VIO脱毛のおすすめサロンランキング

夏になるタイミングやクリスマス、バレンタインのようなカップルのイベントが近くなると増えてくるのがVIO脱毛。

でも、VIO脱毛で迷う子って意外と多いんですよね。

『VIO脱毛って恥ずかしい!』
『どこの脱毛サロンを選べばいいんだろう?』
『どのぐらい期間がかかるのかな?』
『痛いって聞くけどどうなんだろう?』

今回はそんなVIO脱毛の悩みとオススメの脱毛サロンをまとめてみました。

まずは、おすすめの脱毛サロンランキングです!

1位:ストラッシュ

痛み:無し(SHR脱毛)
期間:最短4ヶ月
料金:32,010円(6回)

ストラッシュの特徴はなんと言っても痛みが『無い』という点!
だいたい脱毛サロンは、小さな文字で『VIOなどのデリケートな部分は人によって痛みを感じることがあります』と書いていますが、ストラッシュは本当に痛くありません。
しかも、日焼けしててもOKなんで、プールや海に行って自分以外のみんながVIOの脱毛を完了していることに危機感を持って脱毛しようと思っても、他の脱毛サロンだと『日焼けが収まってから来てください』と言われて帰されてしまうんですが、ストラッシュはすぐにスタートできます。
さらに、ストラッシュの脱毛方式は、SHR方式と言って毛包自体にアプローチする方法なんで、毛の成長期にのみ反応するS.S.C脱毛などと違って照射できる回数が多くなるのでその分早く脱毛が完了します。

2位:コロリー

痛み:少なめ(SSC脱毛)
期間:最短6ヶ月
料金:28,800円(6回)

コロリーの特徴は、比較的期間が短く、料金が最安値という点です。
コロリーは、ミュゼプチプラナムが別ブランドとして立ち上げた脱毛サロンで、プライバシーとアフターケアを重視しています。
よくある脱毛サロンだと隣で施術している人と薄いカーテン1枚で仕切られていたり、パーテーションだけだったりしますが、コロリーはしっかりとした壁で仕切られた完全個室で施術をうけることができます。
痛みもかなり抑えていますので他の脱毛サロンに比べるとかなり痛みはマシです。
ただ、やはり日焼けしていると脱毛はできません。

3位:レジーナクリニック

痛み:少し痛い(医療脱毛)
期間:最短6ヶ月
料金:84,000円(5回)

医療脱毛は基本的に痛いですが、その中では比較的痛みが少なくなるように工夫されている医療脱毛クリニックです。
レーザーを使って行う永久脱毛なので、毛の再発率が非常に低く、また施術時間も短時間で済むので早めに効果を出したいと思っている女性には向いています。
ただ、レーザーを使う脱毛なので、日焼けしているとできません。

4位:プリート

痛み:少なめ(SSC脱毛)
期間:最短8ヶ月
料金:68,900円(6回)

プリートはVIO専門の脱毛サロンですが、少し価格が高めなのが気になります。
SSC脱毛なので、痛みはかなり抑えられますがそれでも、ストラッシュのSHR脱毛に比べると痛みはあります。
ただ、VIOの毛の生えている範囲が広い場合は、プリートは対応しているので、VIOの毛の面積が広い女性には向いています。
また、日焼けしているとできないのは共通です。

VIO脱毛とは?

VIO脱毛をおさらいすると、Vライン、Iライン、Oラインの3つのデリケートゾーンの陰毛の処理のことです。

処理の方法もただ脱毛して陰毛を生えなくするだけじゃないんですね。
VIO脱毛となったら迷うのがV・I・Oの形です。
男には分からない女の子ならではの悩みですよね。

まずは各ラインごとに特徴と注意点を見ていきたいと思います。

Vライン

水着を着る時に絶対に気になる部位です。
バンティーラインに沿って小さく脱毛するのが特徴です。

カミソリで剃る自己処理をしていると、遠目で見ると目立つことがあるんで、気が抜けないんです。
しかも万が一、1本でもひょろっと顔を出しているともう終わりです。

だから、特にVラインの脱毛は外からは絶対に見えないようにしないといけません。

Iライン

Iラインは、粘膜の周囲ギリギリの部分です。
皮膚が非常に薄いところなんで痛みがある医療脱毛だとちょっと辛いです。
S.S.C脱毛でも刺激があるので、私はいつもストラッシュのSHR脱毛を選んでます。

ただ、痛いからと放置しているとこの部分は特に春から夏にかけては蒸れてイヤな臭いの元にもなってしまいます。
しかもカミソリは使えないので自己処理を毛抜で脱毛すると毛根が黒ずんできて汚く見えてしまいます。

だから早め早めに脱毛サロンで処理してしまいましょう。

Oライン

Oラインは、お尻の陰毛の処理です。
ここも夏場に水着を着たときに要注意です。

前は意識しても後ろは見えないので忘れがちです。
自己処理もできませんから、早めに脱毛サロンで処理していないと、夏場にどこも遊びに行けなくなります。
ましては彼氏とお泊りなんてなった時に処理してなかったら、もう泣きたくなります。
※経験者は語るというやつです。。

VIO脱毛の形はみんなどうしてるの?

よし!じゃあVIO脱毛に行く!と決めたら迷うのがどんな形にするかです。

VIOはでも、IラインとOラインは迷いません。
全脱毛の一択です。

こんなところに毛を残しておく意味がありません。
迷うのはVラインです。

みんなどんな形にしてるんだろう?

1位,ナチュラルトライアングル型

要は小さく逆三角形になるように脱毛することです。
この脱毛は、女の子のVラインの形でも一番多いパターンです。

2位,卵型

卵型というのは自然な感じで陰毛のは得ている部分を小さくすることです。
ナチュラルトライアングルだと人工的に揃えた感が出るのでそれを嫌う女の子が卵型にしています。

3位,細い長方形

すっきりさせたいという女の子に意外と人気なのが細い長方形です。
できれば全部無くしてしまいたいけど、子供みたいで恥ずかしいという女の子に人気の形です。

4位,ハイジニーナ(パイパン)

いわゆるツルツルにしてしまうことです。
パイパンという言い方もあります。
実はヨーロッパ、特にドイツではハイジニーナが一般的です。
日本人女性がドイツ人と結婚してVラインに毛が残っているのを見てショックを受けたというのを実際に聞いたことがあります。
ただ、日本国内ではまだまだ一般的とは言えないのでハイジニーナにしようと思うと勇気がいりますね。

あと、もう1つハイジニーナには欠点があります。
それが次です。

VIO脱毛の完了までの期間と回数は?

VIO脱毛は、軽く整えるまでには6回は通わないといけません。
3週間に1回通うとしても4ヶ月前後です。

どんなに濃い人でも10回通えばほぼOKです。

ところが、ハイジニーナの場合は、もっと期間が長くなります。
1本も毛を残こさないツルツルになるには、おおよそ30回以上は通う必要があるので時間がかかります。

ただ30回以上通っても永久に完全な無毛の状態になるかと言えばそうではありません。
永久脱毛をうたえる医療脱毛でも本当に永久的な脱毛にはならないんです。

だから、ハイジニーナになりたいなら、こまめに定期的に脱毛サロンに通い続けないといけません。

ぶっちゃけVIO脱毛って痛い?

脱毛エステによってVIO脱毛の痛みは違う?

結論から言えば、VIOはやっぱり多少は痛いです。
医療脱毛なら余計に痛いです。

その理由は脱毛エステの脱毛器が粗悪だからとかエステティシャンのスキルが不足しているからとかではありません。
デリケートゾーンの皮膚が薄いからです。

実際にVIOラインの脱毛を行った女性にお話を聞いてみました。

cry-lady1

痛かった!
痛くないって言ってたのに痛かった!
スタッフさんの当たりが悪かったのかもですが、ちょっと脂汗かきました。(レジーナクリニック)

smile-lady2

Vラインの痛みはまったくなかったです。
ただIラインだけが、静電気のパリッとする痛みが2回ぐらい感じました。
でも輪ゴムを弾くほどではありません。(コロリー)

smile-lady1

体験で実際にVラインから試してみましたが、Iライン、Oラインともになんか温かい光をもわ~っと当ててるだけでした。
本当に脱毛やってる?
というぐらいぜんぜん痛みがなかったんで、むしろ不安になりました(笑)
(ストラッシュ)

cry-lady2

痛みで声を上げないように歯を食いしばって耐えました。
医療脱毛なんてもう二度としないと心に誓うぐらいの衝撃でした。
特にIラインは痛かった。(湘南美容外科)

VIO脱毛サロンの選ぶ大切な2つのポイント

VIO脱毛は、1回やって終わりではありません。
少なくとも6回は受けないと効果は実感できない部位ですし、脱毛も年に数回は行い続けないと生えてきます。

だから、VIO脱毛は特に『痛みが無いかどうか』と『料金がやすいか』のこの2点が脱毛サロンを選ぶ際にとても大事なポイントになります。

痛くないVIOの脱毛方法

ズバリ言いますと、『SHR脱毛』です。
1度経験すると病みつきになります。

本当に全然痛くありません。
『痛いのは絶対にイヤ!』という私の友達でもSHR脱毛なら笑顔で通っていました。

そのSHR脱毛をやっているのはストラッシュだけです。
だから、痛みは絶対にイヤ!という人はストラッシュ一択です。

ちょっとぐらいなら我慢できるなら、S.S.C脱毛です。
S.S.C脱毛は、SHR脱毛ほど無痛ではありませんが、医療脱毛のような痛みよりもずっとずっとマシです。

S.S.C脱毛を行っているのはコロリーとプリートです。

脱毛サロン&クリニックの料金比較!

次に何度も通うとなると、絶対に外せないのが料金です。
高額だと定期的に通っていたら破産してしまいます。

そんな中で一番安いのが、6回で28,800円のコロリーです。
全国30社以上見ましたが、安全のために医療機関と提携していて、安全面に気をつけている脱毛サロンでこの価格は最安値でした。

次が6回で32,010円のストラッシュです。
6回で3,210円の差ですから1回500円の差になりますね。

だから、痛みは絶対にイヤ!できれば安いほうがいい!!
というなら、ストラッシュで決定です。

少しの痛みなら我慢する!一番やすいのが良い!
というならコロリーです。

VIO脱毛が恥ずかしいと思う3ポイント

それでも、やっぱりVIO脱毛は恥ずかしいと考えるのが乙女心です。
だってデリケートゾーンを人に見られるわけですから恥ずかしくないわけないんです。

特にどんな時に恥ずかしいと感じるのかも調べてみました。

1,VIO脱毛を受ける前の確認

VIO脱毛は、自分で前処理してから施術を受けないといけません。
だからちゃんと前処理しているかろスタッフさんが確認するんですが、前処理ができていないとその場で剃ってくれたりするのでなんかそれが恥ずかしいです。

前処理の確認が恥ずかしいならしっかりと自宅で処理してくるとほとんどの場合、恥ずかしさは軽減します。

2,VIO脱毛の施術を行うときのポーズ

足を上げたりお尻を突き出したりとか、絶対に彼氏に見せられないポーズを取りますよね。
恥ずかしくない方が不思議なぐらいです。

でも、考えて下さい。
相手は脱毛のプロですよ。

女性のVIO部分なんて何千人と見てきているわけです。
実際に脱毛エステに勤務してる友人に言わせれば、何の感情の変化も起きないって言ってました(笑)

そんなもんなんです。
恥ずかしいと感じるのは、『他人』に見られると思うからです。
相手は、『施術のプロ』なんですから、もうなんとも思っていません。

まるで人形を見るように施術していってくれます。

3,VIOの臭い

臭うのが恥ずかしい。
特に夏場。。

そういうときって、実は施術場にデリケートゾーンを拭くための濡れティッシュが用意されています。
また、自宅でしっかり念入りに洗えば汗をかいてもすぐには臭いません。

デリケートゾーンの雑菌が汗を食べて消化すると臭いをだすので、汗を書いてから臭うまでには1時間半以上は必要です。

だから、臭いが気になるという人はしっかり自宅で洗う&自宅から通いやすい脱毛サロンを選べばよいでしょう。

VIO脱毛の効果が感じられない時はサロンを乗り換えよう!

脱毛のエステは、施術方法や使っている脱毛器、施術するスタッフの熟練度によって効果に差があります。

だから『絶対にここの脱毛エスタがおすすめ!』というのは無いというのが本音です。

ただ、特にVIO脱毛に関して言えば、1~2回施術を受ければあなたにとって効果があるかどうかは分かるんです。

その確認方法は、脱毛の施術後に14日過ぎたあたりにVIOのムダ毛を何本かつかんで軽く引っ張ってみましょう。

効果あれば、あまり痛みを感じずにスッと抜けます。
また自分で抜こうとしなくても陰毛の抜け毛が目立ちだしたら効果があるという証拠です。

逆にぜんぜん抜けなかったり陰毛の抜け毛が目立たなければVIO脱毛の効果はイマイチということが分かりますので、早めに乗りかえを検討しましょう。

脱毛サロンによっては乗りかえ割引をやっているお店もあります。

乗り換え割引を行っている脱毛サロンはこちら

ストラッシュ
⇒他サロンからの乗り換えで最大6万円以上OFF

コロリー
⇒契約時に他サロンの会員証または契約書をご提示いただきますと、25,000円割引

キレイモ
⇒他サロンからパックプランに乗り換えで5万円OFF

急いで脱毛したい人は医療脱毛がおすすめ

脱毛サロンが行う『脱毛エステ』とクリニックが行う『医療レーザー脱毛』だとやっぱり効果が出るまでの時間がかなり違います。

脱毛エステの場合は、2~3ヶ月に1回の施術ですから12回通うと少なくとも2年以上はかかります。

でも夏まで時間がない!
彼氏とお泊りするチャンスが来そう!

という場合はクリニックが行う医療脱毛がおすすめです。
VIO脱毛の場合でも、レジーナなら5回で完了しますから早ければ半年以内に完了します。

痛みのことや料金のことを考えて、クリニックを避けたいと考えている女性も多いのは分かりますが、レジーナならその点をよく分かってますので、痛みを抑えながらの脱毛はとても工夫されていますから安心です。