』が運営する婚活サイトです。

『あのゼクシィが婚活サイトをリリースした!』

このインパクトは強烈で、信頼のゼクシィブランドに乗って女性の登録者が急増しました。
そして、女性が増えたことで男性も増えていき、男性と女性が恋人を探す場所としてゼクシィ縁結びが使われるようになりました。

その後、ゼクシィが婚活サイトを始めたので、ネットでの出会いに対するマイナスのイメージが急降下し、婚活サイトを活用したネットでの出会いが広がっていきました。

ネットでの出会いについての口コミは?

実際にネットでの出会いについて口コミはどうなっているのかも調査してみました。

非常に的を得た意見ですね。

何もせずにただ『ネットでの出会いは不安』とか漠然とした理由で出会いを探さず愚痴を言っているだけで自然な出会いなんてくるわけがありません。

でも、いまだにガンコにネットでの出会いを活用しない人も本当にたくさんいます。
そんな人がどういう心理になっているのかも調査してみました。

ネットでの出会いを活用しない人の心理

ネットで出会った人は信用できない!

36才女性

アラフォー困った

ネットで出会った人は昔からの友人でもないし、会ったこともない人なんて信用できませんよ。

とても閉鎖的な考え方ですね。

ネットで出会った人を信用できない理由が、
『昔からの友人ではないから』
『会ったこともない人だから』
というのであれば、今後の出会いは昔からの友人の中から選ぶのでしょうか?

とても数が少なくなりませんか?

また、地方から都会に出てきたら、みんな初対面ですよ。
それが、ネットがきっかけで出会ったのか、仕事がきっかけで出会ったのか、出会いの場所の違いだけです。

ネットでの出会いを否定するなら、今まで出会った友人に紹介をお願いするしかありませんが、それで出会いがあるなら誰も困りませんよね?

しかも婚活していることを友人にバレたくないのならどうやって出会いを探すのでしょう。
ネットでの出会いは、きっかけの1つなだけです。
過度に不信感を持たないようにしましょう。

ネットで出会う方法を知らない!

31才女性

アラフォー困った

婚活サイトとか初めて知りました。
どうやって婚活サイトを使えばいいか分からないし、ネットで出会う方法と言われてもピンときません。

何も知らないから何もしないのならあなたは、ずっと独身で彼氏なしのままでしょう。
婚活サイトが広がり出したのは2015年に入ってからです。

ネットでの出会い方も『こうすれば確実に出会える!』という方法はありません。
そもそも、あなたは婚活パーティーや合コンで男性とカップリングする方法って知ってますか?

そんな方法は知らないけど、とりあえず参加してますよね。
それと同じです。

婚活サイトも『こうすればネットでも確実に出会える!』なんて方法はないんです。
自分で実際に登録して使ってみるしかありません。

ただ幸いなことに、真剣な出会いがある婚活サイトは登録は無料です。
だから、とりあえず登録してあとは自分で使いながら覚えていくしかありません。

参考:いいね!をもらえる男性と女性の7大特徴
参考:サクラを見抜く8つの特徴

ネットで初対面の人と出会うのが怖い!

29才女性

アラフォー困った

ネットで会ったことのない男性と出会うのが怖いです。
しかもLINEのアカウントとか連絡先を知られたくないです。

気持ちは分かります。

でも、まともな婚活サイトの場合、利用するためには年齢確認と本人確認が法律で必要と定められているので、実は思っている以上にしっかりと身元確認ができています。

ゼクシィ縁結び、ブライダルネットは、とても厳格に年齢確認と本人確認を行っていますので、オススメです。

その中でもゼクシィ縁結びは特におすすめです。
理由は、ゼクシィ縁結びは、ネットで出会いを探すのが初めてで婚活サイトの初心者用にできている婚活サイトだからです。

ゼクシィ縁結びでは『卒業証明書』や『年収証明書』の提出ができます。
そのため、男性が学歴や収入でウソをつこうとしてもつけません。

また、『デート調整代行』という機能があるので、会ったことのない男性にLINEを教える必要もなく、デートの日程と場所を調整してくれます。

そしてこれらの機能は全て無料なんです。

参考:婚活サイトの初心者ならゼクシィ縁結び!

ネットでの出会いが想像以上に安全な理由

ここまでお話してきて分かってきたかと思いますが、ネットでの出会いはちゃんと婚活サイトを選びさえすれば安全です。

ネットで出会いを探すならどういう婚活サイトを選べばいいかをご紹介しますね。

ネットでの出会いに参入している大企業

以下の3つは全て上場企業が運営しており個人情報の管理も厳格なのでどこを選んでも安心です。

ゼクシィ縁結び(運営元:上場企業でゼクシィを運営しているリクルートマーケティング)


ゼクシィ縁結びは、ゼクシィと同じ運営元のリクルートマーケティングが運営している婚活サイトです。

ネットで出会いを探すために婚活サイトを利用し始めたならまずは『ゼクシィ縁結び』と断言できるぐらいしっかりした運営をしています。

登録は無料でどんな男性がいるのかもチェックできますからまずはとりあえず無料で登録してみることをオススメします。

1番オススメの婚活サイトです。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

ブライダルネット(運営元:上場企業で結婚相談所最大手のIBJ)


IBJという結婚相談所最大手が運営している婚活サイトです。

真剣に結婚を考えているから結婚相談所を利用したいけどそのお金が無いという人のために作られた婚活サイトで、婚シェルという担当が1人1人に付き、婚活で困ったことを相談できるというサポートレベルの高さが売りです。

有料会員にならないと写真を見ることができないので不特定多数の人に顔写真を見られたくないという人にはとってもおすすめです。

結婚相談所が運営している婚活サイトなので、真面目な人の登録が多く、合コンに1回参加する程度の料金で1ヶ月使えるので、費用対効果の高い婚活サイトです。

無料登録して身分証明書を送れば使い勝手は分かるのでまずは無料登録してみましょう。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

with(ウィズ)(運営元:上場企業でアプリ開発で超有名な株式会社イグニス)


ルックスや身長などの外見ではなく、価値観や性格に基づいた出会いをサポートし、長く付き合えるカップルが増えて欲しいという思いからできた婚活サイトです。

恋愛心理で有名なメンタリストDaiGoさんが性格診断を作ったことで有名になりました。

恋愛で求める男性は、他人に自慢できるかっこいい人
結婚で求める男性は、一緒にいてくつろげる関係を築ける人

と言われますが、with(ウィズ)は一緒にいてくつろげる関係を築ける人と出会えるようにと考えて性格診断にもとづいて同じ性格の人同士ならいいね!を無料で送れるというとてもオトクな機能もあります。

with(ウィズ)は、女性なら無料で使えますのでとりあえず登録して性格診断を受けてみるだけでも価値はあります。

>>登録は無料の「with(ウィズ)」の詳細はこちら

ネットでの出会いは年齢確認と本人確認が厳しい!


ネットでの出会いのための婚活サイトは、年齢確認と本人確認がとても厳しくなっています。

それを面倒と考えてはいけません。

逆に、年齢確認も本人確認も何もせずに使える婚活サイトがあるとすれば、それは100%間違いなく『詐欺サイト』です。

お金だけ取られたあげく、全く出会いにつながりません。

メッセージの交換をできたとしても相手は間違いなくサクラです。

まともな婚活サイトほど年齢確認と本人確認が厳しいと知っておきましょう。

ネットでの出会いはきっかけに過ぎない

ネットでの出会いを親や友達に隠す?

ネットで出会ったことを親や友達に隠して嘘を付いている人が多いのですが、その理由は何だと思いますか?

一言で言えば、親世代に『偏見』があるからです。

ネットでの出会い=出会い系サイトで、身体(エッチ)目的の男が出会い系を使うというイメージがいまだに残っています。

そのため、ネットでの婚活がふつうだと自分では思っても親や友達に変な目で見られることを恐れて言わないのが一般的です。

ただ同世代の友達もあなたに黙って婚活サイトを利用している可能性は大いにあります。

それを隠して
『友だちの紹介で出会った』
『職場の同僚だった』
『合コンで出会った』
などとウソをついているだけです。

ネットでの出会いで婚活サイトを利用するのは、出会いのきっかけの場所が婚活サイトだけだったという話です。

みんなが本当にどのように出会っているのかは実際のところ分かりません。
しかも、ネットで出会いを見つけたとしてもその次の交際までいけるかどうか、さらにその次の結婚までいけるかどうかは別問題です。

それは、婚活パーティーや友達からの紹介で出会ったとしても同じです。
だから、真剣に結婚相手を探して理想の恋人と出会いたいと考えているなら、
忙しく婚活に時間を割けないからスマホで出会いを増やしたいなら、
婚活サイトがオススメです。

最後に婚活サイトで実際に理想の男性と出会えている女性がどのように婚活サイトを利用しているのかを紹介します。

ネットでの出会いを見つけた女性の婚活サイトの使い方

女性も男性も婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

婚活サイトは、認知度が急上昇しているので会員数も急増しています。
ただ、ペアーズなどは40代以上の年齢が高めの会員が増えてきている傾向がありますので、これから婚活サイトを使う20代、30代にはあまりおすすめしていません。

そんな中で、ゼクシィ縁結びは、婚活サイト初心者向けの婚活サイトとしてとても役立つ機能が満載で、ゼクシィブランドで口コミが広がって男女ともに新規会員が急増中です。
その目玉の機能が以下の3つです。
1つ目は、価値観診断とAI(人口知能)によるお相手紹介サービスです。
2つ目は、マッチングした相手と会うことになってもLINEを教えずにデートの日時と場所を調整してくれるデート調整代行サービスです。
3つ目が、最初に申し込んだ期間で満足できなければ無料で同じ期間を延長して使える婚活成功保証制度です。

詳しくはこちら↓
婚活初心者のための婚活サイト ゼクシィ縁結びを運営するリクルートマーケティングパートナーズに直撃取材!

だから今は、ゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)などの2~3の婚活サイトを併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)で出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)からの『いいね!』が届くようになってきてます。

『ゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)はとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局ゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)で理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、

ゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)、Omiai(オミアイ)の3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なんでか、婚活サイトは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)、Omiai(オミアイ)を使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って1ヶ月、様子を見て理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「with(ウィズ)」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

h3>1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

その理由を調べるために届いたいいね!を見せてもらうとてみると、さっき書いたとおり、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の同年代からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

その点、ゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)、Omiai(オミアイ)は、まだまだ若い男女の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、ゼクシイ縁結びやwith(ウィズ)、Omiai(オミアイ)に乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「with(ウィズ)」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

結婚相談所が運営している本人確認が厳格で真剣な婚活人と出会いたいならブライダルネットを使ってみる

あまり知られていませんが、ブライダルネットは結婚相談所の最大手IBJが運営している婚活サイトです。

真面目な出会いを探しているから結婚相談所に入会したいけど結婚相談所に支払うお金が無い男性と女性のためにできました。

だから、ブライダルネットはほかの婚活サイトと違って、活動するには男性も女性も有料です。

ただ男性も女性も有料なので、登録したけどぜんぜん活動せずに放置している人はほとんどいません。
つまり、46万人の会員のほぼ全員がアクティブに活動しているので、ペアーズやOmiaiよりもずっと出会いやすくなっています。

しかも、運営元が結婚相談所のため本人確認がとても厳格です。
一般的な婚活サイトは法律的には年齢確認が取れれば運営できるのですが、ブライダルネットは自主的に厳しくしており、年齢確認+本人確認まで行っています。

また、男性は有職者、つまり会社に勤めなどの安定収入がないと登録できませんので、女性はとても安心です。
男性からしても女性が有料であるおかげで冷やかしはいないと分かっているので真面目に出会いたい男性が集まっており、会員の9割が20-30代にもかかわらず男性会員の34.1%は年収が600万円以上と高収入です。

また、実際に結婚相談所で婚活をサポートしてきた「婚シェル」と呼ばれるプロに婚活のアドバイスと相談を受けることができます。
もちろん婚活のアドバイスと相談は無料です。

真剣に婚活しているけど結婚相談所に入会するほでもない、
でも結婚相談所に近いレベルの真剣な男性と出会いたい、そんな女性にはとってもおすすめです。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

年齢確認を行わないと“ひやかし”と思われて『いいね!』がぜんぜんもらえません。
だから、年齢確認だけは行っておきましょう。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら