ペアーズを使おうかと思いつつ、迷っている人は、
『怖い』と思っている方もいるかもしれません。

『あやしい人がいたらいやだな』
『出会い系はサクラばっかりって聞いた』
『なんか勧誘されたらどうしよう』

しかし、断言しますが、それは『お見合いパーティー』や『他の出会い系サイト』でも同じです。
必ず一定の数は存在しますし、そのようなごく一部のあやしい人のせいで、
出会いの数を減らすと人生の損失です。

また、実はそのようなあやしい人は、普通の警戒感を持っていたら、
ほぼ全て防げます。

そして、ペアーズでは、そのようなあやしい人は特徴があり、
ある法則にもとづいて動いてますので、比較的簡単に見抜くことができます。

その特徴を詳細にご説明しますので、
ぜひ、ペアーズで素晴らしい女性や男性を見つけて、
婚活を成功させてください。

ペアーズのサクラとは?

サクラとはなに?

まず、サクラとは何か?説明しましょう。

サクラ・・運営会社が利益を得るために、異性のふりをして登録し、メッセージのやり取りをする人たちのことです。

断言しますが、今、ペアーズにはサクラは、いません。
ここは自信を持って力強く念押しします。

なぜか?
サクラが必要な理由は登録者数が少ない時に、出会いを盛り上げるために必要な存在でした。
しかし、今(2016年9月)現在450万人の男女が登録しており、毎月10万人単位で増加しております。
そのため、十分な会員数がいますのでペアーズがサクラを使う意味は無いのです。

サクラではなく業者だった!?

では、冒頭で述べた『あやしい人』の正体は何なのか?

それは、『業者』です。

業者・・個人情報を収集し、それを転売、もしくは直接、モノを売りつけたりしようとする会社です。

今、ペアーズに混じっているあやしい人の大半は、この業者です。

その特徴を説明する前に、業者の目的はなんでしょう??

業者の目的はなに!?

今、個人情報の保護がうるさくなっており、
情報の価値が高まっています。

そのため、業者としては、個人情報を集めて転売することで利益を得ようというのが目的です。

しかし、安心してください。
ペアーズでは、業者と思われた場合、直接運営会社であるペアーズに通報できる仕組みになっており、
また、業者は比較的簡単に見抜くことができます。

なぜなら、業者の目的は個人情報の収集に的を絞っておりますので、
行動パターンが制限されるためです。

それでは、業者の特徴を説明していきます

ペアーズやOmiaiなどの婚活アプリや恋活アプリを使うのは恥ずかしい?

ペアーズの業者の8つの特徴

1,写真が美人すぎるorハンサムすぎる

写真は次の3点でチェックします。

  • 写真がモデル並みに『美人すぎる』もしくは『ハンサムすぎる』
  • 女性の写真の場合、『露出を強調している』
  • 顔の写真の数が1枚しかない

1,写真がモデル並みに『美人すぎる』もしくは『ハンサムすぎる』

この場合、本当のモデルの写真を使用している可能性があります。
その場合のチェック方法をご説明します。

Google Chromeのブラウザでペアーズにログインし、
相手の写真の上で右クリックして『googleで画像を検索』を選択します。

すると、その写真と似た画像を検索してくれます。

もし、モデルならここですぐに見つかります。

2,女性の写真の場合、『露出を強調している』

女性の写真の場合、胸やお尻を強調していたり、
薄着姿の場合は、男性を釣ろうとしていると考えて間違いありません。

ペアーズで真面目に出会いを探している女性は、そのような格好の写真をアップしません。

そのため、生活感が伝わってくるかどうかをチェックしてください。

3,顔の写真の数が1枚しかない

顔の写真が1枚紙か無く、後は観光地の風景画の場合、
写真の掲載を適当に行っている可能性があります。

ペアーズでは、いいね!を押してもらおう!
マッチングしたい!という人ほどしっかりと画像を掲載します。

そのため、画像の数が極端に少ない場合は、業者の可能性を疑ってください。

ただ、ペアーズに登録したてで、
どのように使っていいか分かっていない会員は、
写真が少ないことがあります。

そのため、新たに会員登録された会員である『新着』と記載がある場合は、
この限りではありません。

2,Facebookの友達の数が少なすぎる

ペアーズに登録するには条件があります。

それは、『Facebookの友達数が10人以上』であるという点です。

Facebookをふつうに使っていたら、友達の数は50人以上にはなるはずです。

しかし業者は、とにかくペアーズに登録することを目的としておりますので、
Facebookの友達は最低人数しか集めないことが多々あります。

そのため、相手にいいね!を押す前に、Facebookの友達の数を確認しましょう。
なお、Facebookの友達の数はこのように確認できます。

3,プロフィールがいかにも心をくすぐる

男性の場合は、以下のように男心をくすぐる文章を書いている女性は要注意です。

『旦那さんのために家で料理を作って待つのが楽しみです!』
『すぐに結婚したい!』
『赤ちゃんが欲しい!』
『LINE(ライン)交換OKです!』

女性の場合は、以下のように焦っている女性の気持ちをくんでいる男性は要注意です。

『子供大好きなのでバツイチ子持ちOKです!』
『甘え好きなので年上女性大好きです!』
『奥さんの実家で一緒に暮らせます!』

本心でそう書いている場合ももちろんありますので、
いいね!を押してマッチングするまでは大丈夫ですが、
メッセージをやり取りするようになっても気安く個人情報を渡さないようにしてください。
詳細は5番と6番で説明します。

4,いいね!が急増している

昨日までいいね!が30前後だったのに、
今日見に行ったら150を超えているという場合、
その色々な人にいいね!を押しまくって、足跡を残しまくっています。

あせって情報を集めようとしている業者の典型的な行動パターンです。

このような異性は近づかないのがベストです。

5,メッセージからLINE(ライン)IDを聞き出す

メッセージで親しくなってからLINE(ライン)の交換となった際、
色々と理由をつけてLINE(ライン)ID聞き出そうとする人は要注意です。

LINE(ライン)は、友達として繋がった後は、
LINE(ライン)IDを調べることができません。

つまり、例えば女性が男性にLINE(ライン)IDを教えて友だちになった場合、
男性側に女性のLINE(ライン)IDの記録は残りますが、
女性側は男性のLINE(ライン)IDは分からないのです。

そのため、業者は必ず相手からLINE(ライン)IDを聞き出そうとします。

6,LINE(ライン)交換と同時に同時に退会を匂わす

LINE(ライン)交換を匂わせると同時に、以下のような文面が届いたら最重要に警戒してください。

『ペアーズがつまらなくなったからLINE(ライン)交換したら辞めます。』
『メッセージが増えて大変担ってきたからLINE(ライン)交換後にペアーズを辞めます。』

こういった行動を取る場合、相手にLINE(ライン)IDを教えた途端、
LINE(ライン)にもメッセージが来ず、ペアーズから消えて、
代わりに営業のメッセージが一斉に届きます。

7,メールアドレスが『●●.rdy.jp』は危ない

6番と繋がって考えて頂きたいのですが、
LINE(ライン)IDの代わりにメールアドレスを引き出そうとするパターンです。

その場合、メールアドレスのドメインを確認してください。

『.rdy.jp』これが付いている場合は、ほぼ間違いなく業者です。

これはさくらサーバというサーバー会社からお金を払って取得しないと取れないドメインです。

個人でそんな手の込んだことをするはずがありません。

すぐにペアーズに通報してください。

8,退会を匂わせて、いいね!を誘う

いまだにあるあるですが、プロフィール写真下のつぶやきのところに
『もうすぐ退会します』
と書いている場合も業者を疑ってください。

そもそも『退会します』など書く意味がないのです。

退会することを宣告している場合、
十中八九、今すぐいいね!させようとしております。

ちなみに、管理人は、『退会します』と書いている人12人見つけて、
追跡しておりましたが、退会までかかった日数は次のとおりでした。

つまり、大多数がすぐに退会するどころか、1ヶ月以上会員登録しておりました(笑)

まとめ:ペアーズだけに限らず出会いでは、相手を信用しすぎないこと

ペアーズだから業者がいるのではなく、
業者はどこにでも存在します。

お見合いパーティーなどはもっと露骨です。
他の婚活サービスもサクラや業者は混じっています。

しかし、ペアーズの良いところは、
業者と思った場合の通報システムや、
万が一の際には弁護士費用の補助システムで、
ペアーズの会員を本気で守ろうという意思が見える点です。

さらに、Facebookとの連動でほぼ業者を見分けることができるため、
ふつうの警戒心さえ忘れなければ、どこよりも良い出会いに恵まれます。

ぜひ、ペアーズを利用して良い出会いを見つけてください。

特に女性は、男性と違って無料です(笑)
これは、反則ですよ(笑)

Facebookでつながっている友達にはバレないにシステム化されておりますので、
ノーリスクで始められるなら始めない理由が分かりません。

がんばってください!