婚活の必須アイテム

プロフィール

婚活と呼ばれる活動内容は実に多岐にわたり、民間企業によるものから自治体単位によるものまで、主催する側の立場や、参加する人の立場も様々です。独身の男女が出会いを求める場において、自分のことをよりアピールするために大切なものはたくさんありますが、必ずと言っていいほど書く「プロフィール」も、その中の1つです。

婚活を成功させるためには、効果的なプロフィールの作成が欠かせません。結婚相談所への登録時や、婚活パーティーでの自己紹介カードなど、プロフィールは自分をアピールするための必須アイテムとして、どんな婚活の場でも必要とされます。

婚活の行く末を左右するものと言っても過言ではないほど、プロフィールは重要な役割を担うものです。30代や40代ともなれば、ますますプロフィールの中身を重視される傾向にあり、特に女性は、表現力や文字の美しさまでチェックされることもあります。

プロフィールが担う役割

自分のことをたくさん相手に知ってもらいたいという気持ちがあっても、それをうまく表現できなければ、アピールすることはできません。

口下手だったり、人と話すことが苦手だったりと、自分のことを上手に表現することができない女性もたくさんいます。
特に恋愛から遠く離れ、独身生活を長く送っていた人ほど、男性と上手に話せず、なかなか恋愛関係にまで発展させることができずにいたりします。

そんな女性にこそ、自分のアピールを手伝ってくれるプロフィールが、大いに活躍してくれるのです。男性の目にとまるプロフィールを書くことができれば、男性に与える印象や、婚活の行く末にも影響を与えることになります。

第二の自分自身

婚活の場におけるプロフィールは、第二の自分自身です。面白くない、中身が薄い内容のプロフィールより、内容が充実して興味がわくようなプロフィールの方が人間性が伝わりやすく、将来の姿も想像してもらいやすくなります。

30代や40代になると、自分のことを客観的に見る目も養われてくるため、より効果的なプロフィールが書きやすくなります。反対に30代40代でも、プロフィールを書くことが苦手だと感じる女性は、プロフィールは第二の自分の顔でもあると意識することで、より効果的なプロフィールを作成することができます。

プロフィールに記入する主な内容

互いのプロフィールを話す2人

プロフィールに記入する内容は、結婚相談所や婚活パーティーなど、参加する婚活によって多少の違いはありますが、どこで使うプロフィールでも、大まかな内容は同じです。

下記のような事項を、プロフィールに書き込みます。

  • 氏名
  • 年齢
  • 趣味や特技
  • 出身地
  • 自分の性格や長所・短所
  • 自己PR
  • 希望する相手の条件

自分情報

婚活で使用されるプロフィールはいわば、履歴書のようなものでもあります。自分に関する情報を手短に書く必要があり、名前や年齢のほか、職業や趣味、出身地などを記入します。自分自身の性格など、内面的なことを書くこともあります。

自己PR

どんなプロフィールでも、自分のアピールポイントは必ず書くものです。自分のいいところや、知って欲しいところを堂々と書ける項目でもあるので、遠慮せず、少しオーバーかなと感じるくらいの内容を書いても大丈夫です。

相手に希望する条件

自分がどんな人を求めているのか、希望する相手の条件も書きます。好きな異性のタイプとして記入する場合もありますが、できるだけ自分本位にならないような書き方をすることがポイントです。また、漠然とした理想像より、できるだけはっきりと明確な希望条件を書くことで、相手にも伝わりやすくなります。

書いてはいけないこと

プロフィールを書く上で、書いてはいけないことや、マイナスイメージを与えてしまう言葉があります。せっかくのプロフィールが足枷になってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

  • 虚偽内容
  • たばこや飲酒、ギャンブル好きなど、女性らしさとかけ離れたイメージのもの
  • 「特になし」という言葉や、空欄
  • 相手に希望する条件をたくさん書く
  • 高額な希望年収額

まず、プロフィールに虚偽内容を書くのはもってのほかです。会話を盛り上げるために、自己PRなどに少々オーバーなことを書くことはあっても、虚偽の内容を書くことは絶対にしてはいけません。

学歴や経歴、職歴などの詐称ももちろんだめです。また、せっかくのプロフィール内容に「特になし」という言葉を見つけてしまうと、なんだかがっかりしてしまうものです。本気で婚活する気があるのかと、疑念さえ抱かれてしまうため、できるだけ何かを書くことが大事です。

他にも、相手の希望条件に外見に関することを書き並べたり、希望する内容があまりにも多かったりすると、自分本位の人というイメージを与えてしまいます。

また、相手に希望する年収額を高額な金額にしてしまうと、その金額に満たない男性は、あっという間にその女性に興味をなくしてしまいます。男性を年収で判断する女性だと思われてしまいますので、極端に高額な年収額を書くことは避けましょう。

効果的なプロフィールがもたらすメリット

恋愛成就の絵馬

アピールチャンス

誰しも自分のアピールポイントを持っていますが、それを表現することを難しいと感じる人や、苦手意識が強い人もいます。そんな人こそ、文字にすることで表現しやすくなり、自分のアピールをするチャンスが広がることになります。

会話のきっかけ

プロフィールの内容に共感を持ってもらえるようなことが書いてあると、会話のきっかけになり、スムーズに会話を進めることができます。プロフィールの内容次第で会話が盛り上がるきっかけとなるため、いかに興味をもってもらえるようなプロフィールを書けるかが、重要な意味を持つこととなります。

イメージ作り

ただ文字だけの羅列となるプロフィールより、ちょっとしたイラストなどを加えることで、相手に与える印象にも変化が現れます。少し手を加えるだけでも、外見だけではわからない内面的な魅力が現れ、好印象を与えることができます。

効果的なプロフィールの書き方と例

仲良しのカップル

どんなプロフィールがより効果的なのか、結婚相談所などではプロフィールの書き方を指導してくれるところもあります。どんなプロフィールの書き方をすると、より効果的なアピールができるのでしょうか。

希望する男性の条件

プロフィールには必ずと言っていいほど、希望する男性の条件や好みの男性のタイプを書く欄がありますが、ここに細かいことを書いてしまうと印象を悪くしてしまい、自分中心で面倒な人と思われてしまいます。

「高身長」や「痩せている」など外見や容姿について書くより、「誠実な人」「あかるい人」など、性格的な好みや内面的な良さを書く方が、好印象です。

職業は詳しく

職業は、その人の人生観さえ現しているほど自分を伝える重要な材料です。プロフィールの中でも、とても重要なチェック項目となるため、「OL」や「会社員」などと簡単に書いてしまうのは、とてももったいないことです。

「建設会社の事務職で経理を担当」「保険会社で営業職として外回りをしている」など、より詳しく書いた方が、相手にあなたという人物像がしっかり伝わります。

趣味と特技は具体的に

趣味や特技は、初めて会った人との共通点になる可能性が高い項目です。「映画鑑賞」や「料理」などと、漠然とした趣味を書くのではなく、どんなジャンルの映画を見るのが好きか、どんな料理を作るのが得意なのかなど、具体的に書くことであなたの価値観がより詳しく相手に伝わります。

「アクション系の映画を見るのが大好き」や「辛い料理を作ることにハマっています」など、より明確に書くことで、共感を得る可能性も高まります。

休日の過ごし方

結婚すると独身時代とは違い、ともに休日を過ごすことになるため、休日の過ごし方はとても気になるところです。自分1人でしか楽しめないような過ごし方を書くより、数人でも楽しめるような過ごし方を書くと、将来のイメージがしやすく共感を得やすいポイントとなります。

「ショッピング」と一言だけ書くのではなく、「友人とドライブがてら郊外のショッピングモールまで出かけます」など、より詳しく文章化すると躍動感や行動力を感じることができ、好印象を与えます。独身を卒業し、夫婦となったからこそできる休日の過ごし方をイメージさせるようなことを書くと、さらに効果的です。

まとめ:結婚相談所は5社以上を比較して考える

ただ、結婚相談所に入会するにしても、友人の紹介や口コミだけで即決してはいけません。

  • 出会いさえあれば自分から積極的に動けるからとにかく出会いの数を増やしたい人
  • 出会ってもどうやって話しかけて行けば分からないからしっかりサポートを欲しい人
  • 自分では決められないから積極的に背中を押してほしい人
  • 収入やルックスだけでなく価値観を重視したい人
  • アラフォーの人
  • アラサーの人
  • 20代の結婚を焦っていない人
  • 30代で結婚を意識し始めた人
  • 40代で落ち着いた結婚生活を望んでいる人
  • 再婚を考えている人

いろんな思いの人がいます。
結婚相談所も1社1社サービスがバラバラです。

だから、結婚相談所を決めるときはいきなり1社に決めるんじゃなくて、5社以上から資料を取り寄せて、特徴を1つ1つを比較しましょう。
そして、その中で気になる2~3か所に絞って無料相談に行ってみましょう。

しかし、それでもその場で即決せず、必ず一度、自宅に帰ってから1社に決めることです。
結婚相談所もビジネスですので、あなたを説得して入会させようという思いは必ずあります。

だから、思わずその場で入会しそうになりますが、それだと冷静な判断ができません。
自宅に持ち帰り、親と相談するなり、友人に相談するなりして、自分の口から他人に話すことで考えもまとまります。

もし他人に話すのが恥ずかしいなら、悩んでいることを紙に書き出すのもかまいません。
とにかく大切なことは、まず各社の資料をちゃんと取り寄せて紙のパンフを見て決めることです。

でも、5社以上から資料を取り寄せるなんて面倒くさいという気持ちも分かります(笑)
だから、厳選した信頼できる結婚相談所のみをチョイスしたサイトを紹介します。

参考:無料!簡単入力1分!厳選12社の結婚相談所サービス徹底比較!

ここから資料を取り寄せれば、いくつもの結婚相談所のホームページを探して、同じ内容を入力するといった手間をかけずに一括でポンと資料を請求できます。

入力にかかる時間はせいぜい2分、ふつうは1分ぐらいです。

家族にバレたくない人は、『会社名を記載していない封筒で資料送付を希望する。』にチェックを入れれば送り主を架空の名前にして送ってくれますので誰にも知られずに結婚相談所を探せます。

結婚相談所を検討する前に他の出会い方を試したい人には婚活アプリがおすすめ

ここまで結婚相談所を推していながら言うのもなんですが、恋愛に真剣な男性との出会いを増やせば後は自分でなんとかできるという人には婚活アプリの方がお勧めです。

結局のところ、理想の結婚相手と出会えるかどうかは、出会う異性の数にかかってきます。
そのため、理想の相手に出会える確率を上げたければ、出会う異性を増やすことが一番効率的であることは間違いありません。

  • あなたにとってふさわしい男性と会えるかどうか
  • あなたを本当に大事にしてくれる男性と会えるかどうか

これは、出会う男性の数が多ければ多いほど、その確率は高くなります。

少数の男性に会って決めてしまうと、本当はもっとあなたを大事にしてくれる男性と出会える可能性を捨てていることにもつながります。

『あなたを大事にして幸せにしてくる男性』と1口で言っても、2~3人の男性だけ会って決めるのではなく、できるだけたくさんの男性を比較して決めないといけません。

そういう意味では、結婚に本気の男性と出会う数を増やすことが大事です。

結婚相談所は、結婚相手を探すという目的に特化するなら効率的なサービスだと思います。
ただ、強いて難点を挙げれば、出会える数が少ないという点です。

だから、あなたを大事にして幸せにしてくれる男性と出会えて結婚できた人は、理想の相手に出会えるまであきらめずに婚活を続けた人とも言えます。

では、実際に結婚まであきらめずに婚活を続けられた人はどうやって理想の相手と出会えたのか?そのコツは何かあるのか?その点を最後にご紹介します。

理想の相手に出会う方法は?コツはなにかある?

理想の相手と出会った夫婦

女性も男性も婚活アプリは登録は無料なので複数に登録して1ヶ月様子を見て、出会いのあるものだけを継続する!

いまだに婚活アプリに偏見を持って、毛嫌いしている人がいるなら人生を損していると断言できます。
今は婚活アプリは結婚相談所の市場を壊すぐらいに伸びている婚活サービスです。

例えば、ペアーズは2018年8月にすでに会員数が800万人を超え、これまでに交際・入籍した会員数は、報告があっただけでも15万人以上にのぼります。

婚活アプリは、3つ以上に登録して、出会いのあるものを使い続けることが大原則ですが、これだけ多くの会員がいるので、まずはペアーズの登録は男性女性ともに絶対必須です。

併せて、これから初めて婚活アプリを使い始める人はゼクシィ縁結びに登録しましょう。

ゼクシィ縁結びは、ゼクシィブランドで口コミが広がって男女ともに新規会員が急増中で、しかも婚活サイト初心者向けの婚活サイトとしてとても役立つ機能が満載です。
その目玉の機能が以下の3つです。
1つ目は、価値観診断とAI(人口知能)によるお相手紹介サービスです。
2つ目は、マッチングした相手と会うことになってもLINEを教えずにデートの日時と場所を調整してくれるデート調整代行サービスです。
3つ目が、最初に申し込んだ期間で満足できなければ無料で同じ期間を延長して使える婚活成功保証制度です。

詳しくはこちら↓
婚活初心者のための婚活サイト ゼクシィ縁結びを運営するリクルートマーケティングパートナーズに直撃取材!

参考:初めての婚活アプリならゼクシィ縁結びと言われる理由

だから、今は、ペアーズに登録しつつ、Omiaiとゼクシィ縁結びにも併せて登録しておくことが出会えるコツです。

実際に、2017年の9月以後はOmiaiとゼクシィ縁結びで出会える人が急増していて、私の周りでもとりあえず登録しておいただけのOmiaiとゼクシィ縁結びからの『いいね!』が届くようになってきてます。

『Omiaiとゼクシィはとりあえず会員登録は無料だし、登録だけやってみるか』

と登録していた友人が忘れた頃に『いいね!』が増えだして、結局Omiaiで理想の相手をみつけちゃったって人が増えてます。

だから、婚活でストレスを感じる前に一気に勝負を決めたいならなら、

ペアーズとOmiai、ゼクシィ縁結びの3つへの登録しておくのが、彼氏や彼女をゲットするコツですね。

なぜか、婚活アプリは1つしか登録しない人がいるのですが、めっちゃもったいないです。

婚活アプリは登録と年齢認証だけ行って2~3週間様子を見て、理想の人から『いいね!』が多くきたアプリだけを使うようにすれば、時間をかけることなく理想の男性と効率的に出会えます。

婚活で良い人と出会えるかどうかは、極論すればどれだけ多くの相手と出会えたかどうかにかかっています。
その点、婚活アプリはどの婚活サービスよりも効率的にたくさんの人と出会えるので最高のツールです。

そもそも無料なのに登録しない理由が分からないです。
実は出会えている人は3つ以上の婚活アプリに登録しているというのはかなり常識になってます。

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

>>登録は無料の「Omiai」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ペアーズ(Pairs)」の詳細はこちら

1ヶ月使って理想の相手が見つからない場合は婚活アプリを変えてみる

なんかうまく出会えないな~という人は、まずは次の記事を読んでください。

参考:いいね!の数を100以上増やすコツと男性と女性の7大特徴!いいねの平均数は?

参考:いいね!を激増させる写真とプロフィールの3つのポイント

参考:メッセージが続く男女別4つのポイント

いいね!の増やし方のコツ、いいね!を激増させる写真とプロフィールのポイント、メッセージを続けてデートにつなげるコツを詳しく解説しています。

もしそれでも、1ヶ月使っても理想の相手と出会えない場合は、婚活アプリを変えてみましょう。
婚活アプリは、『ペアーズ』『ゼクシィ縁結び』『Omiai』が3強ですが、婚活アプリごとに特色があるものがあります。

結婚相談所の最大手のIBJが運営している『ブライダルネット』
再婚・バツイチに専門特化した『マリッシュ』

など、あります。

とりあえず無料会員で登録すればどんな人がいるのか見れるから、まずは登録だけして良さそうな人からいいね!をもらえそうならそのまま使えば効率的に出会えますよ。

結婚相談所が運営している恋人ができる確率の高いブライダルネットを使ってみる

上でも書きましたが、ブライダルネットは結婚相談所の最大手IBJが運営している婚活サイトです。

真面目な出会いを探しているから結婚相談所に入会したいけど結婚相談所に支払うお金が無い男性と女性のためにできました。

だから、ブライダルネットは他の婚活サイトと違って、活動するには男性も女性も有料です。

ただ男性も女性も有料なので、登録したけどぜんぜん活動せずに放置している人はほとんどいません。
つまり、46万人の会員のほぼ全員がアクティブに活動しており、真剣に婚活しています。

ブライダルネットの結婚への真剣度

だから、結婚への本気度が高いならペアーズやOmiaiよりもずっと出会いやすくなっています。

しかも、運営元が結婚相談所のため本人確認がとても厳格です。
一般的な婚活サイトは法律的には年齢確認が取れれば運営できるのですが、ブライダルネットは自主的に厳しくしており、年齢確認+本人確認まで行っています。

また、男性は有職者、つまり会社に勤めなどの安定収入がないと登録できませんので、女性はとても安心です。
男性からしても女性が有料であるおかげで冷やかしはいないと分かっているので真面目に出会いたい男性が集まっており、会員の9割が20-30代にもかかわらず男性会員の34.1%は年収が600万円以上と高収入です。

また、実際に結婚相談所で婚活をサポートしてきた「婚シェル」と呼ばれるプロに婚活のアドバイスと相談を受けることができます。
もちろん婚活のアドバイスと相談は無料です。
婚活のアドバイスがもらえて相談も受けてもらえる婚活アプリは、『ブライダルネット』と『ゼクシィ縁結び』の2つだけです。

だから、サポートが欲しいという理由で結婚相談所を検討しているなら、まずは『ブライダルネット』と『ゼクシィ縁結び』に登録してみましょう。

真剣に婚活しているけど結婚相談所に入会するほでもない、
でも結婚相談所に近いレベルの真剣な男性と出会いたい、そんな女性にはとってもおすすめです。

もちろん登録は無料ですから、まずは無料登録してから相手をさがしたり、使い勝手をためしてから有料会員になるか考えましょう。

>>登録は無料の「ブライダルネット」の詳細はこちら

>>登録は無料の「ゼクシィ縁結び」の詳細はこちら

バツイチやシングルマザーなどちょっと訳ありの女性はマリッシュ(marrish)を使ってみる

2018年の前半まではバツイチやシングルマザーさんでもペアーズで出会えてたんですが、やっぱりペアーズではシングルマザーやバツイチさんは少数なんでちょっと厳しいという人もいます。

そんな人には、マリッシュ(marrish)がオススメです。

マリッシュ(marrish)は、再婚やシングルマザーさんのための恋活・婚活アプリで、女性は無料です!

しかも、バツイチさん、シンママさん、シンパパさんは、特別にポイントを多くもらえる優遇措置まであるから、他の婚活アプリよりもお得です。

今は30代で婚活している女性の10人に1人は、再婚と言われているのでマリッシュ(marrish)はそういう女性のための婚活アプリなんです。

マリッシュ(marrish)はまだ知らない女性も多いので、今のうちに使いはじめておけばライバルをだしぬけます。

ただ、やっぱり合う合わないは人によってありえるから、無料会員登録して、

『良い人がいそう♪』
『シンママと知っているのにいいね!をもらえた!』

となったらそのまま使ってみましょう♪

女性は無料なんでとりあえず登録して出会える機会をふやさないといつまで経っても彼氏ができませんから、無料登録するだけでも幸せをつかむチャンスがぐっと増えます。
男性もこども好きでバツイチでもOKという人でしたら、マリッシュはとってもおすすめです。

>>婚活・恋活・再婚活マッチングマリッシュ(marrish)の詳細はこちら