2017年からOmiai(オミアイ)の人気の盛り上がりがスゴイですが、やっぱり婚活アプリに対して少し怖いと考えている女性もいるかもしれません。

『変な人に会わないかな?』
『出会い系と何が違うの?』
『なんか物を売りつけられたりしないかな?』

このような不安を抱いている女性も多いでしょう。

しかし、男女の出会いの場には、一定数、そのような人がいるのは同じです。

実際に、婚活パーティーでも、カップルにならなかった男性が会場の外で待ち伏せしていたり、合コンで知り合った人からしつこくLINEのアカウントを聞かれたりした経験があるはずです。

でも、このような一部の変な人の行動を怖がっていると、出会いはゼロになってしまいます。

実は、このようなあやしい人や変な人と出会ってしまっても、ふつうの警戒感を持っていれば、ほぼ全て防げます。

さらに、このようなあやしい、変な人は実は特徴があり、目的があって行動しているので比較的簡単に見抜けます。

その特徴を詳しく解説しますので、Omiaiを使って将来の理想の相手を見つけてください。

Omiaiのサクラとは?

サクラとはなに?

まず、サクラとは何か?説明しましょう。

サクラ・・運営会社(この場合、Omiai)が会員を増やして利益を得るために、女性会員には男性のフリをして、男性会員には女性のフリをして、メッセージのやり取りをする人たちのことです。

断言しますが、今、Omiaiにはサクラは、いません。
ここは自信を持って力強く念押しします。

なぜか?
サクラは登録者数が少ない時に、出会いが盛り上がるように見せかけるために、運営会社にとって必要な存在でした。
でも、今(2017年11月)現在250万人の男女が登録しており、毎月7万人単位で増加しております。
そのため、十分な会員数がいますのでOmiaiがサクラを使う必要性はまったくないのです。

サクラではなく業者だった!?

では、冒頭で述べた『あやしい人』の正体は何なのか?

それは、『業者』と『遊び目的の男』です。

業者・・個人情報(LINEのID、メールアドレスなど)の収集および転売、もしくは直接、物を売りつけたり、ネズミ講に勧誘しようとする会社または個人です。

今、Omiaiに混じっているあやしい人の大半は、この業者です。

その特徴を説明する前に、業者の目的はなんでしょう??

業者の目的はなに!?

今、個人情報の保護がうるさくなっていて、個人情報の価値が高まっています。

そのため、業者としては、個人情報を集めて転売することで利益を得ようというのが目的です。
もしくは、直接、物を売りつけて利益を稼ごうとします。

でも、安心してください。
Omiaiでは、業者と思われた場合、直接運営会社であるOmiaiに通報できる仕組みになっており、また、業者は比較的簡単に見抜くことができます。

なぜなら、業者の目的は個人情報の収集や物を売りつけようとすることに的を絞ってますので、行動パターンが制限されるためです。

それでは、業者の特徴を説明していきます。

Omiaiの業者を見抜く5つの特徴

年齢認証が無い(業者の確率:50%)

業者は、自分のことを特定されることを恐れて年齢認証をしていないことが多いのが特徴です。

Omiaiの場合、運転免許証の顔写真から住所、生年月日など全てスマホで撮影し、その画像を運営会社であるOmiaiに送る必要があります。

ここまでしっかりと個人確認を行うからこそ、Omiaiには変な業者が入り込むのが難しくなっています。

ただ、悪徳な業者は、何も知らない個人のアルバイトから運転免許証を借りて、その人になりすまして登録することもあります。

そういった人の見抜き方を説明します。

露出が多い(業者の確率:60%)

ムダに露出が多い写真や、きわどいアングルの写真があると、それは目を引きつけるための作戦です。

婚活アプリでは、自分の顔を載せることが大事とはいえ、通常の一般人からすれば露出の多い写真を出すのは恥ずかしいはずです。

女性の写真の場合、胸やお尻を強調していたり、
男性の場合は胸板を強調しているような写真です。

このような場合は、異性を釣ろうとしていると考えて間違いありません。

Omiaiで真面目に出会いを探している男性や女性は、そのような格好の写真をアップしません。

そのため、自然な生活感が伝わってくるかどうかをチェックしてください。

マッチングしてすぐにLINEのIDを聞いてくる(業者の確率:80%)

マッチングして2~3回しかメッセージしていないのにLINEの交換を求めてきたら要注意です。

特にIDを聞かれたら、答えないようにしましょう。

女性の場合、男性にIDを聞くようにしてください。

IDは聞いた方は、相手のIDが分かりますが、答えた方は相手のIDが分からないからです。

業者として確定的なのは、LINEのIDを聞いた途端に連絡が途絶えたら、業者確定です。

すぐにOmiaiに違反報告しましょう。

健康に興味はあるか聞いてくる(業者の確率:95%)

『今、健康のために何かやってる?』
『水道水って危ないの知ってた?』

このようなことを言ってくる人は、ネズミ講の勧誘です。

健康食品や浄水器を買うよう言ってきて、さらに

『友達に勧めれば、友達は健康になって君もお金が手に入るからやろうよ。』

と言ってきたら業者確定です。

すぐにOmiaiに違反報告しましょう。

自己紹介ブログに誘導する(業者の確率:100%)

自己紹介用のブログやホームページに誘導してきたら間違いなく業者です。

例えば、このような例文です。

LINEを交換してLINEで連絡をとりあうようになってから、自然な流れで次のように送ってきます。

『スマホにお酒こぼしたんですよ。
 それからスピーカーから音でなくなったり、フリーズしたり勝手に再起動始めたり完全にスマホがおかしくなっちゃったんですよ。
 だから修理に出すからスマホが戻るまで、俺のマイページを教えるからとりあえずそっちでやりとりお願いしても大丈夫ですか?』


『これが自分の自己紹介したり情報交換したり、自分の活動を公開している俺個人のホームページです。
 URL:http://xxxxx.com』


『友達申請ってところからそのままメールすればすぐに俺の名前が入った返信メールが届くから、あとはそのメールの案内通りにしてくれたら俺のところにメールが届いて自由にやり取りできるようになるからお願いします。』

このようなメッセージを受け取ったらOmiaiの『違反報告』から通報しましょう。

だいたい、めっちゃ不自然なのは、スマホが壊れているはずなのに、LINEのやり取りを自然にできているなんておかしいです。

違反報告についてはこちらを読んで下さい。

参考:Omiaiで変な人がいたらすぐに『違反報告』しましょう。

サクラや業者と遭遇しないようにする3つの方法

1,交際ステータスを『独身』を確認

Facebookの交際ステータスで『独身』かどうかは最低限確認しましょう。

友人、知人にバレないからと既婚者で交際ステータスを設定せずにOmiaiを使う人がいます。

実際に会う『交際ステータスを独身にしてください。』と伝えましょう。

嫌がったら、既婚者の可能性が高いです。

2,断る時は遠慮せずキッパリと


業者は心の弱い人を狙います。

心の弱い人というのは、

『ハッキリ断れない人』
『自分の意見を言えない人』
『あいまいに濁す人』

このような人はターゲットになりやすいので、遠慮せず、怖がらず、キッパリと『要りません』と言いましょう。

もし、変なメッセージや脅迫まがいのメッセージが届いたらすぐにOmiaiに違反報告して、場合によっては警察にも通報しましょう。

3,『変な勧誘してきたら通報します』と自己紹介文に記載

自己紹介文にたった1文入れるだけで、実は業者と冷やかしが激減する裏技があります。

それが、この1文です。

『冷やかし、ヤリモク、ネズミ講などの勧誘してきたら通報します。
 ブログやホームページでのやり取りしようなど誘導された場合も無条件で通報します。』

たったこれだけです。

業者はなによりも目立つことを怖がります。

見つかるとアカウント停止になるためです。

以上、見てきたようにこういったことに気をつければ、Omiaiは真面目な出会いがとても多い婚活アプリです。

ただ、アラサーの女性はいいね!をもらう自信がないと諦めがちですが、とてももったいないです。

『いいね!がもらえるかどうか不安』
『アラサー女子ににはもう遅いんじゃない?』

そう考えている人は、次の記事を参考にしてみてください。

参考:ペアーズでいいね!をもらえる男性と女性の7大特徴

参考:30代女性がペアーズでマッチングしない5つの理由と対策

さらに色々と回りで婚活アプリを使って理想の人と出会えている人に聞いて回ると、理想の人に出会うための婚活アプリ活用のコツが見えてきました。

理想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

女性は婚活アプリは無料が多いので、複数に登録する!

ペアーズは2017年11月にすでに会員数が600万人を超えました。
それだけ多くの人がいるので、出会いも多いんですけど、逆に好みじゃない男性からのメッセージが多くなったり、男性を探すのに時間がかかったりとちょっとペアーズが飽和状態になっちゃってきています。

その点、ゼクシィ縁結びは、婚活サイト初心者向けの婚活サイトとしてとても役立つ機能が満載で、ゼクシィブランドで口コミが広がって男女ともに新規会員が急増中です。
その目玉の機能が以下の3つです。
1つ目は、価値観診断とAI(人口知能)によるお相手紹介サービスです。
2つ目は、マッチングした相手と会うことになってもLINEを教えずにデートの日時と場所を調整してくれるデート調整代行サービスです。
3つ目が、最初に申し込んだ期間で満足できなければ無料で同じ期間を延長して使える婚活成功保証制度です。

詳しくはこちら↓
婚活初心者のための婚活サイト ゼクシィ縁結びを運営するリクルートマーケティングパートナーズに直撃取材!

だから今は、ゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)などの2~3の婚活サイトを併せて登録しておくことが出会えるコツです。

つまり、最初から有料会員登録を前提にしなくて良いんです。

『この人、カッコイイなぁ~』
『1回、この人に会ってみたいな~』

と思える人から『いいね!』をもらえたらその時から続けて使えば、めっちゃ効率的なんです。

実際に、2017年の9月以後はゼクシイ縁結びやomiai(オミアイ)で出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)からの『いいね!』が届くようになってきてます。

『ゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)はとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局ゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)で理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、

ゼクシイ縁結びとOmiai(オミアイ)、ペアーズの3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なんでか、婚活サイトは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)を使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『ペアーズでちょっと疲れてきたな~』
『ペアーズで理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

なんでかな~と思って、その友人にペアーズを見せてもらったら、40代や50代の歳上過ぎる人からの『いいね!』は届いているけど、20代、30代の同年代からの『いいね!』が全然来て無かったんですね。

どうやら、ペアーズで出会えると思ったおじさん、おばさまたちがちょっとたくさん入ってきちゃってるみたいなんです。

ゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)は、まだまだ若い男女の方がずっと多いから、

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、ゼクシイ縁結びやOmiai(オミアイ)に乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

結婚相談所が運営している本人確認が厳格で真剣な婚活人と出会いたいならブライダルネットを使ってみる

あまり知られていませんが、ブライダルネットは結婚相談所の最大手IBJが運営している婚活サイトです。

真面目な出会いを探しているから結婚相談所に入会したいけど結婚相談所に支払うお金が無い男性と女性のためにできました。

だから、ブライダルネットはほかの婚活サイトと違って、活動するには男性も女性も有料です。

ただ男性も女性も有料なので、登録したけどぜんぜん活動せずに放置している人はほとんどいません。
つまり、46万人の会員のほぼ全員がアクティブに活動しているので、ペアーズやOmiaiよりもずっと出会いやすくなっています。

しかも、運営元が結婚相談所のため本人確認がとても厳格です。
一般的な婚活サイトは法律的には年齢確認が取れれば運営できるのですが、ブライダルネットは自主的に厳しくしており、年齢確認+本人確認まで行っています。

また、男性は有職者、つまり会社に勤めなどの安定収入がないと登録できませんので、女性はとても安心です。
男性からしても女性が有料であるおかげで冷やかしはいないと分かっているので真面目に出会いたい男性が集まっており、会員の9割が20-30代にもかかわらず男性会員の34.1%は年収が600万円以上と高収入です。

また、実際に結婚相談所で婚活をサポートしてきた「婚シェル」と呼ばれるプロに婚活のアドバイスと相談を受けることができます。
もちろん婚活のアドバイスと相談は無料です。

真剣に婚活しているけど結婚相談所に入会するほでもない、
でも結婚相談所に近いレベルの真剣な男性と出会いたい、そんな女性にはとってもおすすめです。

もちろん登録は無料ですから、まずは無料登録してから相手をさがしたり、使い勝手をためしてから有料会員になるか考えましょう。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

年齢確認を行わないと“ひやかし”と思われて『いいね!』がぜんぜんもらえません。
だから、年齢確認だけは行っておきましょう。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら