2018年2月14日よりOmiai(オミアイ)の女性が完全無料化になりました!

今までOmiai(オミアイ)の女性は10代、20代はだけ無料で30代以上は有料でしたが、2018年2月14日からOmiai(オミアイ)の女性会員が全員無料となりました!

これにより、女性が無料で使える婚活サイトはペアーズ、Omiai(オミアイ)、マリッシュ(marrish)の3つになりました!

女性が無料になったOmiai(オミアイ)と他の婚活サイトの違い

1,Omiai(オミアイ)は女性を守る対策が万全

Omiai(オミアイ)のような婚活サイトでよくあるのは、年齢が高いいわゆるオジサンからのいいね!や足あとが大量に付くという点です。
その他、しつこくメッセージを送ってきたり、ひわいなメールを送って来るなど、女性が嫌悪するような行為をしてくる人を守る仕組みがOmiai(オミアイ)ではしっかりできています。

例えば、足あとが頻繁に付く人がいたら、Omiai(オミアイ)に対して違反報告できます。
すると、Omiai(オミアイ)の方で審査して、事実の確認ができれば相手は強制退会されます。

また、変な人をすぐにシャットアウトしたい場合は、ブロック機能もあります。

そのため、Omiai(オミアイ)は他の婚活サイトと比較して女性を守ろうという姿勢がとてもしっかりして対策も万全です。
数ある婚活サイトの中で女性を守ろうという姿勢がしっかりしているのは、Omiai(オミアイ)とゼクシィ縁結びです。

参考:Omiaiでサクラを見抜く5つの特徴

参考:Omiaiはイエローカードがある相手には要注意!

2,本人確認が厳格

Omiai(オミアイ)では、本人確認のための身分証明書を撮影してOmiai(オミアイ)に送る必要があります。

そして送られてきた身分証明書の写真とOmiai(オミアイ)で使用している写真を比較して本人と確認できない場合は写真を使うことができません。

この審査がとても厳格で、ぼかした写真など顔が不鮮明な写真はつかえませんので、他の人や芸能人の写真を使うことができません。
これにより、サクラが入り込む可能性がグッと下がります。

そして、ここまで本人確認がしっかりしているのもやはり、Omiai(オミアイ)とゼクシィ縁結びの2つです。

参考:Omiai(オミアイ)で年齢確認が必要な理由はなに?年齢確認するメリットは?デメリットは?

3,個人情報を守る仕組みがしっかりしている

婚活サイトでは本人確認を厳格に行うことを法律で定められています。
そのため、身分証明書を撮影したデータを送ることは必須なのですが、そうなると個人情報がちゃんと守られるのかが不安になります。

その点、Omiai(オミアイ)では、TRUSTeという厳格な審査基準をクリアしないと取れない個人情報を守るための資格を得ておりますので安心です。

また、ゼクシィ縁結びでは、プライバシーマークという個人情報を扱う社内の仕組みまで整備しないと取れない資格も取得していますので、どちらも安心です。

参考:Omiaiとペアーズの徹底的に比較!どっちが理想の相手と出会える!?

では今後、Omiai(オミアイ)の女性会員が全員無料になったことで、今後、会員数とマッチング数がどのように伸びていくのかを公式発表データを元に予想してみます。

女性無料化によるOmiai(オミアイ)の会員の伸び率の予想

まずこちらを見て下さい。
H30(2018)年1月の累計会員数は279万人を超え、前年同月比で45.1%も増えています。
Omiai(オミアイ)のサービスが開始されたH24(2012)年2月から順調に右肩上がりに伸びております。

30才以上の女性が有料だった時点での確定の増加数です。

Omiai(オミアイ)平成29年4月度、月次IRニュース

Omiai(オミアイ)平成29年4月度、月次IRニュース

Omiai(オミアイ)の会員の増加数を有料時のままだった場合と無料の場合で予測してみました。

Omiai(オミアイ)累計会員数の推移

H30/1 H30/2 H30/3 H30/4 H30/5 H30/6
増加率 3.4%
累計会員数 279万人
有料の予測 287万人 296万人 305万人 314万人 323万人
無料化後の予測 301万人 325万人 350万人 378万人 408万人

※女性有料時:前月比での平均3%の増加率
※女性無料化:ペアーズと同じ7.89%の増加率と仮定

Omiai(オミアイ)は女性を無料へ変更したことにより、H30(2018)年6月の時点で会員数は400万人に達すると予想されます。

Omiai(オミアイ)の会員数、マッチング数の伸び

単位:万 会員数 マッチング数
H30/2 279万人 1430万組
H29/8 241万人 1053万組
月間増加数 5.4万人 53.8万組

女性無料化によるOmiai(オミアイ)のマッチング数の伸び率の予想


Omiai(オミアイ)平成30年1月度、月次IRニュース

Omiai(オミアイ)累計マッチング数の推移

H30/1 H30/2 H30/3 H30/4 H30/5 H30/6
増加率 6.5%
累計マッチング組数 1431万
有料の予測 1521万 1617万 1721万 1829万 1946万
無料化後の予測 1743万 2124万 2587万 3152万 3841万

※女性有料時:前月比での平均6.35%の増加率
※女性無料化:ペアーズと同じ21.84%の増加率と仮定

Pairs(ペアーズ)との伸び率と比較

Pairs(ペアーズ)の最新の累計会員数

<Pairsについて>
2012年10月にリリースされた、利用率No.1*の恋愛・婚活マッチングサービスです。特長は、豊富な検索機能と、10万を超えるコミュニティを通じて、条件や趣味・価値観の合う理想のお相手とつながることができる点。24時間365日の画像およびテキスト投稿監視体制で、安心・安全に会員同士が交流することができます。2013年10月、台湾版Pairs「派愛族」リリース。2017年9月、韓国版Pairs「페어즈」リリース。2018年2月、累計会員数700万人突破。
*恋活・婚活マッチングアプリの利用状況調査結果より
「ファストアスク」にて自社調べ 2017/11/6〜11/11(対象:20歳〜49歳の男女2201人)
https://eure.jp/press/20180201/

Pairs(ペアーズ)は、累計会員数が700万人を超えておりますが、Omiai(オミアイ)と違う点は、台湾版、韓国版など国外での会員数も含まれている点です。
そのため、ここから性格な日本だけの会員数を割り出すのは難しいと考えられます。

Pairs(ペアーズ)の会員数、マッチング数の伸び

単位:万 会員数 マッチング数
H30/2 700万人 5600万組
H29/8 600万人 4300万組
月間増加数 14.3万人 185.7万組

Pairs(ペアーズ)は、会員の伸び率が7.89%、マッチング数の伸び率が21.84%と良好に伸びています。
この良好な伸び率を支えているのが、女性会員の無料化であると考えられます。

そのため、Omiai(オミアイ)の女性会員が全員無料化されたことにより、Pairs(ペアーズ)と同じか、女性を守るという仕組みがしっかりしているためPairs(ペアーズ)以上にOmiai(オミアイ)が伸びていくと予想されます。

今後のメインの婚活サイトはOmiai(オミアイ)に移って行くかもしれません。
ただ、婚活サイトで、Omiai(オミアイ)と同じレベルで女性保護をしっかりしており、かつブランド力を備え、婚活サイト初心者に絶大な人気を誇っている婚活サイトが、ゼクシィ縁結びです。

ゼクシィ縁結びは、Pairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)を圧倒する前年比290%以上と3倍以上の会員数を獲得しているゼクシィが運営している婚活サイトです。

実際に2017年の秋以後、Omiai(オミアイ)だけでなく、ゼクシィ縁結びで出会えたという報告が急増しています。
そこで、実際に理想の相手と出会えた女性に婚活サイトをどう利用しているのかを徹底取材してみました。

理想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

女性も男性も婚活サイトは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

ペアーズは登録会員数は多くて出会いも多いが、おじさんが増えてきており、
Omiaiは、女性保護を明確に打ち出し、しかも女性が全員無料化したおかげで若い女性が急増し累計会員数が270万人を突破し、
ゼクシィ縁結びは、ゼクシィブランドで会員数を急増させ、2016年比で2017年は280%と急増しています。

つまり今はOmiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、これから始めるなら、

ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏をゲットするコツですね。

なんでか、婚活サイトは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

今は、ペアーズ疲れからOmiaiやゼクシイ縁結びを使っている人が多いので、登録と年齢認証だけ行って1か月だけ様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきた婚活サイトだけを使うようにすればとっても効率的に出会えます。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。

実は出会えている人は次の3つの婚活サイトに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

特にこれから初めて婚活サイトを使う初心者なら、ゼクシィ縁結びから初めてみることをおすすめしています。
参考:婚活サイト初心者ならゼクシィ縁結びをオススメできる理由

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

『今の婚活サイトでちょっと疲れてきたな~』
『なかなか理想の人に出会えないな~』

最近、そんなふうに悩んでる友人がとっても増えてきてます。

婚活サイトは、皆、最初に見つけたものを使い続けるクセがあるので、なかなか違う婚活サイトを使ってみようという発想にはならないみたいです。
でも、自分に合わない、そして出会えない婚活アプリをずっと使い続けても意味がありません。

『ペアーズ、最近ちょっとね~・・・』という人は、Omiaiとかゼクシィ縁結びに乗り換えてみましょう。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2017年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、ちょっとペアーズの年齢が上がってきている感じがするんで、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活サイトよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう再婚者のための婚活サイトなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない人も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら